ホームページで儲ける方法

商売繁盛メール108:シーズン2 ベストメルマガ④

meki 2015年3月23日 月曜日 by meki

アンカー・アンド・カンパニー社の商売繁盛メルマガ
シーズン3は4月からスタートすることになり、

3月はシーズン2の中で特に反響があったメルマガを
もう一度お送りさせて頂きます

 今日は、ホームページで儲ける方法 より
「ホームページは公開直後から陳腐化が始まる」を
 お届けします。

【ホームページは公開直後から陳腐化が始まる】

ホームページが出来たぁ!やれやれ終わったぁ~

ホームページが出来上がった時はとても嬉しいものです。
その解放感はよく分かります。時間を掛けて一生懸命作ってきた
サイトが出来たのですから、今までの苦労から
「できたなぁ」と感慨にふけるのは当然と言えます。

しかし残酷なお話しをすると
ホームページは出来たその瞬間から徐々に陳腐化が始まります。

例えば雑誌を考えてみて下さい。
今日発売!という日に真新しい雑誌を手に取ると
とても新鮮な気持ちで読むことができます。

ところが時間が経つと、その雑誌は「古雑誌」と
呼ばれるようになり、やがて廃品回収に出されてしまいます。
実はホームページもまた同じ運命なのです。

情報を書き換えずに放置しておくと
情報価値は薄れていきます。
ネット上にあるデジタルコンテンツなので、
廃品回収に出されることはありませんが通常、
出来た当時の「価値」は時間経過とともに
損なわれていきます。

ですがホームページは
いつでも「書き換える」ことが出来ます。
印刷物のように変化しないものではなくデジタルだから更新でき、
あっという間に最新の情報にリニュアルできる強みがあります。

会社案内などの固定情報は
変更がない限りそのままにしておいて、
ニュースや商品・イベント情報で
古くなったものを削除し、新しいトピックスを
追加していけばいいのです。

1年またはある程度の区切りで
全体のサイトデザインを変更したり、
季節・イベントに合わせてトップのビジュアルやバナーなどを
変えたりするのも見る側にとっては
楽しめる要素だと思います。

自社の中にある情報を少しずつ、コンテンツ化して
更新をし続けながら整備していきましょう。
更新を続ければ訪問頻度は増えて、
知名度も上がってきます。

とは言え更新は手間がかかるもの
どうすればいいのかわからない事が
多いですよね

アンカーでは更新作業を
ご負担に感じておられるお客様に向けて
更新をお手伝いする「アップる(Upple)」サービスを
ご提供しています。

ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください
もちろん!ご相談は無料。
最適な対応策をご案内いたします。

