商売繁盛メール116: 集客しよう【 見込客って誰? 】

meki 2015年6月1日 月曜日 by meki
318148
 
【 見込客って誰? 】
 
 集客するために対象客をターゲットとして
 絞り込むほうがメリハリがつくという事は
 既にご存知のことと思います。
 
 ターゲットを絞り込んで思い通りに
 集客できればそれに越したことはありません。
 
 しかし実際に商品を買ってくれているお客様は
 ターゲット以外の人だったということは
 ないでしょうか。
 
 実はターゲット客を設定しても
 ズバリ当たっている!というお店や企業は
 それほど多くありません。
 
 ターゲットはバリバリ男性ビジネスマン。
 渋いシルバー、重厚でカッコいいデザインの
 ステーショナリーを売り出したところ、
 一番買ってくれたのは社会人1年生の
 女性だったりします。
 
 
 では実際の買ってくれる人を見つけるには
 どうすればいいのか?
 
 その方法は唯一、
 実際に買ってくれているお客様を分析する事です。
 
 よほど革新的な商品やビジネスでない限り
 全く新しいお客様が急激に増えることは少なく、
 一般的に客層は徐々に変化しても
 急激に変わるものではありません。
 
 
 既存客の買い方の変化や、
 突然やってきた新規客の購入理由を
 分析しながら、
 
 次の「見込客」を地道に研究するのが一番の
 早道です。
 
 もちろん、この見込客と商売のターゲットが
 一致すればベストですが、
 まずは見込客を見つける事をお勧めします。
 
 この作業の積み重ねからターゲット設定に
 つなげていけばいいと思います。
 
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 顧客分析から、次の見込客を予測しよう
 見込客と理想的なターゲットとが
 一致すればベストです。
 
 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。