WEBコンサル日記

ネット販売 仕組み構築、売上アップを目指される会社様へ

meki

最終更新日: 2020年3月3日

 

ネット販売で必要な事は、まずお客様に来ていただくことです。 

 

集客のためにはSEOや広告が欠かせません。どのように認知を得ていくのは、それぞれの会社によって異なりますが、何らかの広報戦略が必要な事は間違いありません。

 

誰をターゲットに商売をしているのか!   そのことをまず考えてみて、そのお客様に向けて情報の発信が求められます。また、1番伝わるメディアを考えなければなりません。

 

例えばFacebookなのか、それともTwitterなのか、楽天やAmazonなどのモールがいいのかなど、ケースバイケースです。   そして、ネットショップのサイト作りではコンバージョンを上げていくことが求められます。

 

アクセスアップとコンバージョン(目標達成)

どうすればコンバージョン(購入やお問い合せなどの目標達成)が上がるかはとても難しい問題です。販売している商品の購買キー(メッセージ・デザイン等)になるのかが、よくわからないからです。

※ただサイトのデザインが不十分な場合、基本的な技術で解決できる部分もあります。それはサイトの構造であったり、ボタンのデザインであったり、イメージづくりです。

そのため、サイトがうまく儲かるようにするためには、アクセス状況を管理しながらどうすればいいかを考えていく必要があります。  

  • どこからアクセスされたのか
  • どんなキーワードで検索されたのか
  • 考えた画面推移たどっているのか

 

定期的に、こうしたチェックを繰り返すことによってネットショップはどんどんよくなっていきます。

他社の事例は確かに参考になりますが、本来のショップはオーナーさんの意思によってお客様のニーズを捉え、唯一無二の儲かる商売に育てていくべきです。

 

■WEBサイトを良くする要素

<日用品などを販売、低価格商品>
 モール出店(Amazon・楽天)、カタログ提供、決済機能

<高額商品を販売>
 販売ストーリー・センスの良さ・ランディングページ・決済機能

 

アンカーではショップの企画、集客、広報の仕方から、開店後のお客様の分析、そして今後の方針立案までサポートしてまいります。

採用ホームページの重要性について(採用広告費を無駄に垂れ流さないために)

meki

最終更新日: 2020年3月9日

 

おはようございます、アンカー目木です。

本日は昨今相談の多い、採用ホームページの重要性について
お伝えしたいと思います。

事業拡大はしているけど、採用活動には苦戦。。。
そんな声をよく耳にします。 (さらに…)

ITセカンドオピニオンの必要性

meki

最終更新日: 2020年3月9日

賢くITを使いこなす時代、貴社のIT部門になります

世の中の環境の変化はすさまじいものです。進化の速度は加速力を増し、昨日まで全く想像をしなかった新しいシステムやツールが世に現れたのも束の間、すでに新たな次の何かが動き出しています。
新しいものを嫌い、よく解らないからといって使わないことは完全に時代に乗り遅れることでもあります。これからの時代は、賢く新しいシステムやツールを使いこなす時代です。 (さらに…)

ホームページを社内で一番できる営業マンに

anchor

最終更新日: 2020年3月9日

d82741449bd958da55666d9f5f5b18ce_s
 
 
~ ホームページが営業マンの代わりを果たす ~
 
ホームページで儲ける方法には「ネットショップで売る・情報サイトを運営して広告を取る」などいくつかのパターンがありますがリアルなビジネスをされているなら、『ホームページを営業マンとして活用する』のが最もお勧めできる儲け方です。
 
ホームページを営業マンにする方法は「サイトが単独でお金を稼ぐ」わけではないのですが、最も価値ある、儲けにつながる利用方法です。
 
仮に1000人ほどの法人様を相手に、月に300~500件の受注をするビジネスを考えて
ホームページの役割を考えてみましょう。
この会社のウェブサイトに必要なのは、100万アクセスでしょうか?
それとも、仕事を頂いているお客様に最新の関連情報をお届けすることでしょうか?
 
