2014年

商売繁盛メール096:通るプレゼンづくり【書くか、しゃべるか】 

meki 2014年12月15日 月曜日 by meki

 【書くか、しゃべるか】

 プレゼンの資料を作る時に
 「どこまで書くか」に迷うことがあります。

 あまりスライドに書きすぎるのも
 良くないように思えるし、
 逆に文字が少ないと内容が貧弱に
 見えてしまわないかと不安になります。

 通るプレゼンを作る観点からすれば
 できるだけ文章は要点を絞り込んで書くのが
 ベストですが 結論から申し上げると、
 文章量はプレゼンの内容やスタイルによって
 変えるべきです。


 例えば、イベントのディティールを検討して
 もらうためのプレゼンとか、
 新製品発表会のプレゼン資料などは
 持ち帰ってもらい、じっくりと検討してもらう
 必要があります。

 そうしたプレゼン資料は細かく、
 丁寧に書き込むべきです。
 たとえプレゼンを受けなかったとしても
 資料を見れば内容がよく分かるように作ります。


 それとは別に詳細を検討する前の段階の
 コンセプトを伝えるようなプレゼンでは
 イメージさえつかんでもらえばそれでいいので

 書き込みはさらに絞り込み、
 キーワードに留め、話で魅力を伝えます。

 こうしたプレゼンで詳細な書き込みをすると、
 言葉が制約となり、イメージを窮屈なものに
 してしまうこともあります。


 プレゼン初心者の場合は
 内容はともあれ自分の喋る内容を
 全部、資料の中に書いておいても構いません。

 そうしておけば途中で話が詰まったら、
 そこから先はスライドを読み上げる。
 という奥の手も使えます。

 喋りが得意な人は喋りを邪魔しないように
 文章を極力、少なくしても構いません。

 このようにプレゼン内容やスタイルによって
 文章量を調節して、スムーズにプレゼンが進み、
 好印象につながるようにすればプレゼンは
 通りやすくなっていきます。



 2014年はこの号が最終となります。
 今年もご愛読ありがとうございました。

 新年は2015年1月5日からの再開となります。

 ご意見やご要望、ご質問などがありましたら
 お気軽にお寄せください。


 皆様、どうぞよいお年を。


 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール095:ビジネスフロンティア【メルマガはLINEへ】

