自社ブランドづくり

営業力を高めるためにもWEBでブランディングしましょう

anchor

2019年2月13日

WEBを使ってブランディングしたい会社様へ

ブランディングとは 企業や商品の価値をどのように創造するのかを考える事です。

お客様にとって自分たちの会社や商品はどういう位置づけ(存在)なんだろう。自分たちはお客様から見てどうありたいのだろう?といったことを真剣に考えるところからブランディングは始まります。

どういった商品をを扱うかによってブランドの位置づけは全く異なります。日用品などでしたらフレンドリーな存在であるべきでしょう、高価格帯の商品であるなら憧れの存在になった方がきっとうまくいきます。コンサルや士業なら権威的であるか、または知的で話しやすい友人的のいずれかだと思いますが先生の性格によっても変わってきます。

ブランドのコンセプトがまとまれば、それをネット(ウェブサイト)で表現していきましょう。リアルな商品やサービスにつけられたブランドマークとウェブサイトの内容が一致し、提供した価値にお客様が満足されれば信用が得られます。「お客様の暮らしにどのように役立てたのか」という評価によって、真のブランド価値ができあがっていきます。  

昔なら、ブランドイメージが浸透するまで、かなり年月がかかりましたが、ネットを使えば昔よりも短期間で達成できます。

 

■WEBサイトを良くする要素

<物販業>
カタログ提供・見積機能・チラシとの連動・スマホ対応

<サービス・士業>
技術を見せる・実績・見積機能・事業所紹介

<飲食業>
メニュー・お店紹介・チラシとの連動・スマホ対応

ブランディングとは

anchor

2019年2月13日

ブランディングとは 企業や商品の価値をどのように創造するのかを考える事です。
・お客様にとって自分たちの会社や商品はどういう位置づけ(存在)なんだろう。
・自分たちはお客様から見てどうありたいのだろう?

といったことを真剣に考えるところからブランディングは始まります。

どういった商品をを扱うかによってブランドの位置づけは全く異なります。日用品などでしたらフレンドリーな存在であるべきでしょう、高価格帯の商品であるなら憧れの存在になった方がきっとうまくいきます。コンサルや士業なら権威的であるか、または知的で話しやすい友人的のいずれかだと思いますが先生の性格によっても変わってきます。

ブランドのコンセプトがまとまれば、それを広報物やWEB(ホームページ・SNSの)で表現していきましょう。リアルな商品やサービスにつけられたブランドマークとウェブサイトなどの広報物が一致し、提供した価値にお客様が満足されれば信用が得られます。

昔なら、ブランドイメージが浸透するまで、かなり年月がかかりましたが、ネットを使えば昔よりも短期間で達成できます。こういった積み重ねと、「お客様のビジネスや暮らしにどのように役立てたのか」という評価によって、真のブランド価値ができあがっていきます。

 

【ブランディングの構成要素】

ブランドネーム

ネーミングはとても重要です。キャッチコピーなどで性格付けを行ったりします。
ブランドネームは「①覚えてもらいやすい ②サービスを連想できる ③ブランド・アイデンティティを反映している」などが考えるポイントになります

ロゴ

ネーミングが文字のデザインやマークになったものです。言葉だけでなく、視覚でブランドを表現します。会社や商品の象徴ともなりますので飽きの来ないロゴ開発を行います。

キャラクター

ブランドを普及させるうえでキャラクターはチカラを発揮してくれます。地方自治体を始めとして「ゆるキャラ」は特産品など地名を覚えてもらうのにとても役立っています。同じように会社名や商品名を覚えてもらうのに誰からも愛されるキャラクターはブランディングに役立ってくれます。小売店・飲食店では「店主(社長)」のキャラクター化もお勧めです。

ジングル(音)

ジングルは短い音楽です。ラジオなどで使われることが多く放送局によってはサウンドステッカー、アタックなどとも呼ばれます。テレビCMでも「インテル」や「マクドナルド」がよく使っています。ジングルを聞いてブランドを想起させる効果があります。

 

パッケージ

商品を包むパッケージはブランド表現の一つです。表面に印刷されるデザインはもちろんのこと、形状や素材などでもブランドのこだわりを表現することができます。商品の中身の差別化が難しい場合、パッケージにこだわるのもよい方向性です。