もちろん、たくさんの方に見ていただく事も大切ですが
それよりも1000人のお客様に毎月サイトにアクセスしてもらって
情報を持ち帰ってもらうことの方が大切だということにすぐ気が付きます。
 
実は「お金が稼げるホームページ」というのはしっかりと目的があり、
その目的を果たしているホームページです。
この会社の場合だと、既存のお客様に限定されるけどサイトを見に来てもらい
次の注文につながるような情報提供ができることが、
おそらく一番望ましいサイトのあり方です。
 
サイトで特別な情報を提供するわけではありません。
今までセールスマンがお得意先を回り、お届けしてきた情報提供をサイトで行うだけです。
もし一般に知られたくなければそのページはパスワードで保護することも可能です。
 
お客様が「掲載されている情報がためになる」と感じて、定期的にして下さるサイトになれば、
リアルな営業訪問時にサイトを話題に話ができます。
 
例えばホームページに掲載した情報のさらに詳細情報を
訪問した営業マンが話すというスタイルにすれば
営業マンの付加価値はさらに高まります。
 
実務に役立つ情報が掲載されたホームページは「新規獲得」にも繋がります。
会社に興味を持たれた見込客はその会社のサイトを隅々まで見て情報を得よう
とします。本当に役立つ情報がたくさんある会社は当然のことながら信頼され
問い合わせにつながるのです。
 
「サイトに有益な情報を掲載して、営業マンにする」のは決して難しい事で
はありません。具体的な方法はアンカーがお客様の商売繁盛を全力でサポート
致しますのでお気軽にお問い合わせください。
 
 
マーケティング部門 加藤
 

 

営業力を高めるためにもWEBでブランディングしましょう

anchor

2019年2月13日

WEBを使ってブランディングしたい会社様へ

ブランディングとは 企業や商品の価値をどのように創造するのかを考える事です。

お客様にとって自分たちの会社や商品はどういう位置づけ(存在)なんだろう。自分たちはお客様から見てどうありたいのだろう?といったことを真剣に考えるところからブランディングは始まります。

どういった商品をを扱うかによってブランドの位置づけは全く異なります。日用品などでしたらフレンドリーな存在であるべきでしょう、高価格帯の商品であるなら憧れの存在になった方がきっとうまくいきます。コンサルや士業なら権威的であるか、または知的で話しやすい友人的のいずれかだと思いますが先生の性格によっても変わってきます。

ブランドのコンセプトがまとまれば、それをネット(ウェブサイト)で表現していきましょう。リアルな商品やサービスにつけられたブランドマークとウェブサイトの内容が一致し、提供した価値にお客様が満足されれば信用が得られます。「お客様の暮らしにどのように役立てたのか」という評価によって、真のブランド価値ができあがっていきます。  

昔なら、ブランドイメージが浸透するまで、かなり年月がかかりましたが、ネットを使えば昔よりも短期間で達成できます。

 

■WEBサイトを良くする要素

<物販業>
カタログ提供・見積機能・チラシとの連動・スマホ対応

<サービス・士業>
技術を見せる・実績・見積機能・事業所紹介

<飲食業>
メニュー・お店紹介・チラシとの連動・スマホ対応

インターネットをリアルビジネスに活用するために

anchor

2019年2月13日

ネットを活用しリアルビジネスへの集客がしたい会社様へ

リアルビジネスにとって、ウェブサイトは24時間365日働き続けてくれる有能な営業マンになります。考えられる最高の説得力を持ち、お客様をその気にさせて、申し込みやアポイントを取ってくれます。冷やかし客にも、しっかりと対応して時間的なロスを生じさせません。お客様もこの控えめでしっかりものの営業マンから聴きたい事のほとんどを知ることができます。

あとはリアルな人間営業マンがウェブサイトからお客様を引き継いでクロージングをするだけです。  ただこの営業マン(ウェブサイト)は、たまに声掛けをしてもうえることはありますが、残念ながら一人歩きしてお客様を見つけくるというところまでいきません。

