SEO対策

オーガニック検索で上位表示

指定したキーワードの上位表示は金の成る木

どれだけオシャレで素晴らしいホームページが完成しても、狙ったキーワードが上位に表示されなければ、ホームページを十分に活用できているとは言えません。

 

(1)内部施策

弊社では、Googleの発行するプログラム作成時のガイドラインを基に、弊社独自のチェック項目を加え、プログラムを構築しております。

 

【Google検索エンジン適合項目例】

☑ 各ページの内容に適切なtitleをつけています。

☑ ページごとにそれぞれ固有のdescriptionを記載しています。

☑ 客様に優良な情報を掲載するコンテンツとなっている。

など 既存作成したプログラムが、Googleの求める事項に対して、適切かどうかチェックし報告いたします。

 

(2)競合他社のコンテンツ、WEB施策を分析します

競合する会社がホームページにどれだけ力をいれているか分析された事はありますでしょうか。
上位表示させたいキーワードでの、他社の取り組み状況を分析し、不足部分を御社サイトに補うご提案をいたします。  



マーケティングアドバイザーの関連コラム

  • SEOで集客

    利用者がグーグルやヤフーで「検索」したときに、検索結果として自社サイトが少しでも上位に(20位以内程度に)表示されるよう仕組むのがSEO対策です。SEO対策で重要なのは、「見込客が打ち込む検索語」(キーワード)が何かを予測するチカラです。

  • WEBマーケティンって何?

    「単にWEBサイトを作るだけではなくて、ビジネスにどう活かすのかを考えよう」というのがWEBマーケティングです。例えば一般的な製造業の会社には集客から販売に至る全社のマーケティング計画があると思います。

  • 見込客って誰?

    集客するために対象客をターゲットとして絞り込むほうがメリハリがつくという事は既にご存知のことと思います。ターゲットを絞り込んで思い通りに集客できればそれに越したことはありません。しかし実際に商品を買ってくれているお客様はターゲット以外の人だったということはないでしょうか。

  • 具体的に目標を定めよう

    目的から作る目標は具体的に測れる数値でのことです。目標値をどのぐらいに置けばいいのかが分からない時は概算で数字をおきます。

  • 目標達成のために何をするの?

    サイトから月に10件の「問い合わせ」を獲得する。という目標を立てたとしましょう。この時に「何をすべきか」を知るためにはまずデータの整備が必要です。

  • PDCAで正しさ知る

    サイトに対するユーザーの反応や評価をデザインに反映できれば、より成果を高められますが、その時に重要なのがPDCAの考え方です。PDCAとはPlan(計画)を Do(実行)して、結果が出たら Check(評価)を行い、Act(改善)を繰り返し、業務を継続的に改善していく方法の事を言います。

詳しく話が聞いてみたい

メールでのお問い合わせには以下のフォームをご利用ください。
なお回答には多少お時間をいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

事業者名
お名前
フリガナ
メールアドレス
確認のためもう一度
電話番号
備考
送信確認