meki 2014年12月8日 月曜日 by meki

【メルマガはLINEへ】

 メルマガはお客様との信頼関係を
 築くために不可欠なツールです

 有益な情報をお客様にお届けし、
 その内容でお客様に喜んで頂く。

 それが企業やブランドの信頼へと
 つながります。

 しかしながら全てのお客様へ一斉に
 情報を流すのであればLINEのグループを
 作って、お客様に参加して頂く
 という方法があります。

 例えば、「新製品が入荷しました」とか
 「今日からバーゲンです」という情報は
 メルマガよりLINEで提供された方が
 お客様はす早く反応できます。

 ただ、LINEでの長文はご迷惑ですから
 簡潔に伝えたい内容だけを送りましょう。

 LINEは若い世代を中心に「身内」とも言える
 友だち同士で情報を交換するツールです。

 そこに「割り込む」というのは
 メディアとして高い価値があります。

 もう一つ重要なことはLINEを使えば
 「お客様の生の声」をリアルタイムで拾えます。

 例えばバーゲン情報を流して
 誰かが「行く」と言えば他のお客様が
 反応してくれる可能性もあります。

 新製品情報について「どういう商品ですか」と
 誰かに問われれば、質問に対して
 LINEで商品説明ができます。

 メルマガではできない速報性・情報共有が
 そこでは展開可能です。

 LINEで情報提供を行うようにしても、
 メルマガが不要になるわけではありません。

 個人に対し必要な情報・大切なメッセージを
 送りたい時にメールは不可欠です。

 LINEで出来ることは限られていますが
 性格を知り、活用方法を考えれば商売繁盛に
 きっと役立てられます。

商売繁盛メール094:1から始める広告広報【問い合わせ対応】

meki 2014年12月1日 月曜日 by meki

  【問い合わせ対応】 

 一般的な広報で大切な役割の一つに
 お客様の「問い合わせ」を
 引き出す事があります。

 お客様から引き出した「問い合せ」に
 的確な回答をすれば、購入や
 よいイメージづくりにつながります。

 この問い合わせ対応には
 「回答の内容」も大切ですが
 回答の仕方にも
 気を配ってください。

 特に
 ●お客様に失礼がないか
 ●約束は守れているか
 ●杓子定規で人間味が薄れていないか
 などに注意しましょう

 たとえば電話で問い合わせを受けた人が
 広報内容を知らなかったり、
 口のきき方が悪かったりすると
 お客様は一気に興味を失いかねません。

 お客様と約束したら、その約束は
 どのように小さなことであっても
 必ず守りましょう。

 「明日、お電話します」
 と言えば、どんなことがあっても
 翌日、そのお客様に電話をしなければなりません。

 こうした約束を守る姿勢が会社としての
 信頼(ブランド構築)につながります。

 業務の効率をアップするために
 マニュアル化は必要ですが、
 問い合わせをしてくるお客様の身になって
 考えてあげてください。

 「厳然たるルールはあるが、
 柔らかな運用を行う」姿勢を持つことです。

 お客様の立場でどうなればベストなのかを
 考えながら『今の自分に何ができるのか』を
 見つけ出す。

 それがお客様に支持される姿勢です。

 よい、お客様対応は「ファン」づくりに
 つながります。

商売繁盛メール093:通るプレゼンづくり【「なるほど」を引き出す手法】

meki 2014年11月25日 火曜日 by meki

【「なるほど」を引き出す手法】

 プレゼンの中に「なるほど」と思って
 もらうべきポイントを
 少なくとも2つ作りましょう

 一つ目は開始直後に「聞く姿勢」を
 持ってもらうための「なるほど」です

 現状の分析やお客様のお困りごとを
 プレゼンの冒頭に置きます。

 一つ目はプレゼンの前提条件が、
 自分たちが抱えている問題なのだと
 気づかせる「なるほど」です。

 例えばダイエット商品なら、
 「リバウンドが心配ですね」といった
 お客様のお困りごとを説明します

 現状、自分が困っていることを語られると
 お客様は「その通りだ。なるほど」と
 共感します。

 前提条件続いて商品に関する情報を
 プレゼンしていきます。
 もちろんこの内容にも「なるほど」と
 思っていただかないといけないのですが

 連続的に「なるほど」と思ってもらうには
 前提条件からずれないことです。

 問題点(ダイエットはリバウンドが起こる)
 からスタートして原因を指摘し、抑え方を
 お知らせする。と言った流れです。

 この流れの中で商品提案をすれば
 自然に受け入れてくれます。

 そして重要なのはプレゼンを聞いた人が
 行動する「なるほど」を用意することです。

 「安いので買って下さい」はお願いで、
 「なるほど」を引き出すメッセージでは
 ありません。

 プレゼンの提案を受け入れて
 お客様の生活・体調が素晴らしいモノに
 変わる姿・未来の姿を表現しましょう。

 例えばダイエット不要の痩せる体質になる。
 その姿を言葉・ビジュアルで表現されると
 聞いていた人はその姿を想像します。

 とても良い将来像を示す。
 これが二つ目の「なるほど」です。

 二つ目の「なるほど」は内容が新鮮で、
 ニーズに合うほど、高い価値を感じます。

 最初と最後の「なるほど」この二つが
 本当に「お客様の問題」であり、
 「新鮮でニーズに合った未来像」であれば
 値引きの問題にはつながりにくく、
 プレゼンの勝率があがることは
 まず間違いありません。

 常にこの二つの「なるほど」を意識しながら
 プレゼンを作っていきましょう

商売繁盛メール092:ホームページで儲ける方法【お客様の導線 2】 

meki 2014年11月17日 月曜日 by meki

【お客様の導線 2】 

 ホームページに来訪して下さった
 お客様にアクションを起こしてもらう
 導線づくりの続きです。

 トップページで強めの言葉を使って
 お客様の心を掴みます。

 例えば「対応が迅速」だと評価されている
 架空のリフォーム会社でトップページに掲載した
 「速さ品質No1宣言!」というリンクから
 引き継いだコンテンツページを
 考えてみましょう

(前回メルマガ お客様の導線1 https://anchor-company.asia/news/1569


■手短に内容を説明し、事例集へ誘導!