 

いかにウェブサイトへアクセスさせるか

この営業マンのところ(ウェブサイト)に、お客様を連れてくる必要があります。  その施策がSEOやリスティング広告であり、ブログやSNSでの情報発信です。検索で見つけてもらったり、発信した情報を見てもらっているうちに、ウェブサイトへの集客が実現します。

インターネットをリアルビジネスに活用するためにはウェブサイトづくり(ホームページの準備)だけではなく、総合的なネット活用の方針作成が必要です。 アンカーは貴社の全体的なWEBマーケティング戦略構築のお手伝いをして参ります。

 

■WEBサイトを良くする要素

<B to B>
理念・ブランドストーリー・商品紹介・会社案内

<B to C>
イメージ・ブランドストーリー・商品紹介・映像

新しいお客様づくりのお手伝い

anchor

2019年2月13日

新しいお客様づくりのお手伝い

商売繁盛に新規のお客様づくりは不可欠です。新たなお客様と接近し、ご契約を行うまでの仕組みを一緒になって考えます。

 

必要な事は、まずお客様に知っていただくことです。

 知っていただくためには宣伝や広告は欠かせません。
どのように認知を得ていくのは、それぞれの会社によって異なりますが、何らかの広報戦略が必要な事は間違いありません。
誰をターゲットに商売をしているのか!   そのことをまず考えてみて、そのお客様に向けて情報の発信が求められます。また、1番伝わるメディアを考えなければなりません。
例えば、チラシがいいのか、ホームページがいいのか、それともSNSがいいのかなど、ケースバイケースです。    

 

リアルビジネスへの集客へ
リアルビジネスにとって、ウェブサイトは24時間365日働き続けてくれる有能な営業マンになります。考えられる最高の説得力を持ち、お客様をその気にさせて、申し込みやアポイントを取ってくれます。冷やかし客にも、しっかりと対応して時間的なロスを生じさせません。お客様もこの控えめでしっかりものの営業マンから聴きたい事のほとんどを知ることができます。
あとはリアルな人間営業マンがウェブサイトからお客様を引き継いでクロージングをするだけです。  ただこの営業マン(ウェブサイト)は、たまに声掛けをしてもうえることはありますが、残念ながら一人歩きしてお客様を見つけくるというところまでいきません。

 

いかにウェブサイトへアクセスさせるか
この営業マンのところ(ウェブサイト)に、お客様を連れてくる必要があります。  その施策がチラシなどのアナログの広報物や、WEBのSEOやリスティング広告、ブログやSNSでの情報発信となります。
検索で見つけてもらったり、発信した情報を見てもらっているうちに、ウェブサイトへの集客が実現します。
インターネットをリアルビジネスに活用するためにはウェブサイトづくり(ホームページの準備)だけではなく、総合的なネット活用の方針作成が必要です。 アンカーは貴社の全体的なWEBマーケティング戦略構築のお手伝いをして参ります。

 

コンバージョン(目標達成)
どうすればコンバージョン(来店やお問い合せなどの目標達成)が上がるかはとても難しい問題です。販売している商品やサービスの購買キーになるのかが、よくわからないからです。 (メッセージ・デザインなどお客様への訴求内容)
そのため、集客できるようにするためには、ホームページのアクセス状況を管理するなど、どうすればいいかを考えていく必要があります。  
・どこからアクセスされたのか
・チラシなどのアナログ媒体と来店、ホームページの連動性
・どんなキーワードで検索されたのか

 

定期的に、こうしたチェックを繰り返し、チラシやホームページを見直すことで、認知が高まり、集客への確立はどんどんよくなっていきます。
他社の事例は確かに参考になりますが、本来はオーナーさんの意思によってお客様のニーズを捉え、唯一無二の儲かる商売に育てていくべきです。  
アンカーでは集客に向けての企画、広報の仕方から、お客様の分析、そして今後の方針立案までサポートしてまいります。

ブランディングとは

anchor

2019年2月13日

ブランディングとは 企業や商品の価値をどのように創造するのかを考える事です。
・お客様にとって自分たちの会社や商品はどういう位置づけ(存在)なんだろう。
・自分たちはお客様から見てどうありたいのだろう?

