2015年2月

商売繁盛メール104:ホームページで儲ける方法 【効果測定から改定へ】 

meki 2015年2月23日 月曜日 by meki

358457

  【効果測定から改定へ】 

 ホームページで効果測定をしたら
 その結果から対策を立てましょう。

 例えば直帰率の改善です。

 直帰率とは、訪れた1ページだけを見ただけで
 別サイトへ移動したユーザー(閲覧した人)の
 比率のことをいいます

 そのページ滞在時間が3~5分と長ければ
 じっくり見て貰えてたと言う事ですが、

 3秒程度ですぐに直帰してしまうユーザーが
 多い時はサイト表現に問題があります。

 例えば「お手軽リフォーム10万円から」という
 リスティング広告をしていたとしましょう。

 その広告をユーザーがクリックし、
 サイトに来てみたところ

 「100万円リフォームパックキャンペーン」
 というトップページ画像が
 ブラウザ画面いっぱいに
 表示されたらどうでしょう

 一般的に10万円のリフォームをイメージして
 サイトを訪れたのですから
 キャンペーン画像を見た瞬間に『これは違う』
 と思います。

 3秒で離脱されるのはこういう時です。

 たとえ、そのページをよく読めば
 『お手頃なリフォームは10万円から』
 という表現が中にあったとしても

 見た目でその表現がみつからなければ、
 すぐに離脱されると思います。

 この例も、たまたまキャンペーン画像を
 トップに掲載しただけなのですが
 途端に、直帰率が高まってしまったりします。

 直帰率が高いのは
 広告表現やサイトのキーワードと
 サイトのコンテンツを一致していない時です。

 制作者は常に直帰率・滞在時間という
 指標を確認し、悪化して来たらどこが一致して
 いないのかを考えましょう。

 外部の人に見てもらって、意見をもらいます。
 その上でお客様に有益情報をお届けできているかを
 考えながらコンテンツを調整します。
 
 1回のコンテンツ調整で直帰率が
 改善されるかどうかはわかりませんので、
 直帰率・滞在時間は確認し続けます。

 もし改善されなかったら別の調整を行って
 確認をし続けましょう。

 こうした確認、調整の繰り返しによって
 サイトづくりの経験値が高まります。

 どうすればお客様の心を捉えられるのか
 それが分かってきたとき、ホームページは
 もっと売れる・儲かるページに
 なっていきます。

 以上で『儲かるホームページ』完了と
 させていただきます。

 アンカーではホームページに関する
 アドバイス・構築・運用支援を行っています
 些細なことでも構いません。
 お気軽にご相談ください。

 アンカーは皆様のホームページを
 儲かるページに作り変えて参ります。

 3月からメルマガはシーズン3に入ります
 どうぞ、お楽しみに

 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール103:1から始める広告広報【プレゼンテーション】 ※最終回

