コラム.146:WEBマーケティング理論編 【 WEBマーケティンって何? 】

meki 2016年2月22日 月曜日 by meki
【 WEBマーケティンって何? 】

 「単にWEBサイトを作るだけではなくて、
    ビジネスにどう活かすのかを考えよう」
 というのがWEBマーケティングです。

 例えば一般的な製造業の会社には
 集客から販売に至る全社のマーケティング計画があると思います。
 その全体計画の中にサイトで何をすべきかを考えます。

 例えば、事業者向けの事業で告知や集客はサイトでするけど、
 最終的には営業が面談してリアルの世界で売るというパターンもあるでしょうし、
 対象を消費者に絞り集客から販売まで全てサイトで完結する
 という考え方もあります。

 WEBマーケティングはサイトで何をするのかを明確にするところから始めます。
 サイトの目的を考える時にヒントになる考え方があります。

 1.プレアクセス
 2.オンアクセス
 3.ポストアクセス

 という考え方です

  
●プレアクセスでは事業の「集客部分をどうするか」を考えます。
 今のお客様は何を見て当社にアクセスされるのだろうか?
 という単純な疑問からスタートです。
 WEBではネット広告の何が良かったのか
 媒体はどこの成績が一番よかったかなどを
 調べ「どの入口がよいのか」を探ります。
 
●オンアクセスはお客様がサイトでのアクション(行動)のされ方です。
    広告からアクセスして来てもらうページはどこがいいのか。
    表現は適切か
 ストーリーは出来ているか
 デザイン的にボタンは押しやすいかなどを調べていきます。
 
●ポストアクセスはサイト来訪後のフォローをどうしていけばいいかです。
 基本的には「会員登録」などをしてもらって
 メルマガをお送りできるようにしていくのが一般的です。

 サイトの目的や事業内容に併せて
 プレ・オン・ポストそれぞれに何が必要かは変わってきます。

 当然、それぞれは独立して行うことではなく、
 関連させて考えていくのがWEBマーケティングの世界です。

———————————————-
※ワンポイントアドバイス

 まず事業の目的や人の配置。
 商売の仕方などからサイトの目的を明確にしましょう
 それがWEBマーケティングの第一歩です

 マーケティング部門 加藤

 

コメントは受け付けていません。