といったことを真剣に考えるところからブランディングは始まります。

どういった商品をを扱うかによってブランドの位置づけは全く異なります。日用品などでしたらフレンドリーな存在であるべきでしょう、高価格帯の商品であるなら憧れの存在になった方がきっとうまくいきます。コンサルや士業なら権威的であるか、または知的で話しやすい友人的のいずれかだと思いますが先生の性格によっても変わってきます。

ブランドのコンセプトがまとまれば、それを広報物やWEB(ホームページ・SNSの)で表現していきましょう。リアルな商品やサービスにつけられたブランドマークとウェブサイトなどの広報物が一致し、提供した価値にお客様が満足されれば信用が得られます。

昔なら、ブランドイメージが浸透するまで、かなり年月がかかりましたが、ネットを使えば昔よりも短期間で達成できます。こういった積み重ねと、「お客様のビジネスや暮らしにどのように役立てたのか」という評価によって、真のブランド価値ができあがっていきます。

 

【ブランディングの構成要素】

ブランドネーム

ネーミングはとても重要です。キャッチコピーなどで性格付けを行ったりします。
ブランドネームは「①覚えてもらいやすい ②サービスを連想できる ③ブランド・アイデンティティを反映している」などが考えるポイントになります

ロゴ

ネーミングが文字のデザインやマークになったものです。言葉だけでなく、視覚でブランドを表現します。会社や商品の象徴ともなりますので飽きの来ないロゴ開発を行います。

キャラクター

ブランドを普及させるうえでキャラクターはチカラを発揮してくれます。地方自治体を始めとして「ゆるキャラ」は特産品など地名を覚えてもらうのにとても役立っています。同じように会社名や商品名を覚えてもらうのに誰からも愛されるキャラクターはブランディングに役立ってくれます。小売店・飲食店では「店主(社長)」のキャラクター化もお勧めです。

ジングル(音)

ジングルは短い音楽です。ラジオなどで使われることが多く放送局によってはサウンドステッカー、アタックなどとも呼ばれます。テレビCMでも「インテル」や「マクドナルド」がよく使っています。ジングルを聞いてブランドを想起させる効果があります。

 

パッケージ

商品を包むパッケージはブランド表現の一つです。表面に印刷されるデザインはもちろんのこと、形状や素材などでもブランドのこだわりを表現することができます。商品の中身の差別化が難しい場合、パッケージにこだわるのもよい方向性です。

 

キャッチコピー(キャッチフレイズ)

ブランドネームに添えられる短い文章です。テレビCMでも一緒に流されます。「It’s a SONY」「ヒューマン・ヘルスケア エイザイ」「スカッとさわやかコカ・コーラ」などが有名です。

 

色(カラー)

色でブランドを表現する場合もあります。例えばティファニーの「優しく上品な」ブルーの箱などが好例です。コーポレートカラーを決めて統一感を持たせると言った使い方ができます。

 

ドメイン名

ここで言うドメイン名とはホームページの住所となるネット上のネーミングです。ドメイン名も「わかりやすさ」「覚えやすさ」「伝わりやすさ」を考えます。長すぎない、綴り字がイメージしやすく打ちやすいなどがポイントとなるでしょう。

必要な事は、まずお客様に知っていただくこと

meki

最終更新日: 2020年3月3日

必要な事は、まずお客様に知っていただくことです。

知っていただくためには宣伝や広告は欠かせません。
どのように認知を得ていくのは、それぞれの会社によって異なりますが、何らかの広報戦略が必要な事は間違いありません。