 クリックしてもらった言葉「速さ品質No1宣言」
 についての意味を説明します。

 クリックしたバナーやテキスト内容と
 クリック後に表示されるコンテンツが違うと
 不信感につながります。

 作り手側では同じように思えても、
 来訪者側は「言葉の違い」や内容のブレに
 とても敏感ですので注意しましょう。

 速さの対応で今まで高い評価を受けていることや
 迅速な対応ができている理由を簡潔に説明し、
 さらに品質へのこだわりへとつなげます

 この記事の中で事例に誘導します

 例えば「プロの眼!ムダなしリフォーム」といった
 表記です。

 対応の速さだけでなく、お客様のことを考えて
 「最適組み合わせ」の提示でも評価を頂いている。
 ムダのない提案をする営業姿勢を説明します。

 その営業結果として存在する「事例」へと誘導します


■納得の事例集

 事例集ではビフォア・アフターの写真を
 入れてどのようなリフォームであったのかを説明します。

 単に事例をメニューからのリンクで見てもらうのと、
 「前説明」を読んでから見てもらうのでは、好意度が
 変わります。

 前説明があると好意的な視点で見て貰えます。


■ご相談フォームページへの誘導

 各々の事例ごとに相談フォームへのリンクを張ります。

 「このリフォームが気になったらこちらでご相談」などで
 問合せフォームへ誘導します。

 ご相談フォームには自由記入だけでなく、
 良く聴かれる項目化しておき、
 チェックマークをつけるだけにします。

 例えば「気になった事例」の番号が選べたり、
 「詳しい話が聞きたいので連絡が欲しい」
 という項目にチェックをして送信できるようにしておくと
 連絡されるお客様には親切です。


 このような導線を作っておくと、実際に訪問になり
 営業に入ってからも楽に話ができます。

 ニーズはたくさんありますから導線は1本だけでは
 ありません。
 まだ気づいていない自社の強みから全く違う導線も
 考えられます。

 いろいろな実証実験を繰り返しながら、
 ホームページは徐々に売れるページに
 なっていくのです。

商売繁盛メール091:ホームページで儲ける方法【お客様の導線 1】

meki 2014年11月10日 月曜日 by meki

【お客様の導線 1】 

 ホームページに来訪して下さった
 お客様にアクションを起こしてもらうために
 たくさんの情報をホームページから持ち帰って
 もらいたいのが運営者の願いです。

 しかし情報をバラバラにページを
 作っておくだけでは
 こちらの思い通りに見てもらえません。

 そこで閲覧数の多いトップページから
 具体的に購入を検討してもらう
 コンテンツページへ訪問客を
 誘導する方法を考えましょう。

 突然ですが、
 みなさんにお伺いします

 御社の商品・サービスは
 何をアピールすれば
 注目していただけるのでしょうか

 言い換えると
 数ある商品の中から、
 どういう点を評価してもらって
 御社の商品やサービスは
 買って頂けているのでしょうか?

