2015年5月

商売繁盛メール115: 販促アイデア【 チラシの基本構造 】

meki 2015年5月25日 月曜日 by meki
◆ 販促アイデア ◆
【 チラシの基本構造 】
 
 チラシの主目的は
 「売りにつなげる」ことです。
 そのために必要な構造を見てみましょう。
 
1:目立て!
 
 「なんやこれ!」「カッコいいやん!」と
 お客様の視線を奪うことが大切です。
 
 ターゲットや取扱い商品にもよりますが
 奥ゆかしさは不要です。目立ちましょう。
 
 キービジュアル(主役の画像)と
 キャッチコピー(引き込む文章)は
 アイキャッチ(視線を奪うもの)として
 とても重要な役割を果たします。
 
 お客様視線で、どうすれば目立つかを考え
 インパクトのある画像・コピーを考えます。
 とにかく「目を惹く」事にこだわりましょう。
 
 
2:わかるか?
 
 「何が書いてあるのかわからん」
 というのはチラシ失格です。
 
 まず説明文が読めるかです。
 文字の大きさや、文字色に注意します。
 
 そして読みやすさもチェックします。
 文章の切れ目や説明文の長さに
 注意しましょう。
 
 商品によっては説明を
 びっしり書き込む方が
 お客様に訴えかけられます。
 
 ストーリーがあればなおさらのこと。
 さらりと要約してしまわず、じっくり
 お伝えすることで購買意欲が沸きます。
 
 しかし、一般的に、
 チラシは軽く扱われがちです。
 「パッと見て、スッとわかる」
 すっきりとした文章でまとめましょう。
 
 また、どうすれば買えるのか。
 お店なら「お店の地図」、通販なら
 「申込みのフリーダイヤル」を掲載。
 その判りやすさも要チェックです。
 
 
3.:購入特典で背中を押す
 
 購入促進のチラシでは
 「割引」や「購入者プレゼント」など
 購入特典の掲載も忘れずに行います。
 
 ちょっとしたことでもお客様は動くので、
 何らかの購入特典を用意して下さい。
 
 こうした要素をまとめてから
 デザインはできればプロに任せましょう。
 
 同じ内容でも表現が稚拙だと反響が
 全く変わります。
 
 
 チラシデザインでお悩みの時は
 お気軽にご連絡ください。
 無料でご相談にお答えいたします
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 チラシ構造の基本は
 1.目立つ  2.判りやすさ 3.購入特典の掲載
 がポイント。デザインはプロに頼もう
 
 
 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール114:小さな会社のビジネスモデル【 顧客とともに成長する 】

meki 2015年5月18日 月曜日 by meki
◆ 小さな会社のビジネスモデル ◆
【 顧客とともに成長する 】
 
 お客様の成長や変化に合わせた
 サービスや商品を提供するモデルです。
 
 ベネッセは子供の成長に応じて
 うまくサービスを提供しています。
 
 幼児園に通っていた子供はやがて、
 小学生、中学生へと成長します。
 
 ベネッセは幼児教育で獲得した
 子供の成長に合わせ、それぞれの学年に
 合せた教育プログラムを提案できます。
 
 このやり方を学んで
 獲得したお客様の成長に合わせた
 ビジネス展開を図りましょう。
 
 例えばビジネス機器の販売会社で
 「起業したての会社」を新規に
 獲得したとします。
 
 最初、お客様の会社は人数も少なく、
 コピー・ファクスなどの機器は
 ローコストな低機能なもので十分です。
 
 一般的にご成約すれば販売終了ですが、
 このモデルではこの時点がスタートとなります。
 
 やがてビジネスが伸び2台目需要が発生する
 だろうと考える訳です。
 その時のビジネス規模や、将来の成長に
 合せた機器提案ができるように準備します。
 
 
 大切なのはその場限りの提案ではなく
 しっかりとモデル化することです。
 
 確かにお客様によって成長スピードや
 要件・必要なものが変わります。
 
 しかし多くのケースを分析して
 成長の法則を自分たちなりに発見しましょう。
 
 法則がまとまれば
 次に何を提案すれば採用してもらえるかが
 新人営業でもわかるようになり、
 「提案の採用確率」は抜群に上がります。
 
 お客様がビギナーから中級へ、中級から上級へ
 成長・変化する商売であれば
 必ずこのビジネスモデルは使えます。
 
 成長の法則がまとまれば、それが
 会社にとっての成功の法則になり、
 お客様の絶大な信頼を獲得につながります。
 
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 お客様の成長を考え
 必要なサービスや商品を準備・提供。
 常にお客様に寄り添いましょう
 
 マーケティング部門 加藤