コラム.194:採用ホームページの重要性について

meki 2017年2月27日 月曜日 by meki

 

おはようございます、アンカー目木です。
2月第4週のアンカーの商売繁盛
メールマガジンをお送りします。

本日は昨今相談の多い、
採用ホームページの重要性について
お伝えしたいと思います。

事業拡大はしているけど
採用活動には苦戦。。。
そんな声をよく耳にします。 続きを読む »

コラム.193:ターゲットを明確にする方法

meki 2017年2月20日 月曜日 by meki
 
 
おはようございます、アンカー目木でございます。
 
商売繁盛メールマガジンをお届けします。
本日はマーケティングチームから
ターゲットへのPR戦略についてのメルマガとなります。
 
存在する需要に合わせて
提案販売する戦略から
 
新たなターゲットを決め
新しい需要を作っていくことにも
踏み込んでいます。
 
売上アップに向けて
ぜひともご参考にして下さい。

続きを読む »

コラム.192:SEOはGoogle対策ではなくユーザー目線で

meki 2017年2月13日 月曜日 by meki
 
アンカー目木でございます。おはようございます。
 
アンカーの商売繁盛メールマガジンをお届けします。
2月に入り、Googleの検索アルゴリズムに動きがありました。
今週はSEOについてお伝えします。
 
 
【SEOはGoogle対策ではなくユーザー目線で】
 
Google日本法人が2月3日、
日本語検索のアルゴリズムを変更したと発表しました。
内容の薄い記事ページを大量に掲載するサイト
(いわゆるキュレーションメディア)について、
検索にヒットしにくくしたようです。

続きを読む »

コラム.191:「企業の個性」を際立たせましょう

meki 2017年2月6日 月曜日 by meki
 
おはようございます、
アンカー目木でございます。
 
早いもので本日は2月6日。
新年があけ約1ヶ月が経過しました。
 
年始に掲げた目標は順調に進んでおりますでしょうか。
初心を忘れず一年間走り抜けましょう。
 
さて、本日のメルマガは
マーケティングチーム加藤より
「お客様は価値を買っている」をお送りします。
 
はっきりした個性によって小さなビジネスを
選ばれる存在にしていきましょう。

続きを読む »

コラム.190:農業もSEOもトライ・アンド・エラーの繰り返し

meki 2017年1月30日 月曜日 by meki
 
アンカー目木です。
週末は雨が少し振りましたが
気温も高く外でも過ごしやすい週末でした。
わたしは8年前から耕作放棄地を借りて
週末農業メキメキファームを行っております。
 
素人農業なので、なかなか良いものができませんが
試行錯誤、トライアンドエラーを繰り返しながら
子どもたちに手作り野菜を食べさせるを
目的に行っております。
 
さて、私の仕事でトライアンドエラーと言えばSEO。
昨年の9月にGoogle検索アルゴリズムの
大幅なアップデートがあり、日々進化しているGoogle。
 
本日のコラムは皆さんが大変気になるところの
検索エンジン対策(SEO)について記載したいと思います。
 
もう既に取り組まれている企業様も多いかと存じますが
継続的にホームページを動かしていく上で、
取り組むべきことを、まとめました。
ご参考にしてください。
 

続きを読む »

コラム.189:お客様は価値を買っている

meki 2017年1月23日 月曜日 by meki
 
おはようございます、アンカー目木でございます。
 
グッと冷え込んだ月曜です。
 
風邪、インフルエンザにはお気をつけ下さい。
 
移動・出張の多い私ですが、電車を降りる度に手洗い・うがいを励行しています。
 
とにかく体が資本。健康元気に商売繁盛、頑張って行きましょう!!!
 
 
さて、本日の「アンカー商売繁盛メールマガジン」をお届けいたします。
 
皆さまの商売繁盛のお役の立てればとはじめたコラムも早5年。
 
シーズン5のスタートです。
 
本日のコラムは、「お客様は価値を買っている」です。

続きを読む »

コラム.188:2017年の動向  ビジネスのどこで商機を見出すべきか!

meki 2017年1月16日 月曜日 by meki
おはようございます、
アンカー目木でございます。
 
「アンカー商売繁盛メールマガジン」をお届けいたします。
 
2017年も15日が過ぎました。
私は、今宮戎で商売繁盛祈願、故郷の播州赤穂の
とんど祭りで無病息災をお祈リ致しました。
 
とにかく1年間、皆さまの商売繁盛のために
走り抜ける所存でございます。
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
さて、本年のアンカーメルマガは、
皆さまからの相談の多い、
最近のSEOやスマホ、WEBでの集客など
日頃のサポート活動の中で実施した手法や
最新情報を私目木よりお伝えしていきます。
 
