商売繁盛メール071:ビジネスフロンティア【身近なブランド戦略】 

meki 2014年6月16日 月曜日 by meki

~ 身近なブランドを目指そう ~

 

どのようなビジネスをしているのかで
エリアの大きさに違いがありますが

小さな会社のブランディングは
地域(エリア)密着が基本です。

それは「よいイメージ」で、
「エリア(商圏)内で有名になる」ことです

ブランディングは「商品のチカラ」が
ないと育っていきませんから、

商品力・サービス力を高めるのが
何と言っても一番先です。

その上で、商品を思い起こさせる
イメージ作りを行います

有名になる「良いイメージ」は
ビジネスでよい印象になるなら
何でも構いません

例えばフェイスブックで
バラの写真を掲載し続けるとどうなるのか

記事を見てくれていた人は
バラを見るとその人の記事、その人を
思い出してくれるようになります。

これで、フェイスブックの友達範囲という
地域に密着したブランディングになります
簡単にできるブランディングの一例です。

ファッションでワンポイントの
アイテムやおしゃれにこだわるのも
リアルなブランディングにつながります

営業に来られるときにいつもしゃれた帽子を
かぶっておられる
それだけでもブランディングになります

有益情報をホームページで提供し続けるのも
ブランディングにつながります

小さい会社が大手に勝つ局地戦では
ブランディングは欠かせません

小さくても続けられるコトで
良いイメージにつながること

そこからあなたの会社のブランディングを
始めてみましょう

 

コメントは受け付けていません。