 

キャッチコピー(キャッチフレイズ)

ブランドネームに添えられる短い文章です。テレビCMでも一緒に流されます。「It’s a SONY」「ヒューマン・ヘルスケア エイザイ」「スカッとさわやかコカ・コーラ」などが有名です。

 

色(カラー)

色でブランドを表現する場合もあります。例えばティファニーの「優しく上品な」ブルーの箱などが好例です。コーポレートカラーを決めて統一感を持たせると言った使い方ができます。

 

ドメイン名

ここで言うドメイン名とはホームページの住所となるネット上のネーミングです。ドメイン名も「わかりやすさ」「覚えやすさ」「伝わりやすさ」を考えます。長すぎない、綴り字がイメージしやすく打ちやすいなどがポイントとなるでしょう。

コラム.204:本物を究める

anchor

2017年5月22日

 
 
おはようございます、アンカー目木です。
 
日に日に暑くなって参りました。
 
本日はマーケティングチーム加藤からのメルマガとなります。
 
弊社は企業の顔である、コーポレートサイトづくりを究めています。
 
 
【本物を究める】
 
 私たちの身の回りには
 多くのニセモノが存在します
 
 著作権侵害とまでいかないものの
 本家本元の商品やサービスを模倣した
 よく似たニセモノたちをよく見かけます
 
 ニセモノと出会ったとき
 私たちは安いからと
 受け入れることもあれば
 拒否することもあります
 
 ビジネスではどうでしょうか
 どこかのビジネスをそっくり真似るのは
 よい?悪い?どう思われますか
 
 私はビジネスをまねることは
 決して悪い事ではないと思います

(さらに…)

コラム.203:商売人として品格を持つ

meki

2017年5月15日

 

おはようございます、アンカー目木でございます。
 
本日はマーケティングチーム加藤からのメルマガとなります。
 
商売人としての品格についてコラムしています。
 
お時間ある際にご購読ください。
 
 
【商売人として品格を持つ】
 
 例えばフェイスブックでいいねをもらう、
 またはツイッターでリツイートしてもらうために
 情報の質が大切ですが、
 
 この質の中には正確さや新しさの他に
 「品格」といった概念も含まれます
 SNSに限らず、リアルなビジネスでも
 この品格は大切な概念です
 
 あの人は品がある
 
 という言葉をみなさんはどういう人に使うでしょうか
 上品に振る舞う人や、その人が気高いと感じたときに
 使われると思います
 
 ではそうした品を感じる人に接するときに
 私たちはどうしているかと言えば、
 多くの場合、自然に背筋を伸ばしてこちらも上品に
 振る舞おうとします
 
 商売をしていく上で
 この品格はとても大切なものです
 
 少し前の時代には「ビジネスマナー」が徹底していて
 営業に行くなら必ずネクタイを締めて、スーツでした。

(さらに…)

コラム.191:「企業の個性」を際立たせましょう

meki

2017年2月6日

 
おはようございます、
アンカー目木でございます。
 
早いもので本日は2月6日。
新年があけ約1ヶ月が経過しました。
 
年始に掲げた目標は順調に進んでおりますでしょうか。
初心を忘れず一年間走り抜けましょう。
 
さて、本日のメルマガは
マーケティングチーム加藤より
「お客様は価値を買っている」をお送りします。
 
はっきりした個性によって小さなビジネスを
選ばれる存在にしていきましょう。

(さらに…)

アンカーの商売繁盛メール046:自社ブランドづくり【ブランドを育てる】 

anchor

2013年11月25日

~ さまざまな方法 ~
 
「ブランドは商品」が全てです。
高い商品認知があり、お客様にご満足・ご支持いただけるものでなければな
りません。そして商品を支える従業員のモチベーションも高く、誇りを持って
提供していければ自然にブランドは育っていきます。
 
経営者として考えなければならないのはビジネスとしてこのブランドをさら
に高める方法はないかを考えるということです。その一つがブランドイメージ
にあったデザインやキャラクターを採用することです。
 
 例えばゴディバのチョコレートは高級感を漂わせるあの箱に入っていて初め
てゴディバなのです。もちろん私達は「箱が気に入ってゴディバ」を買ってい
るわけではありません。ゴディバの味(商品の中身)を知っているから買うの
ですがこのゴディバの箱がもっと安っぽいモノだったらどうでしょうか?
 
