2013年12月

年末年始の休業日のお知らせ

meki 2013年12月26日 木曜日 by meki

下記期間を年末年始のお休みとさせていただきます。

12月28日(土)~1月5日(日)まで

1月6日(月)より、開始となります。

何卒、宜しくお願いいたします。

アンカーの商売繁盛メール050:年末ご挨拶【今年もお世話になりました】 

meki 2013年12月24日 火曜日 by meki

~ 今年1年ご愛読ありがとうございました ~

2013年、このメルマガをご愛読いただき誠にありがとうございました。

このメルマガは皆様の商売繁盛にお役立て頂くために書き始めました。まだ
まだ勉強足らずの私の拙い文章ですが、共感して下さる方から反響を頂くと、
「続けてよかった」思うと同時に「もっと頑張らなければ」と身が引き締まる
思いで、こうして今も書き続けております。

ほぼ1年を経過した今、皆様に読んで頂ける幸せをしみじみと感じ、感謝の
気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 さて、皆さまに取りまして2013年と言う年はどういう年でしたでしょうか?

 アベノミクス効果でしょうか。身の回りでようやく景気回復の風が感じられ
るようになりました。まだまだ不安材料がたくさんありますが、ようやく景気
の先行きに何となく薄日が見えて来ています。

 来る年、2014年は大阪の小さな会社に取りましても「ビジネス加速の年」に
なりそうな気配です。営業不振で浮足立ってしまった気分を引き締め、足元を
しっかり固められる年になると思いますので事業の集中を図り、新たな一歩を
踏み出して参りましょう。

 今の事業に関連して何か新しい事に取り組む。

 この姿勢が今の小さな会社には大切です。今まで縮めていた事業の羽根を広
げ、地域や本業につながる地道な一歩が「中期的な売上拡大」につながる基礎
になります。

 ネットやスマホが普通になって、ありきたりな差別化ポイントや価格の優位
性がなくなるこの時代、どうすれば自分たちの存在感が示せるのか?その方法
や商品を考えましょう。そうした動きにはきっと追い風が吹いてきます。

 今年の内に夢を広げておいて、清々しい気持ちで2014年を迎えましょう。

 尚、12月30日のメルマガは年末年始のお休みとさせていただき、次号は
1月6日より配信させて頂きます。また1月からメルマガテーマを変更させて
頂きますが、その内容は年明け一番のメールでお知らせさせて頂きます。

 来る年が皆様に取りまして、より一層、良い年になりますよう心よりお祈り
申し上げます。どうぞ、よい年をお迎えくださいませ。

 今年1年、お世話になり、ありがとうございました!
  また年明けから頑張りますので、どうそよろしくお願いいたします!

———————————————————————-
◆ 商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ http://anchor-company.asia
———————————————————————-

商売繁盛メール049:知名度アップ【広告の相乗効果】 

meki 2013年12月16日 月曜日 by meki
jumping businessman with business growing graph  cloud
 
広告の相乗効果 ~ 複数のメディアで情報発信 ~
 
仮に、インターネットで「Tシャツ100円セール」というバナー広告を見つけたと考えてみてください。
 
ん!安すぎないか?とあなたは疑います。バナーをクリックしてサイトを見に行ってみるものの、サイト情報だけでは疑いは晴れません。
 
ところが「Tシャツ100円セール」の新聞折り込みチラシも入っていました。
さらにテレビCMで同じ広告をやっています。こうなるとこのセール情報は人
の頭の中に印象深く刷り込まれ、疑う気持ちは晴れて行動につながります。
 
 これが広告の効果です。
 
 繰り返し情報を受け取るとだんだん記憶に残る。別のメディアから同じ情報
をもらうと徐々にそれが真実に思えてくるのです。インパクトのある広告も記
憶に留まる効果がありますが、同じ広告を何度も見てもらうと、ローブローの
ように効いてきて記憶に残ります。
 
 小さな会社が広告を打つ場合、大企業がしているような繰り返し広告は難し
いので複数のメディアで情報を発信していきます。例えばホームページで告知、
同じ話を「スタッフブログ」でも掲載。SNSにも情報をとして載せて、ツイッターでもつぶやく。
 
 こうして情報量を稼ぎます。
 
 使えるネットの媒体はたくさんありますのでうまく利用して、認知が進むよ
うにしましょう。もちろん、チラシやその他のリアルな広告と絡ませるのもよ
い方法です。
 
 複数のメディアで同じ広告を見ることで認知は必ず高まります。
 それも繰り返し、繰り返しやることで徐々に確実さを増していきます。知名
度アップのために手間が掛かりますが複数のメディアでの情報発信をしていきましょう。
 
