お知らせ

コラム.188:2017年の動向  ビジネスのどこで商機を見出すべきか!

meki

2017年1月16日

おはようございます、
アンカー目木でございます。
 
「アンカー商売繁盛メールマガジン」をお届けいたします。
 
2017年も15日が過ぎました。
私は、今宮戎で商売繁盛祈願、故郷の播州赤穂の
とんど祭りで無病息災をお祈リ致しました。
 
とにかく1年間、皆さまの商売繁盛のために
走り抜ける所存でございます。
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
さて、本年のアンカーメルマガは、
皆さまからの相談の多い、
最近のSEOやスマホ、WEBでの集客など
日頃のサポート活動の中で実施した手法や
最新情報を私目木よりお伝えしていきます。
 
マーケティングチームの加藤は、従来どおり
商売繁盛に繋がるコラムを担当させて頂きます。
 
それぞれの専門分野で書いていきますので、
本年もアンカーメルマガを宜しくお願い致します。
 
今回は新年特別号ということで
2017年、ビジネスのどこで商機を見出すべきか
マーケティングの加藤が記載しました。
 
下記どうぞお読みください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
「2017年の動向
 ビジネスのどこで商機を見出すべきか!」
 
 
 ビジネスに一番影響する要素は
 「トランプ大統領就任」でしょう
 
 減税と財政出動でアメリカ政府がお金を
 使ってくれそうな予想から好景気へという
 流れになって、株は上昇傾向。
 
 もし最大消費地であるアメリカが好景気
 になれば当然、日本のものも売れるので
 恩恵にあずかることができます。
 
 でも期待したほどではなかったときに
 損失につながるかもしれません。
 
 では、国内のアベノミクスはどうでしょう
 確かに民主党政権時から比べると
 良くはなってますが劇的には
 変わってないですよね。
 
 この状況は仕方ないと思います。
 
 劇的に物を買う=消費する人々が
 いないのですから
 どれだけ店を作ろうと、
 セールを仕掛けようと、
 需要が増えるわけではなく
 競争に勝つためなので
 爆発的な売り上げは期待できません
 
 小さなビジネスはどこで商機を見出すかが
 まさにポイントになります。
 
 鍵は「お客様密着」にあると
 私は思っています。
 
 ネットで買うのが一般的になった今、
 ただ売るだけ・買うだけなら
 ネットには勝てません。
 「夜に注文して翌日に届く」これ以上に
 合理的な買い物はないですよね
 
 でも何を買っていいのかわからない
 選びきれない人たちはアドバイスがほしいと
 考えています。
 
 自分にはどの商品がぴったりなのか
 わからないから検索ができないのです
 そばに寄り添い、話を聞いてくれて、
 最適なものをアドバイスしてくれる
 そういう専門家になれば
 ビジネスはまだまだ伸ばせると思います。
 
 2017年
 みなさまの商売がますますご繁盛しますよう
 こころよりお祈り申し上げます
 
 そしてアンカー&カンパニーに
 お手伝いをさせていただければと思います
 どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
 
マーケティングチーム・加藤
 
 
【過去のメルマガ一覧はこちら】
「もう知っていること」
「すでに取り組んでおられること」かも知れませんが、
 ご存知のない方にとっては、
 きっと商売のヒントにしてもらえる情報だと考えます。

年末年始の休業日のお知らせ

anchor

2016年12月28日

下記期間を年末年始のお休みとさせていただきます。

2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)まで休業いたします。

2017年1月5日(木)より、開始となります。

何卒、宜しくお願いいたします。

事例.ケース3:【30代 女性税理士】ホームページをベストなカタチに!

anchor

2016年5月25日

2016.05.25  ケース  3 【30代 女性税理士】

ライバルが多数存在する中で、適正な価格での契約と顧問先の拡大を行いたいと相談がありました。

大手税理士事務所から独立。適正価格での契約で顧問先の拡大を行いたい!
https://anchor-company.asia/webservice/case3/

 

アンカーの商売繁盛コラム シーズン4に突入

meki

2016年2月22日

おはようございます。

2012年にスタートした弊社の商売繁盛コラムですが、シーズン4に突入です。

今回はWEBに特化した内容でWEBマーケティングの

「理論編・実践編・ホームページ制作アイデア」の3区分にてお届け致します。

「もう知っていること」「すでに取り組んでおられること」かも知れませんが、

ご存知のない方にとってはきっと商売のヒントにしてもらえる情報だと考えます。是非ご購読ください。

年末年始休業のご案内 2015年12月28日(月)~2016年1月4日(月)

meki

2015年12月8日

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、弊社では2015年12月28日(月)より2016年1月4日(月)まで、年末年始休業とさせていただきます。

