新しいお客様づくり

コラム.204:本物を究める

anchor

2017年5月22日

 
 
おはようございます、アンカー目木です。
 
日に日に暑くなって参りました。
 
本日はマーケティングチーム加藤からのメルマガとなります。
 
弊社は企業の顔である、コーポレートサイトづくりを究めています。
 
 
【本物を究める】
 
 私たちの身の回りには
 多くのニセモノが存在します
 
 著作権侵害とまでいかないものの
 本家本元の商品やサービスを模倣した
 よく似たニセモノたちをよく見かけます
 
 ニセモノと出会ったとき
 私たちは安いからと
 受け入れることもあれば
 拒否することもあります
 
 ビジネスではどうでしょうか
 どこかのビジネスをそっくり真似るのは
 よい?悪い?どう思われますか
 
 私はビジネスをまねることは
 決して悪い事ではないと思います

(さらに…)

コラム.203:商売人として品格を持つ

meki

2017年5月15日

 

おはようございます、アンカー目木でございます。
 
本日はマーケティングチーム加藤からのメルマガとなります。
 
商売人としての品格についてコラムしています。
 
お時間ある際にご購読ください。
 
 
【商売人として品格を持つ】
 
 例えばフェイスブックでいいねをもらう、
 またはツイッターでリツイートしてもらうために
 情報の質が大切ですが、
 
 この質の中には正確さや新しさの他に
 「品格」といった概念も含まれます
 SNSに限らず、リアルなビジネスでも
 この品格は大切な概念です
 
 あの人は品がある
 
 という言葉をみなさんはどういう人に使うでしょうか
 上品に振る舞う人や、その人が気高いと感じたときに
 使われると思います
 
 ではそうした品を感じる人に接するときに
 私たちはどうしているかと言えば、
 多くの場合、自然に背筋を伸ばしてこちらも上品に
 振る舞おうとします
 
 商売をしていく上で
 この品格はとても大切なものです
 
 少し前の時代には「ビジネスマナー」が徹底していて
 営業に行くなら必ずネクタイを締めて、スーツでした。

(さらに…)

コラム.202:コミュニケーションが大事

anchor

2017年5月8日

 
 
おはようございます、アンカー目木でございます。
 
GWは如何でしたでしょうか。
 
わたしは畑と田んぼで、ガッツリ農作業をしました。
 
かなりの筋肉痛となりましたが、まだまだ体は若い!と前向きに認識です (^_^;)
 
今週から新たな一週間、頑張っていきましょう!
 
さて、本日にメルマガは、マーケティングチーム加藤からとなります。
 
お時間ございます時に、ご購読ください。
 
 
 
【コミュニケーションが大事】
 
 前々回「お客様とのつながりをつくる」で
 お客様とのコミュニケーションについて
 お話をしましたが、さらに突っ込んだ
 コミュニケーションの話をしたいと思います
 
●多くのクレームは潜んでしまう
 
 お客様は「商品やサービスへの不満」を感じても、
 少々の事ではメーカーやサービス提供者に伝えません。
 
 「使いにくい、性能が思っていたほどではない」
 などの小さなクレームは『言っても無駄だろう、
 申し出たところでどうなるわけでもない』と
 考えるのが一般的です。

(さらに…)

コラム.201:頑固なこだわりを持つ

anchor

2017年4月24日

 
おはようございます、アンカー目木でございます。
 
春の陽気が気持ち良い季節になってきました。
 
4月第4週の商売繁盛メルマガをお送りします。
 
本日はマーケティングチーム加藤からのメルマガとなります。
 
 
【頑固なこだわりを持つ】
 
 ビジネスには柔軟性が大切なので、
 こだわるという話は真逆に聞こえますが
 ビジネスに「一本筋を通す」には
 頑固なこだわりは大切な要素です。
 
 グルメ番組で紹介されるラーメン屋が
 麺や出汁にこだわっている話を聞くと
 『おいしそうだな』と単純に思います
 
 厳選素材や手間暇かかっていることが
 貴重で、他では味わえないだろうと
 想像してしまうからです
 
 
 それはお客様に提供する商品やサービスを
 よりよくしていくために何かにこだわると
 お客様の共感が得られると言うことです。
 
 何にこだわるべきかは各ビジネスで違います

(さらに…)