商売繁盛メール104:ホームページで儲ける方法 【効果測定から改定へ】 

meki 2015年2月23日 月曜日 by meki

358457

  【効果測定から改定へ】 

 ホームページで効果測定をしたら
 その結果から対策を立てましょう。

 例えば直帰率の改善です。

 直帰率とは、訪れた1ページだけを見ただけで
 別サイトへ移動したユーザー(閲覧した人)の
 比率のことをいいます

 そのページ滞在時間が3~5分と長ければ
 じっくり見て貰えてたと言う事ですが、

 3秒程度ですぐに直帰してしまうユーザーが
 多い時はサイト表現に問題があります。

 例えば「お手軽リフォーム10万円から」という
 リスティング広告をしていたとしましょう。

 その広告をユーザーがクリックし、
 サイトに来てみたところ

 「100万円リフォームパックキャンペーン」
 というトップページ画像が
 ブラウザ画面いっぱいに
 表示されたらどうでしょう

 一般的に10万円のリフォームをイメージして
 サイトを訪れたのですから
 キャンペーン画像を見た瞬間に『これは違う』
 と思います。

 3秒で離脱されるのはこういう時です。

 たとえ、そのページをよく読めば
 『お手頃なリフォームは10万円から』
 という表現が中にあったとしても

 見た目でその表現がみつからなければ、
 すぐに離脱されると思います。

 この例も、たまたまキャンペーン画像を
 トップに掲載しただけなのですが
 途端に、直帰率が高まってしまったりします。

 直帰率が高いのは
 広告表現やサイトのキーワードと
 サイトのコンテンツを一致していない時です。

 制作者は常に直帰率・滞在時間という
 指標を確認し、悪化して来たらどこが一致して
 いないのかを考えましょう。

 外部の人に見てもらって、意見をもらいます。
 その上でお客様に有益情報をお届けできているかを
 考えながらコンテンツを調整します。
 
 1回のコンテンツ調整で直帰率が
 改善されるかどうかはわかりませんので、
 直帰率・滞在時間は確認し続けます。

 もし改善されなかったら別の調整を行って
 確認をし続けましょう。

 こうした確認、調整の繰り返しによって
 サイトづくりの経験値が高まります。

 どうすればお客様の心を捉えられるのか
 それが分かってきたとき、ホームページは
 もっと売れる・儲かるページに
 なっていきます。

 以上で『儲かるホームページ』完了と
 させていただきます。

 アンカーではホームページに関する
 アドバイス・構築・運用支援を行っています
 些細なことでも構いません。
 お気軽にご相談ください。

 アンカーは皆様のホームページを
 儲かるページに作り変えて参ります。

 3月からメルマガはシーズン3に入ります
 どうぞ、お楽しみに

 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール101:ホームページで儲ける方法【WEB広告を打つ】

meki 2015年2月2日 月曜日 by meki
Webdesign, Templates, Werbung, Präsentation, Design, Auswahl
 
【WEB広告を打つ】 
 
 ウェブ広告の基本は
 リスティング広告です。
 
 この広告はYahooやGoogleで検索された時に
 「検索されたキーワード」に応じて
 表示される広告のことです。
 
 例えば「保険を見直したい人」が
 保険会社を探そうと思い
 「保険 見直し」で検索した時に、
 検索結果の上や右側に
 表示されます。
 
 その広告には広告主のホームページへ
 リンクが張られていて、
 クリックした見込客を
 自社のホームページへ誘導できます。
 
 WEBでの集客は
 このリスティング広告が
 一番、理にかなってます。
 
 しっかりとしたホームページ
 コンテンツを作り上げたなら、
 リスティング広告を展開していきましょう。
 
 注意すべき点としては
 表示される広告内容と、リンク先の
 ホームページのコンテンツが
 連動していることです。
 
 表示されたホームページのコンテンツが
 充実していなければ、
 お客様はがっかりします。
 
 お客様にご満足いただける
 コンテンツに仕上がっているのか?
 広告を出す前に、しっかりチェックして
 おきましょう。
 
 またターゲットを考え
 キーワードを選びも大切です。
 お客様が検索しそうな言葉を選ぶのは
 SEO対策と同じですが、
 
 ホームページに埋め込んだ
 キーワードとは別に
 関連商品や生活シーンを考えて、
 
 ホームページに誘導したいお客様が
 検索しそうなワードを選んで
 リスティング広告を展開することも
 可能です。
 
 儲かるホームページにするために
 リスティング広告による集客はとても
 重要な役割を担っていきます。

商売繁盛メール098:ホームページで儲ける方法【コンテンツをどう作るか】

meki 2015年1月13日 火曜日 by meki

152036

【コンテンツをどう作るか】 

 ホームページ作りをする時、
 「コンテンツをどうするのか」が
 課題になります。

 文章を書く機会が少なかったり、
 情報整理に慣れない方が多いようで、
 原稿をお願いすると
 大抵、嫌な顔をされます。

 しかし殆どの場合、コンテンツは
 既に皆さんの中にあります。
 それを引き出す、私流コンテンツづくりの
 コツを今日はお伝えしたいと思います。

●共感を呼ぶ創業ストーリーを作る場合

 会社には必ず創業ストーリーがあり、
 そこには「ちょっといい話」が潜んでいます。

 では、次の質問の答えをメモに
 書き出しみてください。

 「起業を思いついたのはいつですか?」
 「それはどういうきっかけでしたか?」
 「どこで起業しましたか?」
 「その時、協力してくれたのは誰でしたか?」
 「一番最初の商品は何でしょう?」
 「最初、どうやって売りましたか?」
 「今までで最大の苦労は何でしたか?」
 「転機があればその話を聞かせて下さい」
 「今はどういう状況ですか?」
 「これからどうしていきたいですか?」

