【ホームページ応援隊】:新規顧客を獲得するコストが上がっている・・・

meki 2010年2月22日 月曜日 by meki

こんにちは目木知明です。

最近、「思ったように新規顧客の集客が出来ない、、、」

と相談を受けることが多々あります。

今までは、事業様みずからの経験から

この媒体に広告を掲載すれば、だいたい問い合わせが何件・・・

といった具合に予測がたっていました。

しかし、昨今はこの数字が全くアテにならない、と嘆いている社長様が多いことが現実です。

要するに、1件の新規顧客を獲得するまでのコストがあがっているということになります。

なぜ、思ったように問い合わせが来ないのか?!

私は情報が“ありふれている”からだと考えています。

実際、今日の生活環境ではパソコンやインターネットを使って

直ぐに欲しい情報をキャッチすることができます。

余談ですが、先日新聞を読んでいまして、現代人が3日間で取得する情報量は江戸時代の人の一生分だそうです!

それぐらい情報が溢れていることになります。

だからと言って、「仕方無い」と嘆いてばかりに行きません!!!

どの会社も困っていることが現実ですから

他社と違うプロモーションを行えば、今まで以上の成果が期待できる!と思って前向きに考えて行きましょう!

まずは、広告の内容をアレンジすることからどうですか?

本日はこのあたりで。

平成22年2月22日 目木知明

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:サービス単位でホームページを作成してよかった

meki 2010年1月25日 月曜日 by meki

「サービス単位でホームページを作成してよかった」

先日、とある会社の社長様から

「隊長ありがとう!」のお電話を頂きました。

この相談のあった社長様の会社は多種多様な業務を行っておりまして
「現在ホームページから全く問い合わせが無い↓↓↓」と
知人を介して相談を受けたことが始まりでした。

よくある広告の失敗例として
チラシやホームページを作成する際に、
全ての内容を詰め込んでしまおう!という事で
作成される方も少なくないと思いますが、、、

この社長様が現在作成されてたホームページも
典型的な詰込型のページだったのです、、、。 :cry:

そのため、問い合わせを増やすために、
私のほうが下記のような提案を行いました

「これから伸ばしていきたい事業に特化したホームページで作成するのは如何でしょう?

そのほうがホームページを見た利用者もどんな会社かすぐに理解できると思いますよ

結果として、自分にあったサービスであれば問合せされるのではないでしょうか?」 :-D

提案後、この社長様は
半分納得の半分イヤだ!という顔つきをしていましたが :twisted:
今回、新たな一つの事業に特化したホームページを作成して頂いたのです。

その結果、
「ホームページから初めて問い合わせが来たぁ~!」
ということでちょっと興奮気味にお電話があったのです。

やはりホームページは綺麗なものを制作するより
利用者目線で分り易いものが作成することが必要ですね!

今日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:Yahoo!検索 アルゴリズムがUpdate

meki 2009年12月21日 月曜日 by meki

こんちにはホームページ応援隊の目木知明です。

 

12月も中旬に入り、寒い毎日が続いていますね。

温暖のせいか、まだ寒さに慣れていないという感じです。

 

さて、本日の表題で

Yahoo検索でアルゴリズムがUpdateと記載しましたが

 

何が起きたかというと・・・

Yahooで検索した結果を表示する仕組みが変更されたのです。

 

「Yahooスタッフブログ」

http://searchblog.yahoo.co.jp/2009/12/yahoo_update_3.html

 

変更で、今まで上位表示されていたものが下がったり、

逆に上位表示されるかもしれません。

 

このYahooの検索の仕組み(アルゴリズム)は

ブラックボックスで誰も解らないのですが、

一つ言えることはYahoo側も

利用者に優良なコンテンツを提供しているホームページを

常に上位表示したいということになります。

 

わたしの結論としては、最低限のSEO対策は必要ですが

利用者のために最適なコンテンツを増やし続けているWEBサイトが

最終的に上位表示されると考えています。

 

年末になり挨拶周りなどでお忙しいかと思いますが

来期のホームページ戦略についても

そろそろ御検討されることが良いかと思います。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ホームページなんていらない

meki 2009年11月18日 水曜日 by meki

ホームページ応援隊 隊長の目木知明です。

 

ちょっと暖かかったのですが、また急に寒くなってきました。。。

これから本格的な冬の到来でしょうか?

日中は暖かいのですが、夕方がらほんと寒くなりますね!