期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。

来年も、本年同様お客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、社員一同より一層努力して参ります。今後共、変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

商売繁盛メール109:シーズン3 プレ号

meki

2015年3月30日

4月から倶楽部メール「シーズン3」がいよいよ始まります。
 内容もリフレッシュします。
 今週の話題を提供するThis Weekと、
 商売繁盛に役立てて頂けるテーマ記事で構成。
 テーマ記事は今まで通り、毎日一話完結でお届けします。
 
■This Week
 
 This Weekは営業活動時のネタになる旬の話題。
 その週の記念日やイベント情報をお送りします。
 お客様をイベントに誘ったり、ちょっとした話題にしてください。
 例えば今週はこんな話題があります。
 
■□■ This Week ——-  03/30~04/05 ■□■
 
●プロ野球開幕!
ファンは熱中。ごひいきチームネタで盛り上がりましょう
●4/1 エプリエルフール。
「~さんが~賞を獲ったって知ってる?」
なんて他愛のない嘘で楽しみましょう 
●桜の満開予想は4/2。週末は花見で決まりです!
※人気の造幣局通り抜けは4/9(木)~4/15(水)
日没後にライトアップ。平日:午前10時~午後9時
土日:午前9時~午後9時
 
 
■テーマ記事
 シーズン3はより具体的な内容をお届けして参ります。
 テーマは四つご用意しました。
 (1) 経営者向けのビジネスモデル。
 (2) 販促アイデア。
 (3) 集客しよう。
 (4) スーパーセールス活動。
 
◎ Theme 1 —–【小さな会社のビジネスモデル】
 このテーマでは、マーケティングを行うガイドラインになるビジネスモデルを解説します
 ポイントは今すぐ採用できるものを取り上げます。
 
 経営者、必見のコンテンツです!
 
☆ Theme 2 ————【 販 促 ア イ デ ア 】
 お客様の行きたい!買ってみたい!と言う気持ちを増幅させましょう。
 セールネタやチラシ・WEBでの工夫をご提供します。
 
 商売繁盛のお役立ちを目指します!
 
★ Theme 3 —————【 集 客 し よ う 】
 基本的に集客は「認知の集積」結果。
 具体的な集客策の考え方・ノウハウをご提供。
 
 どうすればお客様に来てもらえるのか
 永遠の課題に取り組みます
 
 ぜひ、集客につなげて下さい!
 
■ Theme 4 ———-【スーパーセールス活動 】
 かつて弊社がやっていた、スーパーセールスマン養成講座の続編。
 営業マンのための活動方法や、営業方法を解説します
 
 これから営業しなくちゃ!という人、ぜひご愛読だくさい!

 

商売繁盛メール106:シーズン2 ベストメルマガ②

anchor

2015年3月9日

アンカー・アンド・カンパニー社の商売繁盛メルマガ
 シーズン3は4月からスタートすることになり、

 3月はシーズン2の中で特に反響があったメルマガを
 もう一度お送りさせて頂きます

 今日は、ホームページで儲ける方法 より「コンテンツをどう作るか」を
 お届けします。

【コンテンツをどう作るか】 

 ホームページ作りをする時、
 「コンテンツをどうするのか」が
 課題になります。

 文章を書く機会が少なかったり、
 情報整理に慣れない方が多いようで、
 原稿をお願いすると
 大抵、嫌な顔をされます。

 しかし殆どの場合、コンテンツは
 既に皆さんの中にあります。
 それを引き出す、私流コンテンツづくりの
 コツを今日はお伝えしたいと思います。

●共感を呼ぶ創業ストーリーを作る場合

 会社には必ず創業ストーリーがあり、
 そこには「ちょっといい話」が潜んでいます。

 では、次の質問の答えをメモに
 書き出しみてください。

 「起業を思いついたのはいつですか?」
 「それはどういうきっかけでしたか?」
 「どこで起業しましたか?」
 「その時、協力してくれたのは誰でしたか?」
 「一番最初の商品は何でしょう?」
 「最初、どうやって売りましたか?」
 「今までで最大の苦労は何でしたか?」
 「転機があればその話を聞かせて下さい」
 「今はどういう状況ですか?」
 「これからどうしていきたいですか?」

