【ホームページ応援隊】:ホームページのページ量は、簡単に言うと軍勢です

meki 2009年9月26日 土曜日 by meki

こんにちは、高校野球の終わりと同時に急に涼しくなってきました。

今年は、仕事で東京から関西に来られている方が

高校野球の決勝戦が是非見たい!ということで

一緒に球場観戦していたのですが、すごい試合に遭遇しました!

9回表2アウトから6点差を追う日本文理は驚異的な粘りで

1点差の10-9まで追い上げる熱戦でした、

 

何事も最後まで諦めてはいけない!

と云う事を改めて感じさせてもらいました。高校球児に感謝です。

 

さてさて、本日は無料で出来る

検索エンジン上位対策についてコメントしていきます。

 

先日、とある不動産会社から全くホームページが上位表示しない。。。

といった相談を受けました。

 

相談よりこの不動産会社のホームページを見てみれば

ページ数が3ページ(TOP、会社概要、お問い合わせ)でした。

物件検索は大手企業のシステムを使っているので

ドメイン(アドレス)は大手企業のものなので

この不動産会社のホームページにはカウントされません。。。

 

ちなみにライバルの不動産会社を分析してみたところ、

ページ量はななんと、約6200ページ!

おそらく長い年月を掛けて少しずつページを増やしてきたのでしょう。

 

ホームページのページ量は軍勢です。

戦でライバルに勝ちたい場合は軍勢がライバルに勝ることも一つの大きなファクターです。。

 

今日は、ページ量は軍勢、戦のときの軍勢と同じで

ページ量が多いほどライバルサイトより上位に表示され易いということを認識ください。

 

検索の結果、この2社が同時表示されたとしても

利用者がどちらの会社に問い合わせするかは言うまでもないと思いますが。。。

 

検索エンジン上位表示のテクニックも大切ですが、

利用者に価値ある情報を多く提供することは、もっと重要なことだ!

ということで本日は終わりにします。

 

このあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ページ量は軍勢です(続編)

meki 2009年9月26日 土曜日 by meki

ページ量は軍勢です!(続編)

 

こんにちはホームページ応援隊 隊長の目木知明です。

朝夕、たいへん涼しくなってきました。秋の気配を少しずつ感じる今日この頃です。

 

さて、前々回のコラムでホームページのページ量は軍勢です!

とお伝えさせて頂きました。

 

その後、沢山の方から

「隊長、わかりました。少しずつ情報発信のネタを考えページを増やしていきます!」

とのお声を頂きました。

 

しかし、とある企業様から相談されたことですが、

自ら更新できないホームページの場合はどうなるんですか???という相談もありました。

 

この会社も、1週間に2ページずつほど増やし

月間8ページ、年間で約100ページ増やすことを考えています。

 

しかし、自らが更新できないホームページなので

すべての更新作業を業者に委託することになり(費用は、ホームページ制作業者によりけりですが)

1ページの追加は1万円くらいはするのではとお伝えしました。

100ページ作った場合、なんと100万円となりドヒャーって顔をしていました。

 

このお客様が無料のYAHOOブログやAmeba(アメーバブログ)で更新できないか?とも相談されましたが

この更新はおススメできない旨もお伝えしました。

 

理由はどれだけページを増やしても、ドメイン(ホームページアドレス)が自社のものではないため

軍勢には加わらないのです。

 

このお客様へは、弊社の「らくらく更新システム」付きの

ホームページが79800円なのでいっそうのことリニューアルしませんか!?と提案させて頂きました。

 

この「らくらく更新システム」ですが、

 

ただページの追加ができるだけでなく、例えば、お客様の声、新商品のご案内など

カテゴリーメニューを自分で作成できるので大変使い勝手がいいです。

また携帯サイトにも対応しているので、携帯サイトからの閲覧も可能になります。

大変ご好評頂いているシステムです。

 

すいません、営業トークで話が脱線してしまいました。。。

 

わたしの「ホームページ応援隊」サイトも2009年4月よりサイトがオープンしましたが、

少しずつページを増やしています。

 