コラム.200:お客様とのつながりをつくる

anchor

2017年4月17日

 
おはようございます。
アンカー目木でございます。
 
2013年1月に始りました
商売繁盛に役立つメールマガジン
ついにVol.200となりました。
 
最新のIT情報や成功マーケティング事例など、
皆さまのお役に立てるよう
しっかりとアンテナを張り配信して参ります。
引き続き宜しくお願い致します。
 
バックナンバー一覧
 
 
▼本日のメルマガは、マーケティングチーム加藤からとなります。
 
 
【お客様とのつながりをつくる】
 
 既存のお客様にリピート購入を
 してもらうための方法、
 お客様とのつながり方を考えてみましょう
 
 お客様にリピートしてもらうためには
 「頻繁に接触されていれば親しみがわく」法則を
 利用するのが基本です。
 
 とはいえ連絡内容がセール案内ばかりだと
 受け取るお客様は「またか」
 という気持ちになりがちです。

(さらに…)

コラム.198:信頼のPR無くして コトは成立しない

anchor

2017年4月3日

 
アンカー目木でございます。
いよいよ4月到来です。
 
 さて、本日のコラムは
先週ITを活用した事業PRのご相談があり
いつもお伝えしていることを記載します。
 
 
「信頼のPR無くして コトは成立しない」
 
先日、事業のPRをするために
Facebookを活用したいと相談がありました。
しかしながら、ホームページはありません。

(さらに…)

「人を集める」から「人が集まる」へ

meki

最終更新日: 2020年3月9日

 アンカー目木です。おはようございます。
 
今回、むずかしい集客相談がありました。
この難題を考えているときに、
人を「集める」から「集まる」、キッカケをプロジェクトすることを考えました。
 
本日は「人を集める」から「人が集まる」へ
事例を交えお届けします。

(さらに…)

コラム.189:お客様は価値を買っている

anchor

2017年1月23日

 
おはようございます、アンカー目木でございます。
 
グッと冷え込んだ月曜です。
 
風邪、インフルエンザにはお気をつけ下さい。
 
移動・出張の多い私ですが、電車を降りる度に手洗い・うがいを励行しています。
 
とにかく体が資本。健康元気に商売繁盛、頑張って行きましょう!!!
 
 
さて、本日の「アンカー商売繁盛メールマガジン」をお届けいたします。
 
皆さまの商売繁盛のお役の立てればとはじめたコラムも早5年。
 
シーズン5のスタートです。
 
本日のコラムは、「お客様は価値を買っている」です。

(さらに…)

アンカーの商売繁盛メール047:新しいお客様づくり【問合わせを誘発しよう】 

anchor

2013年12月2日

~ 資料請求してもらおう! ~
 
ホームページに来てくれたお客様に情報を見てもらうだけでなく、資料請求
をしてもらえるように仕掛けを作っていきましょう。
 
例えば「金属加工」をされている会社ではホームページ上に自社の生産設備
や対応できる加工方法、特徴のある技術紹介、今までの納入実績などを掲載し
ます。
 
こうした初めてのお客様から『信用を得る』ために必須と思われる情報は必
ずホームページに載せなければなりません。サイトを読み進むうちに「いい会
社だな」と感じられるような情報の出し方をしていきましょう。
 
ただ「良い会社だな」と思って頂けても、すぐに注文されることは希です。
切羽詰まっていない限り、「会ってから、もっと技術力を知ってから」と考え
るのが普通です。少なくとも私が新規の購入先を探す時にはそうします。
 
 そこで、検討してもらうための『資料情報』をホームページ情報とは別に提
供するようにしましょう。
 
 確かにインターネットはいつでも見られます。気に入ってもらえればブック
マークされると思います。しかし、ざっと見ただけのページは重要性や緊急性
がない限り繰り返し、見ることはあまりありません。
 