風邪には十分ご注意ください。

 

本日のコラムは「ホームページなんていらない」をお届け増します。

 

先日、とある会社の営業社員の方からこんな相談を受けました。

 

(営業社員の相談内容)

 

この度、既存客の紹介で新規のお客様と契約できそうです。

しかし、そのお客様から

『社内でおたくの会社を稟議に上げて上司に説明する際に

会社の内容が分かるようなホームページはありませんか?

なければ1ページでいいから作ってもらえないですか?

それがないと上司共々おたくの会社を確認するために伺わないといけないので・・・

もしかしたら契約NGとなるかもしれない・・・』

 

と新規の契約先から言われたのです。

 

ここで問題なのが、この営業マンの会社の社長様が

「ホームページは要らない」主義者だったことです。

この営業社員から社長にお願いしても

「ホームページは必要ない」の一点張りだったようで、

親交のある私に相談がありました。

 

しかしこのパターンは、やぶへびで過去の経験上、

突付いてもヘビしか出てこない最悪のパターンなのです。

9割9分、説得は難しいと思いながらも私は承諾しました。

 

そして後日、この社長様を訪問し、簡単なご挨拶のあと、

本題のホームページのことを切り出すとすぐに厳しい表情となりました。

キョ・キョーレツな形相です!!眉間のシワがヒヤーという感じです。

 

いうまでもなく、御見積や資料はすぐにカバンに収納し、

話の論点を切り替えて失礼のないように退散しました。

「ホームページ不要」のオーラがガンガンに出ていたのです。

 

本当はこの社長様に

「現在どうやって新規の受注活動・営業活動を行っているのか」

を聞きたかったのですが、どうしてもそういう雰囲気にならず聞き出せませんでした。

 

帰社後、その会社がホームページを持たない理由を私なりに考えてみました。

①ホームページがなくても営業上、支障がない。

②いまのアナログ商売で経営が上手くいっているので作る理由がない。

③ホームページは無駄なコストである。

④ホームページが商売に繋がるとは思わない。

 

まだまだ理由はあるかもしれませんが、

 

こんな感じではないでしょうか?!

 

こういったホームページ不要論の社長様もいれば

「目木さん!今度新会社を設立するから早くホームページを開設したい!」

と相談される社長様もいらっしゃいます。

設立と同時にホームページが必要な理由とは、

本当に会社が存在することを証明するためでした。

 

もっともコストの掛からない方法で証明するには

会社のドメインを取得して、ホームページを作る必要があるという考え方をもっておられました。

 

たかがホームページ、されどホームページ。

考え方というものは、さまざまあるものですね!

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ホームページにもホスピタリティ

meki 2009年11月3日 火曜日 by meki

応援隊隊長の目木知明です。

 

急に寒くなってきました。。。もう11月!

今年も残り2ヶ月となってきました。年末に向けて販売促進がんばっていきましょう。

 

本日のお題は

「ホームページにもホスピタリティ」をお届けします。

 

昨今、「ホスピタリティ」という言葉をよく耳にするようになりました。

ホスピタリティとは、心を尽くした「まごころ」「思いやり」「もてなし」の精神のことです。

 

このホスピタリティがホームページ戦略にとっても大変重要です。

会社の思惑でつくった一方通行的なホームページではなく、

利用者の目線に立ったホームページが大切となります。

 

利用者目線のホームページというのは・・・

 

・サービス内容のわかりやすい記載、

 

・使い勝手がよいインターフェイス、

 

・豊富な事例、

 

・よくある質問をまとめたQ&A など、

 

とにかく利用者に喜んで頂く事を最優先にサイト全体を構成することです。

このホスピタリティ戦略はまさに他社との差別化戦略でもあります。

商売繁盛への第一歩は利用者目線による、わかりやすく、思いやりのあるサイト作りがポイントとなります。

 

わかりやすさをUPさせるWEBサイトづくりのポイント!

 

■サービス単位でホームページを作成し、わかりやすさを上げる

 

多くの事業内容が明記されたホームページをよく目にしますが、

一つの事業内容の紹介は1ページ程なので、

サービスについてよく理解できない場合が多いものです。

利用者目線に立つならば、事業単位でWEBサイトを作成する必要があります。

事業単位(サービス単位)でサイトを作成した場合、

詳しいサービス紹介や成功事例、お客様の声、契約までの流れ、Q&Aといった

情報量豊富なWEBサイトとなり、利用者側が期待する情報を得やすくなります。

その結果として、お問合せに繋がることでしょう。

 

■WEBサイトの名称に事業サービス名をつける

 

超有名な企業は、社名を聞くだけで事業内容を連想できます。

しかし中小企業の場合はそうはいきません。

そこで、事業単位でWEBサイトを作成し、

例えばダイレクトメール事業を神戸で行っている企業の例として、

『神戸ダイレクトメールセンター 運営:○○株式会社』と名称をつけるとどうでしょう?