 導線を作るにはその分析が大切です

 例えば架空のリフォーム会社で
 考えてみましょう

 リフォームは住宅が傷んだ時や
 住む人の変化によってニーズが生まれますが
 その内容は様々で数えればきりがありません。

 そのポイントを知る手がかりは
 いまのお客様が何をポイントにして
 御社を選んで下さったのかです

 仮に以下のような項目で評価して頂けていると
 しましょう

●迅速な対応はいつも褒めて頂ける

●お客様の優先順位と予算に合わせ、
 「最適組み合わせ」の提示が親切だと
 言ってもらえる

 そして、御社のセールスの流れも確認しましょう
 このセールスの流れもホームページで再現します

●施行事例集を見て頂くと話が良く進む

 ここまで準備できれば、お客様導線を作れます

■トップページでお客様の心を掴もう!
 強めの言葉を使ってお客様の眼を引きます

 「速さ品質No1宣言!」
 迅速な対応でお待たせしないがモットーです
 確かなリフォームをお求めの方はココを
 クリック

 こうしたテキストやバナーを
 トップページの中に配置します。
 お客様の目を引いて、
 コンテンツページへ誘導していきます

※続きは「来週の次号」にてお読みください

商売繁盛メール090:1から始める広告広報【感動する話】

meki 2014年11月4日 火曜日 by meki
泣ける
 
【感動する話】 
 
 人の心を動かす感動ストーリーは
 長く記憶に残ります。
 
 もし、社内に感動ストーリーが
 あれば広報活動で
 スポットライトを当てて紹介して下さい
 
 
■心が温まる話
 
 思わず涙がほろりと
 こぼれそうな人情話です
 
 主人公は従業員でも経営者でも構いません。
 例えば、人に役に立って喜んでもらえた
 動物との触れ合いなどで心が温まった
 というような話です
 
 従業員・経営者の人間性が伝わると
 この会社は「儲けることだけが目的じゃない」
 という姿勢を示すことができ、
 会社に対する親近感へとつながります
 
 
■苦難を乗り越え成功する話
 
 特に創業当時の苦労話などは
 読みごたえのある話です。
 
 苦難を何とか乗り越えて
 成功した話は「自分も頑張ろう」と
 思ってもらえ、読んだ人は元気になります。
 
 ただ、苦労からあまり時間が経っていない
 生々しい話は自慢話に聞こえますので
 苦難を乗り越える話は
 歴史のある会社の方が効果があります
 
 この話は会社に対する尊敬につながり、
 お客さまだけでなく従業者に対しても
 感動を与えることができます。
 
 
 一般的に感動ストーリーは
 企業評価を高めます。
 
 心の絆がより大切になった今の時代
 社内報や広報活動では
 感動ストーリーがより高い効果を
 発揮していきます

 

商売繁盛メール089:通るプレゼンづくり【写真加工はオフィスで!】 

meki 2014年10月27日 月曜日 by meki
【写真加工はオフィスで!】

 通るプレゼン資料に画像は欠かせません

 前回085【スマートアートを活用する】では図表の
 作り方をご説明しましたが、今回は画像加工のツール
 について話をさせて頂きます

  バックナンバー085:【スマートアートを活用する】
   https://anchor-company.asia/news/1548

 

 素人が撮った写真はあまり明るさを
 意識しないで撮影することが多く、
 写真全体が暗かったり、
 色が冴えなかったりします

 photoshopがあれば写真の明るさ・コントラストを
 調節できますが、
 グラフィックの素人にとってphotoshopは
 値段も技術も敷居が高いソフトなので
 デジカメで撮った写真はそのまま掲載されることが
 多かったと思います
 
 実はMS Office2010には強力な画像編集機能が
 ついています。
 この画像編集昨日はWordでも、Excelでも、
 Powerpointでも使えます。