 メモを書き終えたら
 その内容を読んでみて下さい
 きっと原稿の下地が出来ていると思います。

 このように誰かに
 インタビューするように質問を考えて
 自問してみると、自分の中にある
 コンテンツは出てきます。

 出てきた文章は簡潔にまとめましょう。
 複雑な文章はWEBには向かないので、
 修飾語を少なく、できるだけ短文を
 つないで、構成します。

 創業時に苦労したことや協力者の話には
 感動的な場面が多くあります。
 そうした胸を打つストーリーからは
 「共感」が生まれます。

 最後に今と将来を語ることで発展する様子を
 読み手に伝えることができます。

 基本的に、こうしたコンテンツでは
 『熱き想いを語る』ことが求められます。

 書き終えたら読み返し、
 内容が熱いかどうかを
 確かめてみて下さい。

 胸にジンときたら合格です。

 こうした創業ストーリーだけでなく
 商品紹介にも、
 このインタビュー方式は使えます。

 ぜひ、自分自身にインタビューをして、
 コンテンツを引き出してください。

 もし、手詰まりになった時はサポートします。
 お気軽にご相談メールをお送り下されば加藤が対応
 させて頂きます。

 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール092:ホームページで儲ける方法【お客様の導線 2】 

meki 2014年11月17日 月曜日 by meki

【お客様の導線 2】 

 ホームページに来訪して下さった
 お客様にアクションを起こしてもらう
 導線づくりの続きです。

 トップページで強めの言葉を使って
 お客様の心を掴みます。

 例えば「対応が迅速」だと評価されている
 架空のリフォーム会社でトップページに掲載した
 「速さ品質No1宣言!」というリンクから
 引き継いだコンテンツページを
 考えてみましょう

(前回メルマガ お客様の導線1 http://anchor-company.asia/news/1569


■手短に内容を説明し、事例集へ誘導!

 クリックしてもらった言葉「速さ品質No1宣言」
 についての意味を説明します。

 クリックしたバナーやテキスト内容と
 クリック後に表示されるコンテンツが違うと
 不信感につながります。

 作り手側では同じように思えても、
 来訪者側は「言葉の違い」や内容のブレに
 とても敏感ですので注意しましょう。

 速さの対応で今まで高い評価を受けていることや
 迅速な対応ができている理由を簡潔に説明し、
 さらに品質へのこだわりへとつなげます

 この記事の中で事例に誘導します

 例えば「プロの眼!ムダなしリフォーム」といった
 表記です。

 対応の速さだけでなく、お客様のことを考えて
 「最適組み合わせ」の提示でも評価を頂いている。
 ムダのない提案をする営業姿勢を説明します。

 その営業結果として存在する「事例」へと誘導します


■納得の事例集

 事例集ではビフォア・アフターの写真を
 入れてどのようなリフォームであったのかを説明します。

 単に事例をメニューからのリンクで見てもらうのと、
 「前説明」を読んでから見てもらうのでは、好意度が
 変わります。

 前説明があると好意的な視点で見て貰えます。


■ご相談フォームページへの誘導

 各々の事例ごとに相談フォームへのリンクを張ります。

 「このリフォームが気になったらこちらでご相談」などで
 問合せフォームへ誘導します。

 ご相談フォームには自由記入だけでなく、
 良く聴かれる項目化しておき、
 チェックマークをつけるだけにします。

 例えば「気になった事例」の番号が選べたり、
 「詳しい話が聞きたいので連絡が欲しい」
 という項目にチェックをして送信できるようにしておくと
 連絡されるお客様には親切です。


 このような導線を作っておくと、実際に訪問になり
 営業に入ってからも楽に話ができます。

 ニーズはたくさんありますから導線は1本だけでは
 ありません。
 まだ気づいていない自社の強みから全く違う導線も
 考えられます。

 いろいろな実証実験を繰り返しながら、
 ホームページは徐々に売れるページに
 なっていくのです。

商売繁盛メール091:ホームページで儲ける方法【お客様の導線 1】

meki 2014年11月10日 月曜日 by meki

【お客様の導線 1】 

 ホームページに来訪して下さった
 お客様にアクションを起こしてもらうために
 たくさんの情報をホームページから持ち帰って
 もらいたいのが運営者の願いです。

 しかし情報をバラバラにページを
 作っておくだけでは
 こちらの思い通りに見てもらえません。

 そこで閲覧数の多いトップページから
 具体的に購入を検討してもらう
 コンテンツページへ訪問客を
 誘導する方法を考えましょう。

 突然ですが、
 みなさんにお伺いします

 御社の商品・サービスは
 何をアピールすれば
 注目していただけるのでしょうか

 言い換えると
 数ある商品の中から、
 どういう点を評価してもらって
 御社の商品やサービスは
 買って頂けているのでしょうか?