この会社はダイレクトメールのお仕事をしているんだな!と

 

すぐに理解することができます。

「ホームページは荒野の一軒家」ともいいますが、

TOPページを見た瞬間に、会社の事業内容を理解させることが大切なのです。

そのため、WEBサイトの名称に事業サービス名を含めることで

利用者がすぐにその会社の事業サービスを連想・理解することが可能になります。

 

■タイトル名に事業サービス名をつけるとSEO効果もUP?!

 

タイトル名に事業サービス名をつけることは、

実はSEO対策にもとても有効で、新規の顧客を獲得しやすくなります。

例えば、神戸でダイレクトメール業者を探す場合

『神戸 ダイレクトメール』と検索しませんか?

ホームページの名称が“神戸ダイレクトメールセンター”となっていると、

検索キーワードがそのまま名称になっているのでSEO効果が非常に高いのです。

 

★サービスに特化したホームページはまさにユーザー視点

 

わかりやすさと検索エンジン対策に効果あり!

サービスに特化し、絞り込んだWEBサイトは利用者にも解りやすく、

情報量が豊富になり、SEO効果も高いということになります。

その結果、新規のお問合せ増につながると考えています。

 

ホームページは必ず利用者目線でつくること!

デザイン最重視ではなく「わかりやすい」が全てです。

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:YAHOOでTOPページにあってビックリしました!

meki 2009年10月15日 木曜日 by meki

こんにちは応援隊の目木知明です。

 

本日は弊社のお客様から狙ったキーワードで

YAHOOのTOPページに表示されたと感謝のメッセージがありました。

弊社は基本に忠実にホームページ制作を行っています。

 

他のホームページ制作会社も最低限のことを行っているかと思いますが、

本日は、弊社における制作時のSEO対策の実施内容について

ご説明させて頂きます。

 

是非、現在お付合いのあるホームページ制作会社に

どの程度のことまでを実施しているか確認してみてください。

 

応援隊のSEO対策の実施内容は、下記の通りです。

 

1.キーワード設定

 

2.キーワード文書設定

 

3.画像へのalt設定(画像を文字認識させて検索エンジンに読み込ませます)

 

4.yahoo,google,bingへのサイトマップ登録

 

5.yahoo,google,bingへURLの登録申請

 

6.主要サイトへのPING送信設定

PING送信とは

らくらく更新システムを更新すると主要なブログサーバ約100社に更新したことを

自動で通達していきます!更新すればするほどSEO効果ありです。

 

79800円のおてがるプランは安いので大丈夫かなぁ~とよく思われがちですが、

制作した後のデザイン、SEO対策は充実です!

まさに、至れり尽くせりな応援隊サービスです。

 

現在のホームページ戦略で重要な検索エンジンへの対策!

ほとんどのインターネット利用者は、ホームページを探し出す際に、

YAHOOやGoogle等の、検索エンジンを利用されています。。

 

皆様のホームページも、商売と連動する「キーワード」によって、

検索エンジンで上位ランク表示されるように基本的な要素を押さえる必要があります。

 

YAHOOとGoogleに上位で表示がされると

ホームページを見て頂く可能性は飛躍的にアップします。

まさに、ホームページのアクセス数は、SEO次第なのです。

 

検索エンジンで上位表示されないとお困りの経営者さま

なんなりとご相談くださいませ。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:情報発信メッセージ、いかにして自分の言葉で読み手に興味を持って頂くか

meki 2009年10月5日 月曜日 by meki

こんにちは応援隊の目木知明です。

 

本格的な秋の到来ですね!秋と言えば食欲の秋なのですが、

最近メタボが気になる隊長の私は

先日、弊社の応援隊サービスにお申し込み頂きました医院に

いま話題の「からだバランスチェック」に言って参りました。

 

バランスチェックの模様はこんな感じでした。

http://karada-kaizen.com/news/?p=85

いろいろ院長先生にご指摘をうけましたのでこれから改善していきます。

 

治療の際、院長先生より更新システムの情報発信の文書が自分のメッセージで作成できない・・・

どうしても文章が硬くなってしまい、自分の言葉としてメッセージを伝えることが

できないと悩んでおられました。

 

そこで本日の御題は、

「どのようにすれば自分のメッセージとして文書が書けるか!」

そして読み手に興味を持って頂くか!ををお伝えします。ちょっと長いフレーズですねゴメンナサイ。。。

 

では行きましょう!