 売り方もスーパーの店頭に並ぶような売り方だったらお客様は満足していた
でしょうか?きっと今のブランド地位を築くのにはもっと多くの時間がかかっ
たと思います。
 
 商品やブランドコンセプトに合ったパッケージや広告イメージ作りをすると
ブランドの成長速度が変わってきます。素敵なパッケージや広告はお客様をブ
ランドの世界に誘います。目を引き、気に入ってもらえれば、それが商品を買
うきっかけにもなっていきます。
 
 その仕組みを考えていくのがブランディング=ブランドを育てることです。
ただ、商品の実力が伴わないのにブランディングだけを推し進めるのは間違っ
ています。名前だけを売ることに専念すると商品を手に取ったお客様を失望さ
せてしまい、負のブランディングに繋がります。
 
 誠実に商品を育てつつ、ブランディングもすすめていきましょう。ブランド
を大切に育てていく気持ちを持っていろいろな手法を試していきましょう。
 
 ブランドづくりのご相談に応じております。お気軽にお声掛け下さい。お客
様の商売繁盛につながるようアイデアを提供させて頂きます。
 
 
マーケティング部門 加藤
 
 
━━ イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
第42回 商売繁盛倶楽部
 
これで2013度の全日程終了です。
 
◆11月30日 8時間耐久 大忘年会 開催!!!
 
 
皆さま、ぜひぜひご参加くださいね。
 
引き続き宜しくお願い致します。
 
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
———————————————————————-
 

アンカーの商売繁盛メール041:自社ブランドづくり【ブランドが知名度を上げる】

anchor

2013年10月21日

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/10/21━━
■  商売繁盛倶楽部メール(アンカー・アンド・カンパニー株式会社)
■━━━━━━━━━━━━━━  https://anchor-company.asia/ ━━━━━
 
◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇<< 商売繁盛倶楽部メール041  :自社ブランドづくり>>
◇【ブランドが知名度を上げる】 
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
 
 ~ 知名度のスパイラルアップ ~
 
 商品ブランド名の認知度が上がってくると、そのブランドにあやかって新商
品の知名度を上げることができます。認知が得られたブランドを広めていくと
きに使った「ブランディングの構成要素」ロゴやキャラクター、色など(メル
マガ 009「会社ブランド・商品ブランド」でご紹介)を新発売する新商品にも
使うのです。
 
メルマガ 009「会社ブランド・商品ブランド」
goodhand
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 中でも「キャラクターや色」は新製品のパッケージにうまく活かしましょう。
キャラクターであれば同じタッチの姉妹キャラクターを作る方法がありますし、
色であれば「トーンを合わせて同じテイストの商品である」ことを判らせる方
法などがよく使われます。
 
 一つの商品がロングセラーとなるのは実は希なことです。
 
 ひとつのブランドが成功したらそのブランド力が落ちないうちに、次の手を
打つべきなのです。お客様のニーズ変化・お客様の入れ替わりを感じ取って、
新しいニーズに合う新製品を投入していきましょう。今まで築いてきたブラン
ドの知名度が後押ししてくれて、きっと新製品は売りやすい筈です。
 
 『認知が得られる→ブランドが成立する→そのブランドの知名度を使って、
新たな商品を投入する→が新たなお客様を開拓できて、また知名度があがる』
 このスパイラルアップを狙ってください。
 
 ただし、新商品のコンセプトが既存ブランドのものと大きく異なるときには
この手法は厳禁です。エンドユーザーは認知しているブランドのコンセプトを
受け入れ、評価していますので「コンセプトが異なるのに同じブランド名」だ
と混乱します。
 
 例えば「やさしい」イメージを感じさせるブランドの新製品が「ハード」だ
とユーザーは違和感を覚えます。それもテイストの違いを超えて、商品コンセ
プトが全く別物であれば、いま認知されているブランドへの信頼低下や、ブラ
ンド離れにつながることもあり得ますのでご注意ください。
 
