2016年10月

コラム.180:ネットの数字

meki 2016年10月31日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 理 論 編 』
 
【 ネットの数字 】
 
 改めてサイト管理の数字を見ておきましょう
 
●セッション数(訪問数)
 いわゆるアクセス数。
 ホームページを見始めてから
 いろいろページを見て、去ってしまう
 までの一連の行動で1セッションです
 
●ページビュー(PV)
 ページビューは1回の訪問において
 来た人が見たページの数です。
 1ページしか見ずに他のサイトへ
 移動されることを「直帰」と呼びます
 
●ページ毎のページビュー
 そのページが何回見られたかを示します
 
●コンバージョン(CVR)
 ネットショップで言えば売上件数、
 問い合わせが欲しいホームページなら
 問い合わせ件数といった、
 ホームページで出た成果件数を、
 セッション数で割った割合のこと。
 
 ちなみにCVRはどれだけ良くても
 1%前後と言われています。
 
■数字の分析
 
【 セッション数が少ない 】
 原因は認知不足です。
 コンテンツに自信があれば広告しましょう。
 コンテンツの自信がなければ見直しや改良
 などが必要です。
 
【 PVは高いけどCVRが低い場合 】
 サイトに来訪後、計画通りにお客様が
 動いておられないのが原因と考えられます
 主にコンテンツ内容にずれがないか
 または目的に結び付けるためのコンテンツを
 考え直しましょう。
 
【 PVが低くCVRも低い場合 】
 コンテンツの魅力が乏しく、あまりページを
 見てもらえず、目的も達成できていません。
 次第にセッションが落ちる可能性があるので
 コンテンツを見直しましょう。
 
【 特に直帰率が高い 】
 直帰率の高さは「お客様が求めている」
 コンテンツではないという証ですので
 サイトの見直しは必須です
 
 結局サイトは「コンテンツ次第」です
 修正を加えたらどの指標が変わったのかを
 確かめてください。PV・CVRが上がれば
 支持を得たということです。
 直帰率が下がればお客様に違和感なく
 受け入れられたと言えるでしょう。
 
 細かくサイト調整をしてセッション数を上げ、
 結果が得られるサイトを目指しましょう
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 数字は具体的なサイトの
 修正ポイントまでは
 までは教えてくれません。
 
 しかし、改善すべき警告を
 与えてくれる指標なので絶えず
 チェックしていきましょう
 
 マーケティング部門 加藤

コラム.179:注目ネット広告媒体

meki 2016年10月24日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 理 論 編 』
 
【 注目ネット広告媒体 】
 
 リアルな接触で興味を持ってくれた
 人だけが来てくれるサイトではなく、
 
 不特定多数の来訪者を呼び込むためには
 広告が必要です。
 
 おススメはソーシャルメディア
 Facebook、Twitter、Lineでの広告です
 
 料金体系は概ねクリック課金で、
 リスティング広告に比べてその単価が低く
 小さな会社でも取り組みやすい広告です

続きを読む »

コラム.178:SNSで集客策

meki 2016年10月17日 月曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 SNSで集客策 】
 
 Facebookでは第一段階として
 「ページ」を作り「いいね」や
 「シェア」を増やしながら地道に
 認知度を上げます。
 
 Facebookの特徴として
 「個人のつながり」で情報発信が多く
 個人がタイムラインに乗せるのは
 「私的」な情報が中心です。
 
 ビジネスと関わる記事でも
 「仕事で私にこんなことがありました」と
 いう程度までが一般的で、
 「この商品を買ってください」という
 ダイレクトなアプローチは好まれません。
 
 私共の実験ではセールスメッセージを含む
 営業情報を載せただけで「いいね」数は
 通常より半減しました。
 
 Facebookの使い方は営業訪問で
 お客様と雑談している感覚です。
 
 記事投稿では情報発信側が
 「元気にビジネスをやってる」事実が
 伝えられればそれでいいと思います
 
 第二段階として広告は作成された
 Facebookページを使って行います。
 
 ターゲットは細かく設定できますが
 ビジネスの意識でFacebookを見る人は
 少ないのでBtoBの宣伝にはあまり向きません
 
 個人向けの商品であればかなりの効果が
 出ていますので広告宣伝費を抑えながら
 やってみる価値は十分にあります。
 
 また20代までの若者がターゲットなら
 Twitterでツイートを行い、リツイート・
 フォローを増やしながら認知を高めるのも
 いい方法だと思います。
 
 FacebookもTwitterも時間がたてば
 情報はどんどん流されていきますので
 更新頻度はとても重要です。
 
 Facebookは1日1回、朝に画像付きで
 更新するのが効果的なようです
 
 Twitterは最低1日1回、効果を出そうと
 思えば数時間単位で更新しないと
 すぐに埋もれてしまいます。
 
 画像を入れると打てる文字数が減りますが
 画像が入った方が効果があります。
 
 短い文章になるので視認性も高く
 広告文に対するアレルギー反応は
 少ないですがリツイートは期待できません
 
 SNSのアカウントでは「つながり維持」を
 考え、広告で集客をしていきましょう
 
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 SNSでは個人のつながりが中心的な
 私的情報交換の場、
 ビジネスを持ち込むとうまいくいきません
 
 会社名でページを立ち上げ
 商品紹介をしてサイト誘導を図る
 この方法がSNS集客の正攻法といえます
 
 マーケティング部門 加藤

コラム.177:ブログで集客策

meki 2016年10月11日 火曜日 by meki
◆ WEBマーケティング
◆  『 実 践 編 』
 
【 ブログで集客策 】
 
 ブログは同じテーマで記事が蓄積され
 検索時に上位表示されやすくなります。
 
 ブログへのアクセスが増えれば、
 そこから被リンクをもらう会社サイトの
 よいSEO対策になります。
 
 注意が必要なのは記事内容が
 購入を促すセールスメッセージになると
 それまでアクセスが良くても
 読まれなくなる点です。
 
 読み手を「お客様になる前の人」と決め
 自分たちをよく知らない人たちに向けて
 自分たちの商品やサービスの
 背景にあるストーリーをお伝えする
 記事を書きましょう。

続きを読む »

コラム.176:バナー広告事例

meki 2016年10月3日 月曜日 by meki
◆ バナー広告事例 
 
 サイトに置くバナーのデザインを改善すれば、
 獲得数(コンバージョン)を飛躍的に
 高められる場合もあります
 
 まず、基本的なバナーデザインのルールを
 みておきましょう。
 
1)文字数は極力抑える
 
 バナーが「何の情報につながっているのか」が
 瞬間的に分かるように表現します。
 もちろん、できるだけ文字数を減らします。

続きを読む »