 

まずは、もっとも難しいとされるのがはじめの書き出しのようです。

 

書き出しさえ上手くいけば、自分のメッセージで文書が出来る!といっても良いと思います。

 

ポイントはめちゃくちゃ簡単です。

 

書き出しのポイントは、

お客様でもお友達でも誰でも良いので

一人その方のことを思い浮かべてください。

 

写真をパソコンの横において頂いても結構です。

 

メッセージのポイントは、

この思い浮かべた方へお手紙を書くような形です。

これでなんと自分のメッセージで文書が書けるんです。

 

例えば、今回相談のあった院長先生の場合。

 

●●さん(思い浮かべた人をイメージして)、

 

こんにちは、お体の状況は如何ですか?

せめて3ヶ月に一回ぐらいは、バランスチェックに来院してくださいね。

こまめなチェックがカラダ予防に不可欠です。

さてさて、本日は●●について情報をお届けしていきます・・・・

 

こんな感じで、文書を記載していけば

自分の言葉の文書となりますね。

 

また、お客様であり、読者の方で

この冒頭の先生メッセージに該当する患者さんは、

最近、「院長先生のところに通っていないなぁ!

そろそろカラダのチェックに行こうかな」

なんて思って頂けるかもしれません。

 

情報の書き出しは、不特定多数ではなく。

自分がメッセージを投げ掛けたい人に向けて記載することでポイントです。

 

書くという作業は最初は面倒ですが

慣れてくれば、さっと記載できるようになります。

 

さ、皆様も今日からメッセージを一つ書いてみましょう!

レッツトライ!本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ホームページのページ量は、簡単に言うと軍勢です

meki 2009年9月26日 土曜日 by meki

こんにちは、高校野球の終わりと同時に急に涼しくなってきました。

今年は、仕事で東京から関西に来られている方が

高校野球の決勝戦が是非見たい!ということで

一緒に球場観戦していたのですが、すごい試合に遭遇しました!

9回表2アウトから6点差を追う日本文理は驚異的な粘りで

1点差の10-9まで追い上げる熱戦でした、

 

何事も最後まで諦めてはいけない!

と云う事を改めて感じさせてもらいました。高校球児に感謝です。

 

さてさて、本日は無料で出来る

検索エンジン上位対策についてコメントしていきます。

 

先日、とある不動産会社から全くホームページが上位表示しない。。。

といった相談を受けました。

 

相談よりこの不動産会社のホームページを見てみれば

ページ数が3ページ(TOP、会社概要、お問い合わせ)でした。

物件検索は大手企業のシステムを使っているので

ドメイン(アドレス)は大手企業のものなので

この不動産会社のホームページにはカウントされません。。。

 

ちなみにライバルの不動産会社を分析してみたところ、

ページ量はななんと、約6200ページ!

おそらく長い年月を掛けて少しずつページを増やしてきたのでしょう。

 

ホームページのページ量は軍勢です。

戦でライバルに勝ちたい場合は軍勢がライバルに勝ることも一つの大きなファクターです。。

 

今日は、ページ量は軍勢、戦のときの軍勢と同じで

ページ量が多いほどライバルサイトより上位に表示され易いということを認識ください。

 

検索の結果、この2社が同時表示されたとしても

利用者がどちらの会社に問い合わせするかは言うまでもないと思いますが。。。

 

検索エンジン上位表示のテクニックも大切ですが、

利用者に価値ある情報を多く提供することは、もっと重要なことだ!

ということで本日は終わりにします。

 

このあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ページ量は軍勢です(続編)

meki 2009年9月26日 土曜日 by meki

ページ量は軍勢です!(続編)

 

こんにちはホームページ応援隊 隊長の目木知明です。

朝夕、たいへん涼しくなってきました。秋の気配を少しずつ感じる今日この頃です。

 

さて、前々回のコラムでホームページのページ量は軍勢です!