meki 2015年2月16日 月曜日 by meki

本日は、一から始める広告広報  『最終回』をお届けします。

  【プレゼンテーション】 

 広告広報ではプレゼン機会がたくさんあります。

 一番、よくあるプレゼン機会は交流会や
 新しいお客様に対して行う会社紹介です。

 このコンパクトに自社を案内するプレゼンを
 カンパニープレゼンと呼びます。

 会社の歴史沿革、業績、設備などを
 5分~10分程度で紹介するプレゼンですが
 このカンパニープレゼンを考えてみましょう。

 「通るプレゼンづくり」でもお話したことですが
 プレゼンのコツは話のポイントを絞り込むことです。

 例えばカンパニープレゼンでは
 極端に言えば『一口で言えばどんな会社なのか』が
 伝わればいいのです。

 どんな会社なのかを表すために
 一番いいエピソード、ストーリーを選びましょう。

 ぐんぐん伸びている会社なら
 市場環境の話から入って、
 我が社の業績、業界内のポジション、
 将来の位置予測などを説明すると
 よいでしょう。

 社会に貢献したいという想いで立ち上げた会社なら
 創業者がなぜ起業を思いついたのか
 といった話からスタートし、コンセプトや
 将来ビジョンを語りましょう

 堅実に地元密着する会社であれば
 スタッフとお客様との交流のエピソードを
 中心にプレゼンを作ってもいいと思います

 広告広報担当者としてプレゼン中に
 考える事は「どうすればしっかり伝わるだろう」
 という点に尽きます

 誠心誠意、真っ正直に丁寧にプレゼンし、
 「ご質問はございませんでしょうか」と問いかけ
 終わってからもその場を立ち去るまで
 質問が来るのを待ち続けて下さい

 この態度をしっかりと身につけ、
 よいプレゼンができるようになってください

 プレゼンのチカラはそのまま広告広報の
 チカラになっていきます。

商売繁盛メール102:通るプレゼンづくり【プレゼンは丁寧に】

meki 2015年2月9日 月曜日 by meki

 【プレゼンは丁寧に】

 プレゼンが通るのは内容が良い
 というのは当然ですが、その他にも
 資料、パワーポイントが解りやすい。
 色が綺麗だ。図表がよくまとまっている。
 そうした点が評価され、通ることもあります。

 また、話す力も大切です。

 プレゼン態度が素晴らしいと、
 それだけでよい評価がもらえます。

 反対にプレゼンが下手な人は
 ステージに出るだけであがってしまい、
 うまく説明できないことがあります。

 お客様の反応が悪い時に
 やりがちな重大ミスとして、

 その場の思いつきでプレゼン内容を
 変えたり、エピソードを入れたりする
 ことがあります。

 しかし急場では、まとめられずにさらに焦り、
 お客様の反応がますます悪くなる
 という恐ろしいミスです。

 どれだけ反応が悪くてもプレゼン内容は途中で、
 変えないようにしましょう。

 プレゼンで伝えたい話を理解してもらう
 という目的を達成することも大切ですが、

 同時にあなたの信頼を勝ち取る場にしましょう。

 そのために何をすべきか。

 方法は初心者にもできる
 簡単なことです。

 それは丁寧に
 プレゼンすることです。

 真剣に何かを伝えようとすると
 人は自然に前向きになります。

 その上で丁寧に話せれば、
 内容もさることながら
 あなたの気持ちは必ず聞く人に伝わります。

 見栄えの良い書類、わかりやすいスライド、
 よく通る声、まるでアナウンサーのような語り口。

 それらの要素はあなたが示す誠実さに比べれば
 単なるお飾りにすぎません。

 丁寧に、落ち着いてプレゼンすることによって
 あなた個人のファンになってもらいましょう

 それがプレゼンを通していくポイントにも
 なっていくのです。

 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール101:ホームページで儲ける方法【WEB広告を打つ】

meki 2015年2月2日 月曜日 by meki
Webdesign, Templates, Werbung, Präsentation, Design, Auswahl
 
【WEB広告を打つ】 
 
 ウェブ広告の基本は
 リスティング広告です。
 
 この広告はYahooやGoogleで検索された時に
 「検索されたキーワード」に応じて
 表示される広告のことです。
 
 例えば「保険を見直したい人」が
 保険会社を探そうと思い
 「保険 見直し」で検索した時に、
 検索結果の上や右側に
 表示されます。
 
 その広告には広告主のホームページへ
 リンクが張られていて、
 クリックした見込客を
 自社のホームページへ誘導できます。
 
 WEBでの集客は
 このリスティング広告が
 一番、理にかなってます。
 
 しっかりとしたホームページ
 コンテンツを作り上げたなら、
 リスティング広告を展開していきましょう。
 
 注意すべき点としては
 表示される広告内容と、リンク先の
 ホームページのコンテンツが
 連動していることです。
 
 表示されたホームページのコンテンツが
 充実していなければ、
 お客様はがっかりします。
 
 お客様にご満足いただける
 コンテンツに仕上がっているのか?
 広告を出す前に、しっかりチェックして
 おきましょう。
 
 またターゲットを考え
 キーワードを選びも大切です。
 お客様が検索しそうな言葉を選ぶのは
 SEO対策と同じですが、
 
 ホームページに埋め込んだ
 キーワードとは別に
 関連商品や生活シーンを考えて、
 
 ホームページに誘導したいお客様が
 検索しそうなワードを選んで
 リスティング広告を展開することも
 可能です。
 
 儲かるホームページにするために
 リスティング広告による集客はとても
 重要な役割を担っていきます。