読者の皆様も、お客様の声、事例紹介などホームページ利用者が喜びそうなネタを

1週間に最低1回は掲載することを考えてください。

1ヶ月に4ページ、年間で50ページの軍勢になります。

 

チリと積もればという格言もありますがお客様のタメになるであろうと思う情報は

どんどん発信していってください。

 

その結果がお問合せや受注につながると考えます。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ほんまにホームページって要りますか?

meki 2009年9月7日 月曜日 by meki

こんにちは応援隊 隊長の目木知明です。

 

まだまだ残暑が残りますね、ここ数日は真夏のような暑さが続いています。

熱射病には気をつけてください。

 

さて、本題に入ります。

先日、とある田舎のタクシー会社から相談があって訪問してきました。

相談内容はズバリ、「弊社にホームページは要りますか?」でした。

 

今回、問い合わせ頂いた担当者の親父が社長でして、

社長が「時代の流れに沿ってホームぺージを作成したら・・・」

といわれたそうです。

 

問い合わせ担当者曰く、

僕には、老人の多いこの町にホームページをつくること事体が

無駄な経費になると思いまして・・・誰も見ないでしょう?というのが相談でした。

 

ホームページ製作会社に、

ホームページ要りませんよね!という相談も珍しいのですが(笑)

 

この相談に、私の回答は地元に根付いたタクシー会社なんで

「いまさらホームページは要らないでしょう!」が回答でした。

 

ホームページ販売している私からの「要らないでしょう!」の回答に

 

問合せした担当者は「やっぱりそうでしょう!」

 

といいながら驚いていました。。。

 

しかし、このタクシー会社のある町は観光や温泉で有名な町です。

 

私が続いてホームページを地元の人向けではなく

市外の人向けに作成し、情報発信するのではあれば

価値あるホームページになるかもしれません!

 

ライバル会社がこの手の手法で

○○温泉、○○観光なら○○タクシーまで”

といったホームページを作成したら焦りませんか?とお伝えしたところ、

 

タクシー会社の担当者は、それは困る・・・というのが本音のようでした。

 

親父である社長に即刻相談します!ホームページにも作戦が必要なのですね!

ということで、この打ち合わせは終わりました。

 

実際、ほとんどの会社が

ただ単に、ホームページを作成した・作ったというのが実情です。

 

ただ何も考えずというと失礼なのですが

こういったホームページの場合、WEBに営業戦略が反映されていないので

ホームページの効果について測定できないが実情です。

 

このタクシー会社が温泉や観光などのキーワードでホームページを作成し

1年間で全く問い合わせがない場合、

たとえば、アクセス数が多いのに問い合わせがなかった。。。

この場合は、観光とタクシーをセットしたプランに魅力がないのか

または金額が高いなど反省材料となります。

 

経営ではPDCAという言葉をよく耳にしますが

P(プラン)、D(実施、やってみる)、C(チェック)、A(アクト見直し)は

ホームページ戦略においても不可欠ということになります。

 

タクシー会社はホームページを作るのでしょうか!?

これはまた次回以降、お伝えしていきます。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:検索エンジンで上位表示されない・・・どうすれば?

meki 2009年9月3日 木曜日 by meki

こんにちは9月に入りました。

今年も残り4ヶ月、WEBで商売販売に繋がるよう頑張っていきましょう!

 

前号に引き続き、今回はこのような問い合わせがありました。

 

SEO対策(検索エンジン対策)としてホームページの作成時に

キーワード設定したのですが、なかなかYAHOOで上位表示されません・・・

 

実際、ホームページを開設したもののYAHOOやGoogleでなかなか上位表示されない・・・

とお悩みになっている企業さま、ショップさまが多いことが現実です。

 

皆様はどうでしょうか。

 

では、なぜ、ホームページが上位表示されないか?