 Office2010のファイルの中に画像を貼り付けると
 「図ツール」というリボンが開きます。

 このリボンの左端に「背景の削除」「調整」
 といったアイコンのグループが見えますが

 これが画像編集機能メニューです。

 例えば「背景の削除」では簡単な操作で背景を
 透明にできます。

 「修正」では明るさやコントラストの調整
 が可能です。
 「色」ではトーンの調整やモノクロ画像が
 作れます。

 さらにphotoshopのフィルターに似た機能まで
 あります。

 「アート効果」を使うと手描きの絵にした
 ような感じに写真を加工できたりします。

 さすがにプロツールのように細かな設定は
 できませんが素人でも使いやすいように
 うまく作られています。

 今までデジカメで撮った写真を
 ただパワポに貼りつけるだけだった皆さん、

 図ツールを使って貼んだ画像を
 よりよい、見栄えのよいものにして
 プレゼンをカッコよく仕上げて下さい

 キレイな画像はプレゼンの理解を
 きっと深めてくれます。

商売繁盛メール088:ビジネスフロンティア【フェイスブックの使い方】

meki 2014年10月20日 月曜日 by meki
【フェイスブックの使い方】
 
 たくさんの人が参加している
 facebookをビジネスに使えないだろうか
 という発想はごく自然なものです
 
 しかし一般的な売り込みや広告的なメッセージは
 あまり好まれません
 
 個人的にfacebookを楽しんでいる人は
 営業メッセージを不愉快だと感じます
 
 私自身もfacebookで売り込みをされると
 ある種の拒否反応を示しますし、
 実際にビジネスのニオイが漂わせた私の書込みは
 他の記事に比べ、反応がよくありませんでした
 
 しかし専用ページを作って受注をされたり、
 定期的なイベントへの集客を成功させて
 いらっしゃる方がおられます
 
 特に「飲食系」では成功例が見られ、
 商品のリピート購入にも向いているようです
 
 つまり、商品自体をご存知の方が
 facebookで信頼できる人から買っている
 またはfacebookでしか買えないから買っている
 という図式が成り立っているようです。
 
 このやり方は普通のビジネスにも使えると
 思います。
 
 どういう使い方ができるのかと言えば
 顧客フォローにfacebookを使い、
 リピート購買へとつなげることです
 
 使い方は簡単です。
 
 まずお客様とfacebook上の友達になって
 もらいます。
 
 そして、自分の日常を掲載します。
 ビジネス上知って欲しい情報は自分の主観として
 掲載しましょう
 
 例えば「新製品が出たから嬉しい」のように
 個人の感想として載せます。
 
 決して「必要な方にはサンプルをお送りします」とか、
 「商品のセールスポイント」を書いて「如何でしょうか」と
 売り込んではいけません
 
 「嬉しい」とか「誇りに思う」などの感想を述べる
 ただそれだけいいのです
 
 この何気ない情報伝達が役立ちます。
 
 例えば1年以上、ご無沙汰してしまった方でも
 facebookでつながっていると、お会いした時に
 その1年のタイムラグがまるでなかったかのように
 自然に会話ができます。
 
 「ところで、facebookで書いてた新製品って
 どういう商品?」
 
 もしお客様に興味があればこうした質問が出ます
 これこそが、facebookで行うビジネスです。
 
 売るのではなく信頼を得られた人と交流を深める。
 あなた自身に興味を持って頂き、それがビジネスに
 つながる。
 
 それがfacebookを上手くビジネスへ使う方法だと
 言えるでしょう。

 

商売繁盛メール087:ホームページで儲ける方法 【WEBサイトのデザイン】 

meki 2014年10月14日 火曜日 by meki
  【WEBサイトのデザイン】 
 
 WEBサイトのデザインには
 流行があります
 
 以前はボタンなどサイトのオブジェクトに
 影や立体効果を使ってとてもリアルに
 描くことが一般的でした。
 
 しかし今は立体的な表現は控えめで、
 45°の影を付けたシンプルな
 フラットデザインが流行しています。
 
 また以前は回線速度が遅く、
 技術的にも難しかった動画も一般的に
 なってきています。
 
 YOUTUBEを使えば、
 素人でも簡単に動画をホームページに
 埋め込めるようになりました。
 
 機器も進化し、スマホでサイトを見る
 人が増えてきているので
 PCのブラウザだけでなく、
 スマホでどう見せるのかを考える時代に
 なってきています。
 
 見せ方、動画をどう使うのか、
 サイトを見るデバイスの変化。
 
 わずかな期間でWEBの技術は
 飛躍的に進化し、ホームページは常に
 対応を求められます
 
 自社のホームページは
 少なくとも1年ぐらいの周期で
 リニュアルを考えましょう。
 
 せっかくのコンテンツをしっかりと
 見てもらい、儲けにつなげるためにも、
 サイトのアップデートは欠かせないのです。
 
 
 マーケティング部門 加藤