 ブランドづくりのご相談に応じております。お気軽にお声掛け下さい。お客
様の商売繁盛につながるようアイデアを提供させて頂きます。
 
マーケティング部門 加藤
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
———————————————————————-

 

アンカーの商売繁盛メール037:自社ブランドづくり【もっと価値を高める】

meki

2013年9月24日

~ 社会貢献が価値を高める ~
 
商品や会社の価値がお客様に認められてブランドになっていきます。ブラン
ドの知名度が少しずつ上がってきたらもっと価値を高めて行きましょう。
 
ブランド価値をさらに高める方法は「社会貢献」です。
 
 「儲かったお金をどう使うか」によって会社の評価が変わります。社長個人
のためだけにお金を使っていると『自分が大事なんだな』と評価されます。
 社員や事業発展のためにお金を使うのは『普通の会社』です。そして社会貢
献にお金を使うと『良い会社』という評価が得られます。
 
 お客様の支持を得てより多くのお金が稼げるようになれば、社会のためにお
金を使いましょう。あなたが気にかけている社会問題を解決する活動への参加
や、ボランティア団体への寄付などをなさってください。
 
ハート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 お客様は商品やサービスの価値を感じて買って下さいますが自分たちが払っ
た代金の一部がさらに社会のためになっている事が感じられると一層、商品を
買うことが誇らしく思えます。
 
 ブランドを支持して下さるのは「ファン」だからですが、社会貢献によって
「ますます深いファン」になって頂ける可能性が高まります。
 
 また新たなファンを獲得できるチャンスも生まれます。
 子供たちが元気に育つ・困っている人たちが助かる・自然環境が保護される
といった良いイメージがブランドイメージに加わる事で相乗効果が生まれます。
 
 ただし、社会貢献で無理をする必要は全くありません。
 最初は『志』からスタートすればよいのです。気乗りのしない社会貢献は長
続きしませんし、途中挫折は対外的にイメージがよくありません。地道に長く
続けられそうな、自分たちにふさわしい社会貢献を選んでお取組み下さい。
 
 ブランドづくりのご相談に応じております。お気軽にお声掛け下さい。お客
様の商売繁盛につながるようアイデアを提供させて頂きます。
 
マーケティング部門
ビジネスナビゲーター 加藤
 
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
———————————————————————-

 

アンカーの商売繁盛メール033:自社ブランドづくり【心がなければ通じない】

anchor

2013年8月26日

~ 誇りと心 ~

ブランドづくりで大切なのは「誇り」を持てるかどうかですが、実際に従業
員の方に会社や商品ブランドに対して誇りを感じてもらうにはどうすればいい
のでしょうか。

一番、現実的に誇りに思ってもらえるのは「良い商品を作っているんだ・良
いサービスを提供しているんだ」という自覚です。自分たちの手でよい商品が
生まれていく。これは誇らしく思える事実です。
サービスにしても遅滞なく良い感じで提供し終えれば従事した担当者は強い
達成感を感じます。

従業員の方が「良い商品」を作れる環境、サービスが適切に行える準備など
を整えるのが経営の仕事です。しかし良い商品ができる、内容のあるサービス
が提供できるかどうかは環境や準備だけでなく従業員さんの気持によります。
 

その気持ちは「心」につながっています。

ハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 成功する経営者は「良い人」だと、様々な所で言われていますがこれは従業
員との関係から見ても真実です。
 経営者が良い人だと『この人ならついていきたい。この人と仕事がしたい。
この人が作る商品が好きだ』というようなとても素朴な気持ちで従業員が集ま
ります。起業した会社がうまくいく大きな要素は経営者が良い人だからです

 商品(サービス)が育ってきたら経営者も一緒になって商品・サービスをど
うやって育てようか?と共に悩み、答えを見出すことです。経営者の悩みは従
業員とレベルが違いますが同じように「成功させる」というベクトルさえ合っ
ていれば問題は起きません。大切なのは従業員が「社長も一生懸命なのだ」と
いう姿勢が感じられることです。