理由は沢山ありますが、大きな問題となる部分について本日はお伝えしていきます。

 

まず、ホームページ内部の問題としては下記の問題が考えられます。

 

・サイトタイトルにキーワードが含まれていない (インターネットエクスプローラーで青い帯に表示される部分です)

 

・サイト内に適切なキーワード設定が施されていない。 (ホームページ上で右クリックしてソース表示 keywordsの部分です)

 

・サイトを説明する文書にみキーワードが含まれていない。 (ソース表示のdescriptionの部分です)

 

・画像や写真にテキストが設定されていない。 (検索エンジンは画像を読み込むことができないので、画像にテキストを設定し読み込めるようにします)

 

内部以外の問題としては、被リンクが少ないということが大きな問題となります。

 

他のホームページに多くリンクされていることは

このサイトは、非常に人気があるいいサイトであると検索エンジンが認識するため

上位にランク表示するという簡単な仕組みです。

 

巷では、ホームページランクの高いサイトにリンクを貼ってもらうと良いとかありますが

無料で登録できる個人運営などの検索エンジンもありますので、どんどん登録して

まずは数で勝負してみてください。

 

実際、上記お伝えしていた内容で一緒にコツコツと検索エンジン対策を行っていたとある会社がありました。

本日のコラムの表題の「YAHOOで上位表示されない・・・」とお困りの企業様です。

 

8月のお盆明けから、いろいろと施策を行ってきましたが

本日、狙っていたキーワードで「YAHOO1位になりました」とお喜びの声を頂きました。

 

最後に、このご相談を頂きました企業の担当者様が

 

非常に良いメッセージを残されましたので、ここでご紹介します。

「検索エンジンで上位表示され、ようやく本格的にネットで勝負ができそうです。」

どれだけ良いホームページを作成してもYAHOOなどの大手検索エンジンで上位表示されなければ

効果測定もできず悩んでいたようでした。

 

何はともあれ、ベストな効果が出て、隊長としてはホッとしました!

要望されたキーワードをYAHOOで検索した結果では

約2000万サイトもありましたので、最初は不安でしたが・・・

 

よかったよかったです。

 

弊社、ホームページ応援隊は

超低価格ハイクオリティーホームページの作成サービスに

プラスSEO対策も完備し、皆様に価値を感じて頂けるサービスに今後も磨きをかけて行きたいと思います。

最後は所信表明のようになりました!

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ホームページを使って攻めよう、自分で作る無料広告媒体!

meki 2009年8月10日 月曜日 by meki

前号で、見た目がお洒落でデザイン重視のパンフレット型ホームページを作成している企業が

大半というお話をしました。

 

実際、こういった企業さまからなんとかWEBの情報発信したい!という相談をよく受けます。

それも安く!というのが、中小企業様の依頼で多いです。

弊社でリニューアルして頂けると助かるのですが・・・です。

 

こういった情報発信できないサイトでも

実現デキル広報戦略について本日はお伝えしていきます。

 

まず、皆様に質問ですが、あなたの会社・SHOPのホームページは

どの部分が更新できますか???

 

日常の業務の中で、必ず、お客様の声や参考事例、最近のよくある質問など

ホームページを見た人が欲しがる情報を得る機会が沢山あると思います。

ホームページは、こういった情報をタイムリーに発信するからこそ価値があります。

 

そのため、更新できる部分が全く無いホームページは

広報戦略的に厳しいと思います。

 

しかし、この更新できないホームページを活かす方法として

ブログというツールを使い、情報発信をすることが可能です。

 

そんなの分かっている!と思われている方も多いと思いますが

なかなか継続的に実行できている会社・SHOPが少ない現実です。

 

ホームページの更新が全くできないホームページでも

ブログを活用すれば情報発信は可能です。

 

このブログの活用の方法ですがカテゴリーごと、伝えたい項目の単位で

一つのブログを作成されることが

ホームページ利用者にとっても見やすいと思います。

 

項目単位のブログという部分が重要です。

一つのブログで全ての情報を掲載している企業・SHOPもありますが

正直なところ見難いブログサイトが多いです。

 

ブログサービスは無料のところが多いですので

いくつ作成しても費用負担になりません。

 

そのため、伝えたいカテゴリー単位で

作成していくことがベターだと考えています。

 

例えば、このようなカテゴリーに分けた場合、如何でしょうか?