 導線を作るにはその分析が大切です

 例えば架空のリフォーム会社で
 考えてみましょう

 リフォームは住宅が傷んだ時や
 住む人の変化によってニーズが生まれますが
 その内容は様々で数えればきりがありません。

 そのポイントを知る手がかりは
 いまのお客様が何をポイントにして
 御社を選んで下さったのかです

 仮に以下のような項目で評価して頂けていると
 しましょう

●迅速な対応はいつも褒めて頂ける

●お客様の優先順位と予算に合わせ、
 「最適組み合わせ」の提示が親切だと
 言ってもらえる

 そして、御社のセールスの流れも確認しましょう
 このセールスの流れもホームページで再現します

●施行事例集を見て頂くと話が良く進む

 ここまで準備できれば、お客様導線を作れます

■トップページでお客様の心を掴もう!
 強めの言葉を使ってお客様の眼を引きます

 「速さ品質No1宣言!」
 迅速な対応でお待たせしないがモットーです
 確かなリフォームをお求めの方はココを
 クリック

 こうしたテキストやバナーを
 トップページの中に配置します。
 お客様の目を引いて、
 コンテンツページへ誘導していきます

※続きは「来週の次号」にてお読みください

商売繁盛メール087:ホームページで儲ける方法 【WEBサイトのデザイン】 

meki 2014年10月14日 火曜日 by meki
  【WEBサイトのデザイン】 
 
 WEBサイトのデザインには
 流行があります
 
 以前はボタンなどサイトのオブジェクトに
 影や立体効果を使ってとてもリアルに
 描くことが一般的でした。
 
 しかし今は立体的な表現は控えめで、
 45°の影を付けたシンプルな
 フラットデザインが流行しています。
 
 また以前は回線速度が遅く、
 技術的にも難しかった動画も一般的に
 なってきています。
 
 YOUTUBEを使えば、
 素人でも簡単に動画をホームページに
 埋め込めるようになりました。
 
 機器も進化し、スマホでサイトを見る
 人が増えてきているので
 PCのブラウザだけでなく、
 スマホでどう見せるのかを考える時代に
 なってきています。
 
 見せ方、動画をどう使うのか、
 サイトを見るデバイスの変化。
 
 わずかな期間でWEBの技術は
 飛躍的に進化し、ホームページは常に
 対応を求められます
 
 自社のホームページは
 少なくとも1年ぐらいの周期で
 リニュアルを考えましょう。
 
 せっかくのコンテンツをしっかりと
 見てもらい、儲けにつなげるためにも、
 サイトのアップデートは欠かせないのです。
 
 
 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール084:ホームページで儲ける方法 【メルマガとホームページ】

meki 2014年9月22日 月曜日 by meki
【メルマガとホームページ】 
 
 メルマガ「081号」、ホームページで儲ける方法の
 「資料請求でメアドをGET!」で
 メールでお客様と親密になれば、ビジネスに
 つながりやすくなる。というお話をしました。
 
  http://anchor-company.asia/news/1536
 
 
 メルマガでずっと良い情報を送り続けると、
 信頼関係が出来上がっていきます。
 
 メルマガで信頼関係の深さを測るには
 メルマガの中にホームページURLをリンクしておき、
 そのページへのアクセスを調べてみます。
 
 しかしお客様との間に信頼関係ができていても
 ホームページへの来訪はそれほど高くありません。
 
 実は購入タイミングのずれや
 紹介した商品の利便性がお客様ニーズと一致してない
 などリンクをクリックしてもらえるかどうかは
 信頼関係以外の要素も強く関連するからです。
 