誰をターゲットに商売をしているのか! そのことをまず考えてみて、そのお客様に向けて情報の発信が求められます。また、1番伝わるメディアを考えなければなりません。
例えば、チラシがいいのか、ホームページがいいのか、それともSNSがいいのかなど、ケースバイケースです。

弊社アンカー社は、ホームページこそもっともローコストな広報戦略と考えています。
今やIT(ホームページ)は企業にはなくてはならないものです。

 

貴社に興味を持ってくださったお客様は必ず「グーグルで貴社名をキーワードに検索する」のが当たり前の行動ですから、ホームページが必要なのは当たり前ですよね。
しかし、ホームページでの広報戦略について、「担当者が居ない」「よくわらからない」「外注業者に任せきりだから」と放置されておられる企業様が多いのも現状です。
古い情報のままで、更新が出来ていないホームページは、「営業機会を損失」しているのと同じです。
商品やサービスがよくわかる。検討資料になる。資料請求ができる。
そういうホームページで見込客をしっかりファン化して需要創造に繋げましょう。

コラム.229:生産性を高める中小企業に特化したデータベース

anchor

2018年7月17日

アンカー目木でございます。

本年も半分が過ぎ、猛暑の日々が続いております。
これからが夏本番となりますが、
残り半分、商売繁盛がんばっていきましょう。

■TOPICS

●IT導入補助金 残り450億円(2次公募 締切 8月3日)

前回の1次公募で、約1万社が採択されています。
補助金額を1社最大の50万円と仮定した場合、
前回で50億円分が採択されたことになります。

本年度のIT導入補助金の予算は500億。
残り450億!、まだまだ予算は残っております。
ITを活用し商売繁盛したいと思われの企業様は、
なんなりとお申し付けくださいませ!!!

※2次公募 締切 8月3日まだ間に合います。

昨年にIT導入補助金を取得された企業様においても、
本年度、申請可能です。

 

●中小企業に特化した生産性を高める
 ジャストフィットなデータベース構築提案

アンカーでは新たなIT導入補助金のITツール登録して
生産性を高める「業務管理システム」が登録完了しました。

<内容>
最近流行りのクラウド型の業務管理システムは、
機能が豊富で自由自在に構築ができることをウリにしています。
社内にITスキルが高い方がいれば、
大変使い勝手の良いシステムかもしれません。

しかし、従業員数20名未満の中小企業にとっては、
使わない機能が多く、どうも使い難いという声を耳にします。
そこで弊社は、小規模の中小企業に特化した
ジャストフィットなオーダーメイド型の業務管理システムをご提案します。

<特徴>
顧客の基本情報の管理はもちろんのこと、
日々の業務で行う入力・集計・加工といった
手作業で行うルーティン業務を洗い出し、
仕組み化し(ボタンクリックで集計完了など)
業務の生産性を高めていきます。

電通では、社員過労による電通事件のあと、
改善プロジェクトチームを発足し、
すべて業務の見直しを行い、
データ作成などの人手による定形作業を洗い出し
自動化(仕組み化)による改善を行ったとお聞きしました。

今回、弊社では従来の顧客管理の考え方に、
生産性を高める機能(自動化・ボタン化)を
プラスした顧客管理マスタを構築します。

☆生産性向上のデータベースを作成するとこんな事が可能です!
<例>
・日々の一覧表の作成 30分 → 1分(ボタン一つ)
・集計表の作成    30分 → 1分(日・週・月・営業別など)    
・顧客データの入力  5分  → 自動化(ホームページフォーム連動)
・各種帳票への入力  5分  → 自動化(御社の帳票へ自動配置)
・情報管理     Excel等の分散管理→統合管理

皆様のやりたいこと、管理したいこと、
なんなりとお申し付けください!!!

 

●最新IT・マーケティングコラム

<生産性を高めるITツール紹介>
 Googleフォトを使ってみよう【基礎編】【ビジネス編】をお届けします。
 実際、私たちビジネスパーソンの使い方についても言及しています。
 https://anchor-company.asia/news/2505