【ホームページ応援隊】:あたなの会社のホームページはどんなタイプですか?

meki

2009年7月27日

ホームページ応援隊の目木知明です。
 
今日のテーマは、あなたの会社のホームページは
「パンフレットタイプ?」それとも
「営業マンタイプ?」ですか?をお届けします。
 
どこが違うの?と思われた方も多いのではないでしょうか?
まず、簡単にご説明します。
 
パンフレットタイプのホームページとは
その名のとおり「会社のパンフレット」をイメージしてください。
最近ではパンフレットを作成する会社も減ってきましたが、
綺麗な写真に合わせてフレーズが散りばめられたホームページです。
 
こういったホームページは、いわばデザイン重視のホームページです。
会社やショップで、まず一つホームページを持たなくては!
と思った際に真っ先に作成する、もう既に作成している、
ホームページパターンです。
 
日本のほとんどのホームページが
このパンフレットタイプのホームページと言ってよいと思います。
 
かんたんに言うと、会社の存在を示す、信用力をPRする広報戦略です。
 
このパンフレットタイプはそんなにページ量も多く必要ないので(5~10ページ程度)
会社概要、代表メッセージ、サービス案内、営業時間・地図、お問い合わせ程度のため
着手し易く、すぐに完成できるホームページです。
 
では次に、営業マンタイプのホームページについてです。
 
この営業マンタイプのホームページ“営業マン”ですから、よくお話をします。
営業マンタイプのホームページの特徴は、一つのサービスに特化したホームページで
営業マン自らがTOPページなどに登場し自らが手がけた案件の紹介、成功事例、失敗事例、お客様のこえなど
日々の活動をメッセージとして発信するホームページが営業マンタイプのホームページです。
 
わたしは、他社のどの営業マンよりも詳しい(プロフェッショナル)ですよ!
と情報量でPRしているホームページもあります。
 
どちらが良いという訳では無いですが
まずホームーページを持ちたい!
 
という企業様、SHOP様はパンフレットタイプの制作を心掛けることが良いかと思います。
 
オフィシャルはホームぺージは既にあるが
いまいち反応が少ないなぁ・・・これからは営業マンタイプで攻めて行きたい!
と思われの企業さま、ショップさまは
 
次回、このパンフレットタイプのホームページを起点とした
販売促進戦略についてコメントしますのでお楽しみにしてください。
 
本日はこのあたりで。
 
アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。