 

・新商品特集ブログ

・SHOP日記ブログ(お店であったこと感じたことの日記)

・お客様の声、成功事例集

・イベント情報、イベント結果報告などなど

 

このような形で項目ごとにブログを分け、

今のホームページにブログバナーを張るだけで

 

ホームページがイキイキとしてきませんか!?

 

この複数サイトによるブログ戦略の凄いところは

ブログの各ページを、企業のオフィシャルサイトやその他のブログとリンクを張ることで

被リンクになりSEO対策にも大変効果的です。

 

8月のこの時期は、商売がもっとも難しい時期と言われています。

この期間に少しホームページのテコ入れをされては如何でしょうか!?

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:あたなの会社のホームページはどんなタイプですか?

meki 2009年7月27日 月曜日 by meki

ホームページ応援隊の目木知明です。

 

今日のテーマは、あなたの会社のホームページは

「パンフレットタイプ?」それとも

「営業マンタイプ?」ですか?をお届けします。

 

どこが違うの?と思われた方も多いのではないでしょうか?

まず、簡単にご説明します。

 

パンフレットタイプのホームページとは

その名のとおり「会社のパンフレット」をイメージしてください。

最近ではパンフレットを作成する会社も減ってきましたが、

綺麗な写真に合わせてフレーズが散りばめられたホームページです。

 

こういったホームページは、いわばデザイン重視のホームページです。

会社やショップで、まず一つホームページを持たなくては!

と思った際に真っ先に作成する、もう既に作成している、

ホームページパターンです。

 

日本のほとんどのホームページが

このパンフレットタイプのホームページと言ってよいと思います。

 

かんたんに言うと、会社の存在を示す、信用力をPRする広報戦略です。

 

このパンフレットタイプはそんなにページ量も多く必要ないので(5~10ページ程度)

会社概要、代表メッセージ、サービス案内、営業時間・地図、お問い合わせ程度のため

着手し易く、すぐに完成できるホームページです。

 

では次に、営業マンタイプのホームページについてです。

 

この営業マンタイプのホームページ“営業マン”ですから、よくお話をします。

営業マンタイプのホームページの特徴は、一つのサービスに特化したホームページで

営業マン自らがTOPページなどに登場し自らが手がけた案件の紹介、成功事例、失敗事例、お客様のこえなど

日々の活動をメッセージとして発信するホームページが営業マンタイプのホームページです。

 

わたしは、他社のどの営業マンよりも詳しい(プロフェッショナル)ですよ!

と情報量でPRしているホームページもあります。

 

どちらが良いという訳では無いですが

まずホームーページを持ちたい!

 

という企業様、SHOP様はパンフレットタイプの制作を心掛けることが良いかと思います。

 

オフィシャルはホームぺージは既にあるが

いまいち反応が少ないなぁ・・・これからは営業マンタイプで攻めて行きたい!

と思われの企業さま、ショップさまは

 

次回、このパンフレットタイプのホームページを起点とした

販売促進戦略についてコメントしますのでお楽しみにしてください。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:サイトネーミングの重要性について

meki 2009年7月26日 日曜日 by meki

インターネットの利用者の心理をついたサイト作りをしていますか?

 

パート3 サイトネーミングの重要性について

 

こんにちは、ホームページ応援隊 隊長の目木知明です。

 

本格的な梅雨で不快指数100%の毎日が続いていますね。

皆様、お元気に過ごしていますでしょうか!?

最近メタボ対策にランニングを始めましたが始めたとたんに雨が続き

早くも出ばなをくじかれた隊長です・・・

 

さてさて本日は前回の続きで

インターネットの利用者の心理をついたサイト作りの

サイトネーミングの重要性についてお届けします。

 

まず、サイトネーミングというのはホームページの名前です。

ホームページの左上にロゴなどをつくってホームページ名称としていますよね!

これがサイトネーミングです。

 

あなたの会社のホームページは

どのようなサイトネーミングでしょうか!?