 メモを書き終えたら
 その内容を読んでみて下さい
 きっと原稿の下地が出来ていると思います。

 このように誰かに
 インタビューするように質問を考えて
 自問してみると、自分の中にある
 コンテンツは出てきます。

 出てきた文章は簡潔にまとめましょう。
 複雑な文章はWEBには向かないので、
 修飾語を少なく、できるだけ短文を
 つないで、構成します。

 創業時に苦労したことや協力者の話には
 感動的な場面が多くあります。
 そうした胸を打つストーリーからは
 「共感」が生まれます。

 最後に今と将来を語ることで発展する様子を
 読み手に伝えることができます。

 基本的に、こうしたコンテンツでは
 『熱き想いを語る』ことが求められます。

 書き終えたら読み返し、
 内容が熱いかどうかを
 確かめてみて下さい。

 胸にジンときたら合格です。

 こうした創業ストーリーだけでなく
 商品紹介にも、
 このインタビュー方式は使えます。

 ぜひ、自分自身にインタビューをして、
 コンテンツを引き出してください。

 もし、手詰まりになった時はサポートします。
 お気軽にご相談メールをお送り下されば加藤が対応
 させて頂きます。

ホームページ制作における補助金情報

anchor

2014年3月10日

ホームページ制作における補助金情報です。
 
ぜひ活用ください。
 
 
①パンフレット・ホームページ 小規模事業者を対象にしたPR補助金
 
 経営計画に基づいて実施する集客・販路拡大への取り組みに対する補助金
 
 
 
Webサイトを活用して海外販路開拓を目指す中小企業向け補助金
 
 中小企業・小規模事業者が、自社の外国語ホームページを活用して
 海外に向けて情報発信し、新たな海外販路の構築や海外販売の強化を
 効果的に進められるようにするというものです。
 

3月のIT個別相談会のご案内(予約制・無料)

meki

2014年2月22日

開催日時 : 毎週火曜日 17:00〜20:00

3月開催日 : 11日、18日、25日   

場所:グランフロント大阪 北館 7F ナレッジサロン

 

世の中の環境の変化はすさまじいものです。進化の速度は加速力を増し、

昨日まで全く想像をしなかった新しいシステムやツールが世に現れたのも束の間、

すでに新たな次の何かが動き出しています。

新しいものを嫌い、よく解らないからといって使わないことは

完全に時代に乗り遅れることでもあります。

これからの時代は、賢く新しいシステムやツールを使いこなす時代です

 

例えば、今やホームページは企業の営業活動には、なくてはならないものとなってきました。

しかし、ホームページからの問合せなんて全く無し、

日々の営業活動のフォローアップにも全くなっていない…など、

今こそホームページを活用したいのに、どうして良いか分からない!といった相談が多い状況です。

 

(よくあるご相談)

弊社は、ホームページこそ最強の営業ツールと考えています。

しかし、中小企業の90%以上のホームページは死んでいます。

ホームページでの営業戦略について、

「担当者が居ない」「よくわらからない」「外注業者に任せきりだから」と

放置されておられる企業様が多いのも現状です。

古い情報のままで、更新が出来ていないホームページは、「営業機会を損失」しているのと同じです。

 

ライバルが疎かにしている今こそ、商品やサービスがよくわかる。検討資料になる。資料請求ができる。

ホームページでしっかり新しいお客様づくりを行いましょう。 

すでに永年お付き合いしているシステム会社などがいらっしゃると、なかなか他の意見や考え方を聞く事ができません。

ホームページ活用や新たなITツールなど、御社のお悩みをお聞かせください。

 

お問い合せ

 

アンカーの名刺制作サービス

anchor

2014年2月13日

売れる営業マンの必須アイテム名刺を制作するのは何のためですか?

売れる名刺は注目されています

売れる名刺制作に注目する方が増えています。

しかし、多くの中小企業は、売れる名刺のノウハウを持たず、売れない名刺を制作し、『名刺は配るものなので、そこまで良い物は必要ないです』という結果を生んでいます。

名刺は自分の分身であり、会社の変わりの物です。渡す人より、渡された人が嬉しくなるような名刺が必要ではないでしょうか。

アンカーでは、宣伝広報・集客サポートの一環として名刺を制作しています。いつでも事例集を持ってお伺いします。

 

 

会社案内・営業案内ツール制作

「ただあればいい」から、商売繁盛に繋がる会社案内、営業案内、商品案内をつくりませんか?
アンカー社は、貴社の特徴、顧客をヒアリングし、商売繁盛に最適なツールをご提案します。

 

その他、のぼり、チケット、ゴム印、クリアファイル、パンフレット等、何なりとお申し付けください。