2014年10月

商売繁盛メール089:通るプレゼンづくり【写真加工はオフィスで!】 

meki 2014年10月27日 月曜日 by meki
【写真加工はオフィスで!】

 通るプレゼン資料に画像は欠かせません

 前回085【スマートアートを活用する】では図表の
 作り方をご説明しましたが、今回は画像加工のツール
 について話をさせて頂きます

  バックナンバー085:【スマートアートを活用する】
   http://anchor-company.asia/news/1548

 

 素人が撮った写真はあまり明るさを
 意識しないで撮影することが多く、
 写真全体が暗かったり、
 色が冴えなかったりします

 photoshopがあれば写真の明るさ・コントラストを
 調節できますが、
 グラフィックの素人にとってphotoshopは
 値段も技術も敷居が高いソフトなので
 デジカメで撮った写真はそのまま掲載されることが
 多かったと思います
 
 実はMS Office2010には強力な画像編集機能が
 ついています。
 この画像編集昨日はWordでも、Excelでも、
 Powerpointでも使えます。

 Office2010のファイルの中に画像を貼り付けると
 「図ツール」というリボンが開きます。

 このリボンの左端に「背景の削除」「調整」
 といったアイコンのグループが見えますが

 これが画像編集機能メニューです。

 例えば「背景の削除」では簡単な操作で背景を
 透明にできます。

 「修正」では明るさやコントラストの調整
 が可能です。
 「色」ではトーンの調整やモノクロ画像が
 作れます。

 さらにphotoshopのフィルターに似た機能まで
 あります。

 「アート効果」を使うと手描きの絵にした
 ような感じに写真を加工できたりします。

 さすがにプロツールのように細かな設定は
 できませんが素人でも使いやすいように
 うまく作られています。

 今までデジカメで撮った写真を
 ただパワポに貼りつけるだけだった皆さん、

 図ツールを使って貼んだ画像を
 よりよい、見栄えのよいものにして
 プレゼンをカッコよく仕上げて下さい

 キレイな画像はプレゼンの理解を
 きっと深めてくれます。

商売繁盛メール088:ビジネスフロンティア【フェイスブックの使い方】

meki 2014年10月20日 月曜日 by meki
【フェイスブックの使い方】
 
 たくさんの人が参加している
 facebookをビジネスに使えないだろうか
 という発想はごく自然なものです
 
 しかし一般的な売り込みや広告的なメッセージは
 あまり好まれません
 
 個人的にfacebookを楽しんでいる人は
 営業メッセージを不愉快だと感じます
 
 私自身もfacebookで売り込みをされると
 ある種の拒否反応を示しますし、
 実際にビジネスのニオイが漂わせた私の書込みは
 他の記事に比べ、反応がよくありませんでした
 
 しかし専用ページを作って受注をされたり、
 定期的なイベントへの集客を成功させて
 いらっしゃる方がおられます
 
 特に「飲食系」では成功例が見られ、
 商品のリピート購入にも向いているようです
 
 つまり、商品自体をご存知の方が
 facebookで信頼できる人から買っている
 またはfacebookでしか買えないから買っている
 という図式が成り立っているようです。
 
 このやり方は普通のビジネスにも使えると
 思います。
 
 どういう使い方ができるのかと言えば
 顧客フォローにfacebookを使い、
 リピート購買へとつなげることです
 
 使い方は簡単です。
 
 まずお客様とfacebook上の友達になって
 もらいます。
 
 そして、自分の日常を掲載します。
 ビジネス上知って欲しい情報は自分の主観として
 掲載しましょう
 
 例えば「新製品が出たから嬉しい」のように
 個人の感想として載せます。
 
 決して「必要な方にはサンプルをお送りします」とか、
 「商品のセールスポイント」を書いて「如何でしょうか」と
 売り込んではいけません
 
 「嬉しい」とか「誇りに思う」などの感想を述べる
 ただそれだけいいのです
 
 この何気ない情報伝達が役立ちます。
 
 例えば1年以上、ご無沙汰してしまった方でも
 facebookでつながっていると、お会いした時に
 その1年のタイムラグがまるでなかったかのように
 自然に会話ができます。
 
 「ところで、facebookで書いてた新製品って
 どういう商品?」
 
 もしお客様に興味があればこうした質問が出ます
 これこそが、facebookで行うビジネスです。
 
 売るのではなく信頼を得られた人と交流を深める。
 あなた自身に興味を持って頂き、それがビジネスに
 つながる。
 
 それがfacebookを上手くビジネスへ使う方法だと
 言えるでしょう。

 

商売繁盛メール087:ホームページで儲ける方法 【WEBサイトのデザイン】 

meki 2014年10月14日 火曜日 by meki
  【WEBサイトのデザイン】 
 
 WEBサイトのデザインには
 流行があります
 
 以前はボタンなどサイトのオブジェクトに
 影や立体効果を使ってとてもリアルに
 描くことが一般的でした。
 
 しかし今は立体的な表現は控えめで、
 45°の影を付けたシンプルな
 フラットデザインが流行しています。
 
 また以前は回線速度が遅く、
 技術的にも難しかった動画も一般的に
 なってきています。
 
 YOUTUBEを使えば、
 素人でも簡単に動画をホームページに
 埋め込めるようになりました。
 
 機器も進化し、スマホでサイトを見る
 人が増えてきているので
 PCのブラウザだけでなく、
 スマホでどう見せるのかを考える時代に
 なってきています。
 
 見せ方、動画をどう使うのか、
 サイトを見るデバイスの変化。
 
 わずかな期間でWEBの技術は
 飛躍的に進化し、ホームページは常に
 対応を求められます
 
 自社のホームページは
 少なくとも1年ぐらいの周期で
 リニュアルを考えましょう。
 
 せっかくのコンテンツをしっかりと
 見てもらい、儲けにつなげるためにも、
 サイトのアップデートは欠かせないのです。
 
 
 マーケティング部門 加藤

商売繁盛メール086:1から始める広告広報【共感を得る】

meki 2014年10月6日 月曜日 by meki


  【共感を得る】 


 広告・広報の重要な要素に
 「共感」があります。

 共感とは発信したメッセージが
 お客様に「なるほどそうだな」と
 感じてもらうことです。

 言い換えるとお客様にメッセージが
 「正しく届くこと」だとも言えます。


 お客様と価値観が同じだと
 伝えたい商品・サービスの価値が
 納得してもらいやすく、

 大幅な値引きや、過剰なサービスは
 不要になります
 
 「こういう思想で作られている」
 「こうした考え方で売られている」

 こうしたメッセージが
 共感できるものなら
 お客様は商品やサービスを
 安心して買えるし、
 使うことができます

 広告や広報ではお客様の共感を得て、
 商品やサービスを浸透させていくのが
 大きなテーマです。

 どうすればもっとたくさんの人に
 共感してもらえるんだろう?
 という課題は永遠です。

 変化する時代やお客様に合せて
 共感を得られるメッセージも
 少しずつ変化し続けるからです。

 広告・広報の仕事は
 今という現在、共感を得られる
 メッセージを作る仕事だとも
 言えるのです。