 従業員さんにも現場での工夫をしてもらって、経営者は良い工夫をどんどん
採用して下さい。経営で決めて現場に下ろすより現場から発想して設備や経営
のあり方を変えていく方が実は好ましい方向なのです。

 従業員さんや商品のことを思って努力する経営者。会社や商品の事を大切に
思う従業員の心。この両方が整ってきたときに誇りが生まれブランドが育って
いくのです。

 ブランドづくりのご相談に応じております。お気軽にお声掛け下さい。お客
様の商売繁盛につながるようアイデアを提供させて頂きます。

マーケティング部門
ビジネスナビゲーター 加藤

———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ https://anchor-company.asia
———————————————————————-

商売繁盛倶楽部メール030:自社ブランドづくり【ロイヤリティとは何か】

anchor

2013年8月5日

~ 本当にロイヤリティの高いお客さまとは ~

ロイヤリティの意味は2つあります。「Royalty」は特定の権利を利用する
際に支払う対価(印税や特許権使用料など)の意味。もうひとつは「Loyalty」
忠誠・忠実といった意味で会社やショップなどへの親密さ・信頼を指します。
ブランディングでロイヤリティと言えばもちろん後者の「Loyalty」です。

お客様が商品を気に入り継続して買って下さる。それも1~2回ではなく、
何度も買って下さるお客様を『ロイヤリティが高い客:ロイヤルカスタマー』
と呼ぶことがあります。

もちろん、継続して買って頂けるのは気に入られているからで一般的に「購
入が多い=ロイヤリティが高い」という図式は成り立ちます。しかし、一部の
お客様では「継続して買われている事実=ロイヤリティの高さ」とは限らない
場合があります。

goodhand 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に選ぶべきものがないから、しぶしぶその商品を買い続けているんだ。

 という方が必ずいらっしゃって、「代替のブランドが出てきたら乗り換えて
やろう」と待ち構えておられます。こうしたお客様は商品そのものへの不満は
ないが「対応や売り方に不満」をお持ちの方です。特に小売店では便利だから
使っているけど、決してお店に満足していないというお客様もおられます。

 価格に対する不満、販促で粗品が貰えなかった、電話や対面での粗雑な対応。
こうした何気ない事が「不満だけど買っているお客様」をつくり出します。

 不満を解消するためには親密になり、信頼を得ることです。少しご立腹にな
られたお客様に「申し訳ございません。改めて御用を承らせて下さい」と心の
底からお詫びの気持ちで話しかければ信頼は回復できますが不満を持っている
お客様はその不満を隠しているので、見分けられず厄介です。

ハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロイヤリティの高いお客様とは頻度や累積購入額に関わらず、心底「あなた
の所は良いブランドですね」と評価し、お友達にもご紹介して下さる方です。

 誰が一番ロイヤリティが高いお客様かを考えてみましょう。ヘビーユーザも
そうですが、実は従業員の方がロイヤルカスタマーなのです。自社の製品を使
わない社員はおそらくいません。ブランドを高く評価し、きっと紹介もしてく
れています。

 小さな会社がやらなければならないのはこのロイヤリティの高いお客様=従
業員を大切にすることです。誇りをもって働ける環境づくりを行ったり従業員
の意見を聞いて事業活動に反映させたりしてブランドに誇りをもてるようにし
ます。従業員の方、ご自身がブランドの一部だと思ってもらえれば最高です。

 従業員のロイヤリティが高まるとブランディングは必ずより良い方向に進ん
でいきます。「ロイヤルカスタマーづくりはまず従業員から」なのです。

 ブランドづくりのご相談に応じております。お気軽にお声掛け下さい。お客
様の商売繁盛につながるようアイデアを提供させて頂きます。

マーケティング部門
ビジネスナビゲーター 加藤

 

━━ お取引様へ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【マニュアルの追加】

更新システム(Blogシステム)へのiPhone、iPad、
Galaxy等のAndroid端末からの更新作業について操作マニュアル追加しました。

iPhone、iPad
http://web-ouen.com/wordpress_manual/ios.html

スマートフォンAndroid端末
http://web-ouen.com/wordpress_manual/android.html

ご不明点は何なりとお申し付けください。

———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ https://anchor-company.asia
———————————————————————-