 ホームページ情報を補うもっと詳しい資料や「サンプル」等を用意しておき
ご要望があれば『お手元』にお送りするようにしましょう。具体的には資料請
求ボタンを用意して、クリックされれば「資料請求フォーム」へ誘導します。
 
 紙資料だけならpdfをダウンロードして頂くだけでも良いと思いますが、紙の
検討資料が手元にあるというのは何かの拍子に眼にとまる可能性が高く、思い
出してもらいやすいものです。
 郵送物やサンプルはコストがかかりますが何でもネットで済ませられる時代
には『リアルな資料』は価値があります。また、資料請求の時にメールアドレ
スを入力してもらえばメールで『フォロー』や『メルマガ』でずっと連絡をと
り続けることもできます。
 
 ホームページづくりで分からない事ございましたらアンカーがサポート致し
ます。まずはご相談に無料で応じさせて頂きますので、気軽にお問合せ下さい。
 
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
———————————————————————-

アンカーの商売繁盛メール042:新しいお客様づくり【イベントからの見込客】 

anchor

2013年10月28日

~ お客様はホットなうちに! ~
 
展示会や商談会などのイベントには特有の熱気があります。
 
出展者だけでなく、来場者も「良い物はないか」と情報の受け入れ態勢万全
でやって来られます。そうしたイベントで商品説明をさせて頂くと、関心を示
してもらえるのは当然の事です。
 
「ぜひ、この商品を検討させて頂きます!」
「よろしくお願いします。ではご挨拶に伺わせて頂きます」ということになり、
2週間後のアポイントを頂いて訪問してみるとすっかり熱が冷めていて普通の
飛び込み商談とあまり変わらない結果に終わることも少なくありません。
 
 ホットなお客さまだと思ったら接客中に出来るだけ1週間以内のアポイント
を取ってください。そして展示会中の休憩時間に名刺を見ながら携帯で「お礼
メール」を送っておきましょう。
 
ハート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 イベントの来場者数にもよりますが大規模な展示会で4~5人で対応すると
200~300枚の名刺は集まると思います。受注を得るために大切なのは初動です。
とても過酷な作業になりますが、お客様に対して閉幕の翌日中には何らかのア
プローチしておくべきです。
 
 アポイントのお約束を頂いていても、手書きでお礼のはがきを面談前にお送
りしておきましょう。興味を持ってもらえた事への感謝や、展示会に来場され
た時に説明員(あなた)と一緒に写真を撮っておいて、それをお送りしても良
いと思います。
 
 インパクトは薄れますが手書きが無理ならメールでも構いません。
 「ご丁寧にありがとうございます」と相手の謝辞から商談に入れることは間
違いありません。つまり一歩アドバンテージをもって商談ができるのです。
 
 アポイントには至らなかったけれど名刺交換できた人へのアプローチですが、
3日以内にはすべきです。アポが取れないお客様は意思決定までのリードタイ
ムが長いお客様だと考えてご挨拶メールやDMをお送りしておき、ご連絡を待ち
ましょう。
 
 長期のご検討を頂くお客様のためにも展示会では携帯性・保存性の良い情報
ツールが必要になります。インパクトのある名刺や分かりやすいパンフレット。
ホームページと連動した情報提供ツールなどの用意が展示会では欠かせません。
 
 イベント開催に関して分からない事ございましたらアンカーがサポート致し
ます。まずはご相談に無料で応じさせて頂きますので、気軽にお問合せ下さい。
 
 
マーケティング部門 加藤
 
 
━━ イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
第42回 商売繁盛倶楽部
 
来月は神戸の地で、大忘年会。これで2013度の全日程終了です。
 
◆11月30日 8時間耐久 大忘年会 開催!!!
 
 
皆さま、ぜひぜひご参加ください。
 
引き続き宜しくお願い致します。
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
———————————————————————-