WEBマーケティング実践

コラム.186:セールスコンテンツ

meki 2016年12月19日 月曜日 by meki

◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』

【 セールスコンテンツ 】

 お客様に自社が持っている
 専門知識や技術情報を提供して
 複数回の来訪を促す集客コンテンツ
 とは違い、セールスコンテンツとは、
 直接、来訪者にアクションを
 促すコンテンツです

 間違ってはいけないのは
 まだ買う気持ちが固まっていない
 お客様を心理的な手法を用いて
 購買へ誘導するコンテンツ
 ではないということです

 お客様に商品情報をしっかり提供し、
 商品のメリットや他社製品との違いを
 ちゃんとご理解していただけた状態から
 最後に買う気の背中を押すのが
 このセールスコンテンツです 続きを読む »

コラム.184:商品の選び方コンテンツ

meki 2016年11月28日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 商品の選び方コンテンツ 】
 
 サイトを運営する側は
 掲載している商品の事を熟知しています
 
 例えばビスを選ぶときに
 何を基準に選べばいいのか
 運営側としては「ごく当たり前」の話として
 長さと太さについて理解していますが
 サイトに商品を選びに来た人は
 プロばかりだとは限りません
 
 そこでビスを販売するサイトなら
 ビスの選び方を紹介するコンテンツは
 とても有効です。

続きを読む »

コラム.182:WEB集客コンテンツの集約点

meki 2016年11月14日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 集客コンテンツの集約点 】
 
 このメルマガの中で
 ブログを読んで「役に立つなぁ」と
 思ってもらえたり、
 
 SNSで「いつも頑張っておられるなぁ」と
 感じてもらえることがサイト来訪に
 つながるという話をさせて頂きました
 
 こうしたブログやSNS経由で
 サイトに来られた時の事を考え、
 トップページで注意すべきことが
 二つあります

続きを読む »

コラム.178:SNSで集客策

meki 2016年10月17日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 SNSで集客策 】
 
 Facebookでは第一段階として
 「ページ」を作り「いいね」や
 「シェア」を増やしながら地道に
 認知度を上げます。
 
 Facebookの特徴として
 「個人のつながり」で情報発信が多く
 個人がタイムラインに乗せるのは
 「私的」な情報が中心です。
 
 ビジネスと関わる記事でも
 「仕事で私にこんなことがありました」と
 いう程度までが一般的で、
 「この商品を買ってください」という
 ダイレクトなアプローチは好まれません。
 
 私共の実験ではセールスメッセージを含む
 営業情報を載せただけで「いいね」数は
 通常より半減しました。
 
 Facebookの使い方は営業訪問で
 お客様と雑談している感覚です。
 
 記事投稿では情報発信側が
 「元気にビジネスをやってる」事実が
 伝えられればそれでいいと思います
 
 第二段階として広告は作成された
 Facebookページを使って行います。
 
 ターゲットは細かく設定できますが
 ビジネスの意識でFacebookを見る人は
 少ないのでBtoBの宣伝にはあまり向きません
 
 個人向けの商品であればかなりの効果が
 出ていますので広告宣伝費を抑えながら
 やってみる価値は十分にあります。
 
 また20代までの若者がターゲットなら
 Twitterでツイートを行い、リツイート・
 フォローを増やしながら認知を高めるのも
 いい方法だと思います。
 
 FacebookもTwitterも時間がたてば
 情報はどんどん流されていきますので
 更新頻度はとても重要です。
 
 Facebookは1日1回、朝に画像付きで
 更新するのが効果的なようです
 
 Twitterは最低1日1回、効果を出そうと
 思えば数時間単位で更新しないと
 すぐに埋もれてしまいます。
 
 画像を入れると打てる文字数が減りますが
 画像が入った方が効果があります。
 
 短い文章になるので視認性も高く
 広告文に対するアレルギー反応は
 少ないですがリツイートは期待できません
 
 SNSのアカウントでは「つながり維持」を
 考え、広告で集客をしていきましょう
 
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 SNSでは個人のつながりが中心的な
 私的情報交換の場、
 ビジネスを持ち込むとうまいくいきません
 
 会社名でページを立ち上げ
 商品紹介をしてサイト誘導を図る
 この方法がSNS集客の正攻法といえます
 
 マーケティング部門 加藤

コラム.177:ブログで集客策

meki 2016年10月11日 火曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 ブログで集客策 】
 
 ブログは同じテーマで記事が蓄積され
 検索時に上位表示されやすくなります。
 
 ブログへのアクセスが増えれば、
 そこから被リンクをもらう会社サイトの
 よいSEO対策になります。
 
 注意が必要なのは記事内容が
 購入を促すセールスメッセージになると
 それまでアクセスが良くても
 読まれなくなる点です。
 
 読み手を「お客様になる前の人」と決め
 自分たちをよく知らない人たちに向けて
 自分たちの商品やサービスの
 背景にあるストーリーをお伝えする
 記事を書きましょう。

続きを読む »

コラム.174:コピーライティング

meki 2016年9月20日 火曜日 by meki

◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』

【 コピーライティング 】

 WEBサイトを作るとき、
 文章を「どうするのか」は大きな課題です
 普通の人は記事を書くのが苦手で、
    どう話を書けばいいのか思いつきません

 そこで、プロに頼む手もありますが
 「現場の方が頑張って書く」方が
 ライターが書くより、リアルだと思いますので、
 参考までに私なりの書き方をご説明します。 続きを読む »

コラム.170:新たな用途の提案

meki 2016年8月22日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 新たな用途の提案 】
 
 商品やサービスの新たな用途提案を行って
 需要を創り出していきましょう
 
 新たな用途提案による需要が
 大きくなれば商品化も考えられますが
 まずは売り場・販売者が新たな用途を
 提案していきます。
 
 新たな用途を見つけるには
 お客様のお声を聞くことです。

続きを読む »

コラム.168:お客様アンケート

meki 2016年8月1日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 お客様アンケート 】
 
 お客様に商品やサービスを評価してもらい、
 サイト運営に役立てましょう
 
 購入されたお客様を対象にメールを送り
 お問合せフォームの改造や
 WEBサービスで提供されているものを
 利用してアンケートを実施します。
 
問1)どこで当社商品・サービスを知りましたか
 
 認知経路はとても重要です。
 重要な情報伝達媒体が何かを
 しっかりと確かめておきましょう
 
問2)どの製品・サービスを買われましたか
 

続きを読む »

コラム.165:ブログ・SNSの利用

meki 2016年7月11日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 ブログ・SNSの利用 】
 
 ブログやSNSには二つの
 使い道があります
 
 一つ目はブログ・SNSで
 情報発信をして興味を持ってもらい
 集客につなげる方法です。
 
 例えばフェイスブックで
 会社ページを作り、そこで情報発信すれば
 「お友達」を自社サイトへ誘導できます
 
 この情報発信ではポイントが
 いくつかあります

続きを読む »

コラム.162:対話ツールを用意する

meki 2016年6月20日 月曜日 by meki

◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』

【 対話ツールを用意する 】

 サイトを見て興味はあるけど
 購入の決断までいけないことが
 あると思います。

 問い合わせフォームへの記入や
 電話をするところまで気持ちが
 いかなくて、ためらいながら
 サイトを離脱してしまう。

 このようにせっかく購入意欲が高まった
 お客様をちょっとした事で
 逃してしまうケースは多くあります

 そんな時にチャットで気軽に聞ける
 ツールがあれば便利です。
 お客様はサイトを見ながら
 すぐに質問できます

 ツィッターでのお客様対応を
 強化する会社が増えています 続きを読む »