コラム.158:サイトのどこがダメか

meki 2016年5月23日 月曜日 by meki
【 サイトのどこがダメか 】
 
 ダメなサイトでまず責められるのは
 デザインです。
 
 ●読みにくいレイアウト
 ●素人写真で絵がきれいではない
 ●文字色やバランスがおかしい
 
 こうした要素がまずいのは確かに
 致命的とも言えます。

 
 しかしそれ以上に大切なのは
 「コンセプトが貫かれているのか」という点です
 
 『理論編』の「PDCAで正しさを知る」で
 説明したようにまずサイトには目的が
 必要なのですがその目的が明確でないと
 来訪者にはわかりづらいサイトになります
 
 また例えば「受注を取る」目的があっても
 落ち着いた雰囲気で真面目さを出すのか、
 鮮やかな色遣いで楽しさで行くのか。
 という表現方法の違いがあります。
 
 その会社の成り立ちや営業方針で全く違う
 デザインが考えられますが、
 ダメなサイトは迷った結論が「両方狙い」
 になっていてゴチャゴチャしてしまい
 「意味不明」になっています。
 
 一度コンセプトを立てたら、
 コンセプトに合わないコンテンツや
 イメージはどれだけ魅力的でも
 排除する覚悟が必要です。
 
 サイトがダメになるのは
 方針がブレている点なんだとわかれば
 修正の方針は明確になります。
 
 コンセプトを立てブレなければいいのです
 
 ●サイトの目的がはっきりしている
 ●ターゲットを明確にする
 ●デザイン(表現)のコンセプトを決める
 ●コンセプトを遵守しイメージに一貫性を
  持たせる(写真のテイストやカラーなど)
 ●記事の書き方・言い回しなどを統一する
 
 サイトは欲張らず、コンパクトにまとめれば
 自ずとわかりやすくなります。
 
 重要なのは作った後でPDCAを回すことです。
 
 実際にお客様の目に触れ、
 お客様のリアクションを得ながら修正を
 繰り返せばサイトは
 必ずいいサイトになっていきます
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 ダメサイトで一番の原因は
 コンセプトがしっかりしていないこと
 
 コンセプトを立てて
 表現に一貫性が出てくれば
 サイトは自ずとよくなっていきます
 
 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。