商売繁盛メール083:1から始める広告広報【興味を引くのはタイトルだ】 

meki 2014年9月16日 火曜日 by meki

 ~興味を引くのはタイトルだ~

 広告でも広報でも、発信される情報に
 まず目を止めて貰わなければなりません

 そのために文章の見出しが重要です。

 広報ではこの見出しは文章タイトルとなり、
 広告ではキャッチコピーに当たります。

 この見出しが魅力的で、
 「おもしろそう」「役に立ちそう」と
 興味を持ってもらえると、
 本文に読み進んでもらえるのです。

 魅力的な見出しを作るためには
 情報を受け取る人が「誰」で
 何を求めているのかを考えてみましょう。

 「誰か」は決められますが
 「何を求めているのか」は分かりませんし、
 人によっても違います。

 なので「何を求めているのか」は
 書く側の「推定や想定」で構いません。
 もし当たっていたら書く側のビジネス感性が
 高かったということです。

 多くの失敗や成功経験が蓄積されて
 徐々に想定が当たる確率は高まり、
 本文を読む人が多くなります。


 見出しには的確に本文の内容を示し、
 インパクトのある言葉を選びます

 タイトルは何度、書き直しても
 構いません。

 書き出す時に一応、タイトルをつけておき、
 書き終わったら見直します。

 本当に読む人が興味を持ってくれそうか
 読む人になったつもりで書き直します。

 自分が納得できるまで
 タイトルは何度でもやり直すべきです。

 思いをこめれば、その気持ちは
 必ず読み手に伝わります。
 見出しを作るために掛けた時間は
 決して無駄にはなりません。

コメントは受け付けていません。