商売繁盛メール108:シーズン2 ベストメルマガ④

meki 2015年3月23日 月曜日 by meki

アンカー・アンド・カンパニー社の商売繁盛メルマガ
シーズン3は4月からスタートすることになり、

3月はシーズン2の中で特に反響があったメルマガを
もう一度お送りさせて頂きます

 今日は、ホームページで儲ける方法 より
「ホームページは公開直後から陳腐化が始まる」を
 お届けします。

【ホームページは公開直後から陳腐化が始まる】

ホームページが出来たぁ!やれやれ終わったぁ~

ホームページが出来上がった時はとても嬉しいものです。
その解放感はよく分かります。時間を掛けて一生懸命作ってきた
サイトが出来たのですから、今までの苦労から
「できたなぁ」と感慨にふけるのは当然と言えます。

しかし残酷なお話しをすると
ホームページは出来たその瞬間から徐々に陳腐化が始まります。

例えば雑誌を考えてみて下さい。
今日発売!という日に真新しい雑誌を手に取ると
とても新鮮な気持ちで読むことができます。

ところが時間が経つと、その雑誌は「古雑誌」と
呼ばれるようになり、やがて廃品回収に出されてしまいます。
実はホームページもまた同じ運命なのです。

情報を書き換えずに放置しておくと
情報価値は薄れていきます。
ネット上にあるデジタルコンテンツなので、
廃品回収に出されることはありませんが通常、
出来た当時の「価値」は時間経過とともに
損なわれていきます。

ですがホームページは
いつでも「書き換える」ことが出来ます。
印刷物のように変化しないものではなくデジタルだから更新でき、
あっという間に最新の情報にリニュアルできる強みがあります。

会社案内などの固定情報は
変更がない限りそのままにしておいて、
ニュースや商品・イベント情報で
古くなったものを削除し、新しいトピックスを
追加していけばいいのです。

1年またはある程度の区切りで
全体のサイトデザインを変更したり、
季節・イベントに合わせてトップのビジュアルやバナーなどを
変えたりするのも見る側にとっては
楽しめる要素だと思います。

自社の中にある情報を少しずつ、コンテンツ化して
更新をし続けながら整備していきましょう。
更新を続ければ訪問頻度は増えて、
知名度も上がってきます。

とは言え更新は手間がかかるもの
どうすればいいのかわからない事が
多いですよね

アンカーでは更新作業を
ご負担に感じておられるお客様に向けて
更新をお手伝いする「アップる(Upple)」サービスを
ご提供しています。

ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください
もちろん!ご相談は無料。
最適な対応策をご案内いたします。

コメントは受け付けていません。