【ホームページ応援隊】:インターネットの利用者の心理をついたサイト作りをしていますか?

meki

2009年6月23日

こんにちは、隊長の目木知明です。
すっかり夏という感じの暑さが続いていますね・・・
さてさて本日は「インターネット利用者の心理をついたサイト作り」についてお話していきます。
 
まず、簡単な質問をひとつ。一言でお答えください。
「なぜインターネット利用者はインターネットを使うのでしょう?」
 
つまらない質問かもしれませんが、改めて考えてみてください。
 
では、シンキングタイム!です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ハイ、それでは正解です。
 
答えは「簡単に多くの情報を集められるから」です。
 
つまらない・・・と思わないでください。
 
インターネットを使用する理由の多くは、情報を集めているからなのです。
 
何か買いたいものがあった場合、皆さんは何で情報を集めますか?
新聞、雑誌、テレビ、電話帳・・・などいろいろありますが
 
的確な情報を最も早く簡単に得るにはやっぱりインターネットですよね!
 
たとえばテレビを買い換えよう、と思った場合
まず、どんな商品があるのだろう!?と調べませんか?
もう商品が決まっている場合はどこで買うと一番値段が安いか、チェックしますよね?
 
このようにインターネットの利用者は情報を集めているのです。
 
そこでようやく本題ですが、このように情報を集めるという
インターネット利用者の需要に基づいたホームページ作りを念頭に置き、
何をしなければならないか考えていきましょう。
 
まず、十分なコンテンツ(情報)はありますか?
ライバルサイトと比べて見劣りするようであれば、直ぐに他のサイトへ行ってしまうことでしょう。
あなた自身が反対にお客の立場だった場合、
 
あなたの会社・SHOPのホームページで問い合わせや注文しようと思いますか?
注文したい!と思ったのであれば合格点のホームページではないでしょうか!?
 
せっかくあなたの会社が検索に引っ掛かってサイトに訪問したとしても
お客様を納得させるだけの情報が無ければ、すぐに別のサイトに行ってしまうことでしょう。
 
また、あなたの会社・SHOPのホームページは
問い合わせや注文へのナビゲーションはわかりやすいものでしょうか?
 
あなたの会社・SHOPのサービスや商品を利用したいと思ってもらえた方にとって
わかりやすいホームページとなっているでしょうか?
 
次回は、さらに具体的なコンテンツについて述べていきたいと思います。
 
本日はこのあたりで。
 
アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。