 ネットでの認知拡大にお悩みの場合はアンカーにお任せください。最適な活
用プランをご提案いたします。

アンカーの商売繁盛メール048:営業マン強化【人間力を高める】 

meki 2013年12月9日 月曜日 by meki
~ 良い人とはどういう存在か ~
 
【043 自己トレーニング】で、よい営業マンになるための心構えとして5つ
のポイントをご紹介しました。
 
(1)商品を圧倒的に信頼している、(2)礼儀正しく、マナーもよい、(3)誠
実で・謙虚な態度、(4)行動力・提案力がある、(5)なによりも笑顔がよい。
以上の5つです。これらのポイントを実践していくと自ずと『人間力』が高
まっていきますが、この人間力が営業にはとても大切なチカラです。
 
  今の時代、どこでも何でも売ってます。
 
 インターネットで検索すれば過去のモノでも、流行の最先端のモノでも簡単
に探し出せて、その殆どがネット上で買えます。値段もおそらく店で買うより
ネットで買う方が安いと思います。
 
 お客様は買うものを決めたら、次は「誰から(どこから)買うのか」を考え
ます。多くの方は価格が一番安いか、自分にとって都合の良い店を選びます。
しかし、お客様が何らかの不安を感じられたり、懐具合にゆとりがあったりす
れば価格や便利さよりも『信頼できるところで買いたい』と考えます。
 
 大事な買い物になればなるほど信頼は重視されます。その商品を使う事を考
えれば安易に値段や買いやすさで選ぶのではなく、信頼できる人や会社で選ぶ
のは当然ですよね。
 
 つまり営業マンは会社を代表してお客様に信頼していただける人になって、
選ばれる存在になるべきです。
考えるビジネスマン 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 仕事ができるのは当然ですが、それだけでは十分ではありません。「いい人
だな」と思ってもらう事が何よりも大切なのです。人間力とはそうした「懐の
深さ」や「人間として素晴らしい人だ」と評価してもらえることです。
 
 良い人間とは『相手に媚びへつらう』ことではなく、相手のことをしっかり
と尊敬し必要なときには手助けやアドバイスをしてくれる存在です。一緒に喜
んだり、悲しんだり、親身になってくれる人です。
 『営業をうまくこなすため』のジェスチャーではなく、心の底から人の手助
けや一緒に喜ぶことが出来るようになった時、お客様は心の底からあなたを信
頼できる存在だと認めてくれるでしょう。
 
 そういう存在になればあなたの話はどう聞いても「真実」であり、お客様は
説明されたメリットを納得し、確実に商品は売れていくのです。
 
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ http://anchor-company.asia
———————————————————————-

アンカーの商売繁盛メール047:新しいお客様づくり【問合わせを誘発しよう】 

meki 2013年12月2日 月曜日 by meki
~ 資料請求してもらおう! ~
 
ホームページに来てくれたお客様に情報を見てもらうだけでなく、資料請求
をしてもらえるように仕掛けを作っていきましょう。
 
例えば「金属加工」をされている会社ではホームページ上に自社の生産設備
や対応できる加工方法、特徴のある技術紹介、今までの納入実績などを掲載し
ます。
 
こうした初めてのお客様から『信用を得る』ために必須と思われる情報は必
ずホームページに載せなければなりません。サイトを読み進むうちに「いい会
社だな」と感じられるような情報の出し方をしていきましょう。
 
ただ「良い会社だな」と思って頂けても、すぐに注文されることは希です。
切羽詰まっていない限り、「会ってから、もっと技術力を知ってから」と考え
るのが普通です。少なくとも私が新規の購入先を探す時にはそうします。
 
 そこで、検討してもらうための『資料情報』をホームページ情報とは別に提
供するようにしましょう。
 
 確かにインターネットはいつでも見られます。気に入ってもらえればブック
マークされると思います。しかし、ざっと見ただけのページは重要性や緊急性
がない限り繰り返し、見ることはあまりありません。
 
 ホームページ情報を補うもっと詳しい資料や「サンプル」等を用意しておき
ご要望があれば『お手元』にお送りするようにしましょう。具体的には資料請
求ボタンを用意して、クリックされれば「資料請求フォーム」へ誘導します。
 
 紙資料だけならpdfをダウンロードして頂くだけでも良いと思いますが、紙の
検討資料が手元にあるというのは何かの拍子に眼にとまる可能性が高く、思い
出してもらいやすいものです。
 郵送物やサンプルはコストがかかりますが何でもネットで済ませられる時代
には『リアルな資料』は価値があります。また、資料請求の時にメールアドレ
スを入力してもらえばメールで『フォロー』や『メルマガ』でずっと連絡をと
り続けることもできます。
 
 ホームページづくりで分からない事ございましたらアンカーがサポート致し
ます。まずはご相談に無料で応じさせて頂きますので、気軽にお問合せ下さい。
 
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ http://anchor-company.asia
———————————————————————-