営業力を高めるためにもWEBでブランディングしましょう

anchor

2019年2月13日

WEBを使ってブランディングしたい会社様へ

ブランディングとは 企業や商品の価値をどのように創造するのかを考える事です。

お客様にとって自分たちの会社や商品はどういう位置づけ(存在)なんだろう。自分たちはお客様から見てどうありたいのだろう?といったことを真剣に考えるところからブランディングは始まります。

どういった商品をを扱うかによってブランドの位置づけは全く異なります。日用品などでしたらフレンドリーな存在であるべきでしょう、高価格帯の商品であるなら憧れの存在になった方がきっとうまくいきます。コンサルや士業なら権威的であるか、または知的で話しやすい友人的のいずれかだと思いますが先生の性格によっても変わってきます。

ブランドのコンセプトがまとまれば、それをネット(ウェブサイト)で表現していきましょう。リアルな商品やサービスにつけられたブランドマークとウェブサイトの内容が一致し、提供した価値にお客様が満足されれば信用が得られます。「お客様の暮らしにどのように役立てたのか」という評価によって、真のブランド価値ができあがっていきます。  

昔なら、ブランドイメージが浸透するまで、かなり年月がかかりましたが、ネットを使えば昔よりも短期間で達成できます。

 

■WEBサイトを良くする要素

<物販業>
カタログ提供・見積機能・チラシとの連動・スマホ対応

<サービス・士業>
技術を見せる・実績・見積機能・事業所紹介

<飲食業>
メニュー・お店紹介・チラシとの連動・スマホ対応