マーケティングチームの加藤は、従来どおり
商売繁盛に繋がるコラムを担当させて頂きます。
 
それぞれの専門分野で書いていきますので、
本年もアンカーメルマガを宜しくお願い致します。
 
今回は新年特別号ということで
2017年、ビジネスのどこで商機を見出すべきか
マーケティングの加藤が記載しました。
 
下記どうぞお読みください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
「2017年の動向
 ビジネスのどこで商機を見出すべきか!」
 
 
 ビジネスに一番影響する要素は
 「トランプ大統領就任」でしょう
 
 減税と財政出動でアメリカ政府がお金を
 使ってくれそうな予想から好景気へという
 流れになって、株は上昇傾向。
 
 もし最大消費地であるアメリカが好景気
 になれば当然、日本のものも売れるので
 恩恵にあずかることができます。
 
 でも期待したほどではなかったときに
 損失につながるかもしれません。
 
 では、国内のアベノミクスはどうでしょう
 確かに民主党政権時から比べると
 良くはなってますが劇的には
 変わってないですよね。
 
 この状況は仕方ないと思います。
 
 劇的に物を買う=消費する人々が
 いないのですから
 どれだけ店を作ろうと、
 セールを仕掛けようと、
 需要が増えるわけではなく
 競争に勝つためなので
 爆発的な売り上げは期待できません
 
 小さなビジネスはどこで商機を見出すかが
 まさにポイントになります。
 
 鍵は「お客様密着」にあると
 私は思っています。
 
 ネットで買うのが一般的になった今、
 ただ売るだけ・買うだけなら
 ネットには勝てません。
 「夜に注文して翌日に届く」これ以上に
 合理的な買い物はないですよね
 
 でも何を買っていいのかわからない
 選びきれない人たちはアドバイスがほしいと
 考えています。
 
 自分にはどの商品がぴったりなのか
 わからないから検索ができないのです
 そばに寄り添い、話を聞いてくれて、
 最適なものをアドバイスしてくれる
 そういう専門家になれば
 ビジネスはまだまだ伸ばせると思います。
 
 2017年
 みなさまの商売がますますご繁盛しますよう
 こころよりお祈り申し上げます
 
 そしてアンカー&カンパニーに
 お手伝いをさせていただければと思います
 どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
 
マーケティングチーム・加藤
 
 
【過去のメルマガ一覧はこちら】
「もう知っていること」
「すでに取り組んでおられること」かも知れませんが、
 ご存知のない方にとっては、
 きっと商売のヒントにしてもらえる情報だと考えます。
 http://anchor-company.asia/mail.html

年末年始の休業日のお知らせ

anchor 2016年12月28日 水曜日 by anchor

下記期間を年末年始のお休みとさせていただきます。

2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)まで休業いたします。

2017年1月5日(木)より、開始となります。

何卒、宜しくお願いいたします。

コラム.187:これからのWEBマーケティング

meki 2016年12月26日 月曜日 by meki
◆ これからのWEBマーケティング 
 
 WEBマーケティングは
 SEO対策をはじめ、アクセス解析、
 リスティングなど広告実施や
 ブログ・SNS・メルマガを使った相乗効果で
 サイトやランディングページへの
 誘導を効果的に行うための活動を指します
 
 こうしたマーケティング手法をどう統合して
 効率よく使うかがこれからの課題で、
 2017年は「WEBマーケティングの戦略立案」が
 ますます問われる年になると思います
 
 どのサイトで新規客とコンタクトして
 自社サイトに誘導後、コンテンツを提供し
 納得して買ってもらうのか
 
 顧客になってもらった後のフォローも考え、
 広がっていく「ビジネスストーリー」を
 まず考えることが大切です
 
 その上でいくつかお勧め施策をご紹介します

続きを読む »

コラム.186:セールスコンテンツ

meki 2016年12月19日 月曜日 by meki

◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』

【 セールスコンテンツ 】

 お客様に自社が持っている
 専門知識や技術情報を提供して
 複数回の来訪を促す集客コンテンツ
 とは違い、セールスコンテンツとは、
 直接、来訪者にアクションを
 促すコンテンツです

 間違ってはいけないのは
 まだ買う気持ちが固まっていない
 お客様を心理的な手法を用いて
 購買へ誘導するコンテンツ
 ではないということです

 お客様に商品情報をしっかり提供し、
 商品のメリットや他社製品との違いを
 ちゃんとご理解していただけた状態から
 最後に買う気の背中を押すのが
 このセールスコンテンツです 続きを読む »