 

私が思うサイトネーミングとは

インターネット利用者がサービスをイメージしやすい

ネーミングが効果的と考えています。

 

たとえば、キャノンとかトヨタと聞けば誰もがサービスを理解できますね。

しかし、一般に中小企業の場合は、

企業名を聞いたとしてもサービス内容まで連想することは不可能です。

 

そこで最近ホームページづくりで大切なのがサイトネーミングというワケです。

 

最近すすめているプロジェクトで

とある都市の人材派遣会社のホームページを作成しています。

 

人材派遣会社なのでエントリー登録をさせることが

もっとも重要なポイントとなります。

インターネット利用者が検索エンジンで

どのようなキーワードで就職情報を集めているか

調べたところ以外な結果が判明しました。

 

この人材派遣会社が拠点としている「都市名(○○市)+人材派遣」で

検索している人は皆無に乏しく(月間500件も検索がありませんでした)

「都市名(○○市)+求人」というキーワードで検索している人が

一ヶ月に10000万件以上も検索されていました。

 

そこでこの人材派遣会社は「○○市と求人」をキーワードに

サイトネーミングを考えることで現在プロジェクトを進行中です。

 

またサイトネーミングにキーワードを組み込むことで

SEO対策にたいへん効果的です。

 

例えば、大阪でダイレクトメール業者を探す場合に

『大阪 ダイレクトメール』と検索しませんか?

サイトネーミングが“大阪ダイレクトメールセンター”となっていれば

検索キーワードがそのまま名称になっているのでSEO効果が非常に高いといえます。

 

皆様もホームページのリニューアルや新たな事業のホームページづくりには

サイトネーミングについて深く考えることをオススメします!

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:もっとも簡単にできる検索上位への王道テクニック

meki 2009年7月16日 木曜日 by meki

こんにちは、ホームページ応援隊 隊長の目木知明です。

前回はページランクについてコメントしました。今日はその続きです。

 

ホームページを立ち上げた場合、

知り合いの会社とホームページの相互リンクを

依頼したり、依頼されたりしますよね。

 

リンクをお願いしたい側の意図としては

多くの人に作成したホームページを知っていただくことが

大きな理由かと思います。

 

この外部のホームページにリンクを張ってもらうことは

SEO対策(検索上位対策)に非常に重要です。

(TOPページのリンクがもっとも効果が高いといわれています)

 

特に、ページランクの高いサイトにリンクを張ってもらうと

自社のホームページのランクがあがるともいわれています。

 

当然、ページランクが上がるということは

googleでの検索結果で上位表示されやすいという仕組みです。

 

こういう仕組みになっているんです!

 

でも実際問題、公的な機関や有名な大企業など

ページランクの高いホームページから

外部リンクを獲得することは非常に難しいです。。。

 

そこで、もっとも簡単でページランクの高いところに

リンクを張ってもらうサービスが大手検索エンジンへの登録となります。

 

もっとも有名なものがYAHOO!カテゴリです。

YAHOO!のスタッフの審査を経てカテゴリに登録されたサイトは、

YAHOOの検索で大きなプラス効果となります。

 

googleやyahooで検索順位を上げるために

いろいろ実施されている方もいるのですが

SEOの王道とも言えるYAHOOカテゴリ登録を実施していない企業様も多い現状です。

 

まだ、YAHOOカテゴリに登録されていない企業さま、SHOPさまは

YAHOOカテゴリ登録を検討してはいかがですか。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:ホームページにランクがあるって知っていましたぁ~!?

meki 2009年7月7日 火曜日 by meki

こんにちは、ホームページ応援隊 隊長の目木知明です。

 

梅雨が続きますね・・・皆様、お元気に過ごしでしょうか!?