とお伝えさせて頂きました。

 

その後、沢山の方から

「隊長、わかりました。少しずつ情報発信のネタを考えページを増やしていきます!」

とのお声を頂きました。

 

しかし、とある企業様から相談されたことですが、

自ら更新できないホームページの場合はどうなるんですか???という相談もありました。

 

この会社も、1週間に2ページずつほど増やし

月間8ページ、年間で約100ページ増やすことを考えています。

 

しかし、自らが更新できないホームページなので

すべての更新作業を業者に委託することになり(費用は、ホームページ制作業者によりけりですが)

1ページの追加は1万円くらいはするのではとお伝えしました。

100ページ作った場合、なんと100万円となりドヒャーって顔をしていました。

 

このお客様が無料のYAHOOブログやAmeba(アメーバブログ)で更新できないか?とも相談されましたが

この更新はおススメできない旨もお伝えしました。

 

理由はどれだけページを増やしても、ドメイン(ホームページアドレス)が自社のものではないため

軍勢には加わらないのです。

 

このお客様へは、弊社の「らくらく更新システム」付きの

ホームページが79800円なのでいっそうのことリニューアルしませんか!?と提案させて頂きました。

 

この「らくらく更新システム」ですが、

 

ただページの追加ができるだけでなく、例えば、お客様の声、新商品のご案内など

カテゴリーメニューを自分で作成できるので大変使い勝手がいいです。

また携帯サイトにも対応しているので、携帯サイトからの閲覧も可能になります。

大変ご好評頂いているシステムです。

 

すいません、営業トークで話が脱線してしまいました。。。

 

わたしの「ホームページ応援隊」サイトも2009年4月よりサイトがオープンしましたが、

少しずつページを増やしています。

 

読者の皆様も、お客様の声、事例紹介などホームページ利用者が喜びそうなネタを

1週間に最低1回は掲載することを考えてください。

1ヶ月に4ページ、年間で50ページの軍勢になります。

 

チリと積もればという格言もありますがお客様のタメになるであろうと思う情報は

どんどん発信していってください。

 

その結果がお問合せや受注につながると考えます。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ほんまにホームページって要りますか?

meki 2009年9月7日 月曜日 by meki

こんにちは応援隊 隊長の目木知明です。

 

まだまだ残暑が残りますね、ここ数日は真夏のような暑さが続いています。

熱射病には気をつけてください。

 

さて、本題に入ります。

先日、とある田舎のタクシー会社から相談があって訪問してきました。

相談内容はズバリ、「弊社にホームページは要りますか?」でした。

 

今回、問い合わせ頂いた担当者の親父が社長でして、

社長が「時代の流れに沿ってホームぺージを作成したら・・・」

といわれたそうです。

 

問い合わせ担当者曰く、

僕には、老人の多いこの町にホームページをつくること事体が

無駄な経費になると思いまして・・・誰も見ないでしょう?というのが相談でした。

 

ホームページ製作会社に、

ホームページ要りませんよね!という相談も珍しいのですが(笑)

 

この相談に、私の回答は地元に根付いたタクシー会社なんで

「いまさらホームページは要らないでしょう!」が回答でした。

 

ホームページ販売している私からの「要らないでしょう!」の回答に

 

問合せした担当者は「やっぱりそうでしょう!」

 

といいながら驚いていました。。。

 

しかし、このタクシー会社のある町は観光や温泉で有名な町です。

 

私が続いてホームページを地元の人向けではなく

市外の人向けに作成し、情報発信するのではあれば

価値あるホームページになるかもしれません!

 

ライバル会社がこの手の手法で

○○温泉、○○観光なら○○タクシーまで”

といったホームページを作成したら焦りませんか?とお伝えしたところ、

 

タクシー会社の担当者は、それは困る・・・というのが本音のようでした。

 

親父である社長に即刻相談します!ホームページにも作戦が必要なのですね!

ということで、この打ち合わせは終わりました。

 

実際、ほとんどの会社が

ただ単に、ホームページを作成した・作ったというのが実情です。

 

ただ何も考えずというと失礼なのですが

こういったホームページの場合、WEBに営業戦略が反映されていないので

ホームページの効果について測定できないが実情です。

 

このタクシー会社が温泉や観光などのキーワードでホームページを作成し

1年間で全く問い合わせがない場合、

たとえば、アクセス数が多いのに問い合わせがなかった。。。

この場合は、観光とタクシーをセットしたプランに魅力がないのか

または金額が高いなど反省材料となります。

 

経営ではPDCAという言葉をよく耳にしますが

P(プラン)、D(実施、やってみる)、C(チェック)、A(アクト見直し)は

ホームページ戦略においても不可欠ということになります。

 

タクシー会社はホームページを作るのでしょうか!?

これはまた次回以降、お伝えしていきます。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。