 何度かホームページへのリンクを送る中で、
 徐々にでもアクセス数が伸びる傾向が
 確認できれば確実に信頼関係がビジネスに
 つながっていきます。
 
 
 メルマガはお客様を攻める
 「プッシュ型」のツールです。
 
 そしてホームページはメルマガの
 情報提供で動いたお客様をキャッチする
 守り「プル型」のツールです。
 
 ホームページだけだと、検索やその他の
 リンクからしか来訪が得られません。
 本当に待つだけしか手はないのです。
 
 しかしメルマガは情報を提供し、
 語りかけられます。
 目的のページをメルマガの中で
 示すことができます。
 
 信頼感のあるメルマガを活用することで
 ホームページは有望な見込客に見て貰え、
 儲かる仕組みへと変わっていくのです。

商売繁盛メール081:ホームページで儲ける方法【資料請求でメアドをGET!】

meki 2014年9月1日 月曜日 by meki
~資料請求でメアドをGET!~
 
 ホームページは「情報を発信」しますが、
 いつも「アクセスを待っている」状態です。
 Webdesign, Templates, Werbung, Präsentation, Design, Auswahl
 もう一度、ホームページに
 来ていただくためには
 こちらからお客様にご連絡できるように
 していく必要があります。
 
 そこで考えられるのが
 「資料請求」をしてもらう方法です。
 
 お客様にとって「資料請求」は
 ハードルが高い操作です。
 
 実務に役立つ魅力的な資料や
 お楽しみ頂けるデータをご用意して
 資料請求につなげましょう。
 
 資料は無料で、メルアドを入力すれば
 ダウンロードできるようにします。
 または登録アドレスに資料を
 添付ファイルとして、お送りします。
 
 例えば「リフォーム」など
 問題解決型の商品やサービスであれば、
 
 ユーザーがセルフチェックできるリストなどが
 資料として人気があります。
 
 資料請求してくれたお客様は「見込客」です。
 
 資料の後追いで補足説明を
 お送りしたり、
 
 ホームページの更新などの
 お知らに使いましょう。
 
 お送りするメールの中に
 「お気軽にお困りごとをお聞かせください」
 というメッセージも入れておきます。
 
 メールのやりとりを通じて、
 お客様と親密になれば、
 ビジネスへとつながる確率は
 格段に高くなっていきます。

 

 

商売繁盛メール077:ホームページで儲ける方法【SEOで集客】

meki 2014年7月28日 月曜日 by meki

 ~ キーワードは慎重に決めましょう ~

 利用者がグーグルやヤフーで
 「検索」したときに
 検索結果として自社サイトが少しでも上位に
 (30位以内程度に)表示されるよう
 仕組むのがSEO対策です。

 SEO対策で重要なのは
 「見込客が打ち込む検索語」
 (キーワード)が何かを
 予測するチカラです。

 例えば「保険 見直し」という
 キーワードで検索する人は
 保険会社から見たら
 「超見込客」ですよね

 保険会社のサイトなら
 できれば「保険 見直し」と検索された時に
 最上位(1番)に表示されたいと思います。

 ところが同じことを考える人が多ければ
 (競合が多ければ)検索結果の30位に入るのは
 至難の業になります。

 そこで重要なのはキーワードの選び方です

 グーグルで「保険 見直し」という
 言葉で検索された回数は
 月間で13,890回ほどです。

 競合度は「高」にランクされています

 もし、検索連動型広告で表示させると
 1クリック当たりのコストは
 957円になります。

 クリックしてもらうだけで約1000円払うことに
 なります。

 ところがキーワードが「大阪 保険」だと
 月間の検索回数は4,030回で、競合度は「低」。
 広告1クリック当たりのコストは375円です

 もしかしたら「大阪 保険」の方が効率が
 よいかも知れません。

 基本的な作戦としては
 ホームページのキーワードを検索回数は
 そこそこあるが、競合度の低いキーワードを
 設定するのが得策です。

 そうすると上位表示されやすくなります

 あなたの見込客が「使いそうな言葉」で
 ホームページのキーワードを設定しましょう

 競合が気がつかないような
 それでいて、お客様の気持ちから出る
 キーワード選びがSEO対策では
 とても大切なのです