最近、麦茶のがぶ飲みが止まらない隊長です。

 

さて、本日の話題はホームページにランクがあるって!?知っていましたぁ~。をお届けします。

 

ホームページランクですが、厳密というとGoogle社が独自の判断で

ランク付けしているページランクというものがあり10段階で評価しています。

 

例えば

 

・政府機関の内閣府、厚生労働省のサイトは8点

 

・商工会議所、大阪商工会議所の場合は7点

 

・有名企業のトヨタ自動車は7点、キャノンは6点

 

・検索エンジンのYAHOOは8点

 

といった具合です。

 

一般企業は、1点や2点のところが多く、3点、4点のところは情報量が多いなど

優良なコンテンツがあるということで、Google社評価されているホームページです。

 

ドメインを取得してから年数が長い企業やSHOPも

経営活動を長く営んででいるという視点より高く評価されているようです。

しかし、全く更新を行っていないホームページは評価されません・・・

 

別に評価が低いからといって気にすることはありません。

ただ、ページランクが高い場合、Googleで検索した際の表示順位が

上位に表示され易いようです。

 

ページランクはGoogleのツールバーから表示が可能です。

Googleのホームページで表示方法が掲載されています。

 

http://www.google.com/support/toolbar/bin/answer.py?hl=ja&ctx=options&ver=T6.1&tbbrand=&answer=79837

 

あなたのホームページは何点でしたか!?

 

応援隊のホームページは2009年の3月にドメインを取得し

現在、ホームページランクの3点、2点を行ったり来たりしています。

 

なんとか5点ぐらい表示できるホームページになるように

優良な情報を表示していきたいと考えております。

 

次回は、本日ご説明したページランクと

SEO対策の関係について、もう少し突っ込んでコメントしたいと思います。

 

本日はこのあたりで

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。

【ホームページ応援隊】:インターネットの利用者の心理をついたサイト作りをしていますか?

meki 2009年6月23日 火曜日 by meki

こんにちは、隊長の目木知明です。

すっかり夏という感じの暑さが続いていますね・・・

さてさて本日は「インターネット利用者の心理をついたサイト作り」についてお話していきます。

 

まず、簡単な質問をひとつ。一言でお答えください。

「なぜインターネット利用者はインターネットを使うのでしょう?」

 

つまらない質問かもしれませんが、改めて考えてみてください。

 

では、シンキングタイム!です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ハイ、それでは正解です。

 

答えは「簡単に多くの情報を集められるから」です。

 

つまらない・・・と思わないでください。

 

インターネットを使用する理由の多くは、情報を集めているからなのです。

 

何か買いたいものがあった場合、皆さんは何で情報を集めますか?

新聞、雑誌、テレビ、電話帳・・・などいろいろありますが

 

的確な情報を最も早く簡単に得るにはやっぱりインターネットですよね!

 

たとえばテレビを買い換えよう、と思った場合

まず、どんな商品があるのだろう!?と調べませんか?

もう商品が決まっている場合はどこで買うと一番値段が安いか、チェックしますよね?

 

このようにインターネットの利用者は情報を集めているのです。

 

そこでようやく本題ですが、このように情報を集めるという

インターネット利用者の需要に基づいたホームページ作りを念頭に置き、

何をしなければならないか考えていきましょう。

 

まず、十分なコンテンツ(情報)はありますか?

ライバルサイトと比べて見劣りするようであれば、直ぐに他のサイトへ行ってしまうことでしょう。

あなた自身が反対にお客の立場だった場合、

 

あなたの会社・SHOPのホームページで問い合わせや注文しようと思いますか?

注文したい!と思ったのであれば合格点のホームページではないでしょうか!?

 

せっかくあなたの会社が検索に引っ掛かってサイトに訪問したとしても

お客様を納得させるだけの情報が無ければ、すぐに別のサイトに行ってしまうことでしょう。

 

また、あなたの会社・SHOPのホームページは

問い合わせや注文へのナビゲーションはわかりやすいものでしょうか?

 

あなたの会社・SHOPのサービスや商品を利用したいと思ってもらえた方にとって

わかりやすいホームページとなっているでしょうか?

 

次回は、さらに具体的なコンテンツについて述べていきたいと思います。

 

本日はこのあたりで。

 

アンカー・アンド・カンパニー株式会社は、顧客の商売繁盛を考えるITカンパニーです。
永続的な商売(航海)のお手伝いをします。