2013年3月

アンカーの商売繁盛メール011:知名度アップ 【CIをちゃんとやろう】

meki 2013年3月25日 月曜日 by meki

~ CIとは企業文化 ~

 

ここで言うCIとは「コーポレート・アイデンティティ」の事で、自分たちが

持っている企業文化の特性(独自性)を統一されたイメージで表現することを言います。

 

具体的には「ロゴマークなどのデザイン」や「わかりやすいメッセージ」を作

り広報広告活動によって企業文化・理念を伝えることで、消費者の共感を得て

存在価値を高める企業戦略です。

 

単にきれいなマークや耳触りの良いスローガンを作るのでなく「企業文化」が

見えるCIに消費者は身近さを感じてくれます。

例えばJTBのロゴは旅の楽しさを柔らかい曲線で表しています。

IBMのロゴは固いしっかりとした知的さを感じさせるよいデザインです。

 

企業文化というと何やら難しそうですが「自分たちが大切にしているモノ」と

考えてもらえば判りやすいかも知れません。

「何か面白いことがしたい」「良い物を届けたい」などの会社の原動力となっ

ている行動も立派な企業文化です。

 

CIを行うためにはそうした「自社が持っている文化とは何か」をまとめます。

 

自分たちでは判りにくい場合、お客さまや取引先など外部の人に「自分たちの

会社がどのように見えているのか」を聞いてみるとよいでしょう。そうすると

意外な気付き「自分たちが本当に大切にしているモノ」が見えてきます。

 

それに基づき、デザインを依頼して仕上げていきます。出来上がったマークや

スローガンから会社の雰囲気が伝わればCIは成功と言えます。

 

CIは何度も出来るものではありません。これから百年の未来を考えてあるべ

き姿を見据え作っていきましょう。CIは消費者に向けた情報発信に留まらず、

社員のモチベーションを高める効果もあります。

 

これからますますネット等での評判が売上に関わってくる時代になってきます。

消費者の共感を得るために、企業文化を示すシンボリックなマーク・わかりや

すい表現で認知してもらうことは重要な企業戦略と言えるでしょう。

 

自社の企業文化の表現で、お手伝いが必要であればお気軽にお声掛け下さい。

ロゴマークのデザイン、パンフレット、ホームページあらゆるメディア展開の

お手伝いが可能です。

 

※次回「012号」は、新しいお客様づくり 「泳がせる客、掴む客」をお届けします。

 

━━ 商売繁盛倶楽部イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※残り5席

■ 4月17日(水)

18時30分~19時45分

場所:梅田阪急ビルオフィスタワー 

お客様からの「NO」への対応、ハートを掴む信頼関係づくり。成功事例ディスカッション会

詳しくは→ http://shobai-hanjo.com/news/660

Facebook → http://www.facebook.com/events/346250638819609/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

商売繁盛倶楽部メール010:営業マン強化【マニュアル化のススメ】

meki 2013年3月18日 月曜日 by meki

~ どうしてたかな?をなくす ~

 

一般的に大企業では行動の統制をとるためにマニュアル化がよく行われます。

マニュアル化することで、業務手順や内容が統一化され、個人のレベルアップ

が図れる効果があります。

 

会社単位で行うと新人に業務を教えるのに掛かっていた時間の軽減が図れたり、

教える人によるレベルのバラツキが防げます。

また担当者を変えても業務レベルが維持できるというメリットやマニュアルを

作る過程で、無駄な工程の発見ができたり、間違えやすい個所を確認できたりします。

 

これを営業個人でもやってみることをお勧めします。

 

自分なりのお客様アプローチの方法、フォローの仕方、提案、採用か不採用か

という結果判断、結果を受けてフォローするのかどうかの判断など自分の行動をマニュアルにしていきます。

 

マニュアルを嫌う人もいます。

「マニュアル通りにやっているだけで心がない」

「なぜそうしなければならないのかを考えなくなるので進歩がなくなる」

などが主張の大きな理由かと思います。

 

マニュアルだけで全てが片付くわけではありません。

運用するのは人ですし、お客様は想定外の事をたくさん要求してこられます。

混沌とした状況の中で人は、個人の「常識と良心」で行動しますからマニュアル

の手順が破られる可能性はとても高いのです。

 

だからと言って、全てのルールを取り除く訳にはいきません。

厳然としたルールと混沌とした状況の中で一定の方向性を示すのがマニュアルという考え方です。

 

●こうした方が効率化が図れる

●手順としてはこの方がやりやすい

●手続き上、こうしておいた方が分かりやすい

●上司や先輩、お得意先から聴いてためになった

 

それぞれのステップで気付いた・教えてもらったことを書きこんでいけばよいのです。

 

マニュアル化のコツは次の三つです。

①マニュアル専用のノートを作る。

②最初から頑張り過ぎない。最初は大項目だけを並べるだけでもOKです。

③思いついたら忘れないうちにその日のうちに書くこと。

 

文章力もまずは「自分が分かる」レベルで構いません。

頑張って書き込んでいくと徐々に成果が出てきます。

同じ間違いをしなくなります。手順を見ながら進められるので業務時間の短縮

につながります。改善すべきステップやボトルネックになっていることに気がついたりします。

 

そして、後輩が出来た時に業務を教える教科書にもなってくれます。

マニュアルは自分にとっての資産となりますから大切に育てて行ってください。

※次回「011号」は、知名度アップ「CIをちゃんとやろう」をお届けします。

  

━━ 商売繁盛倶楽部イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 4月17日(水) 18時30分~19時45分

  場所:梅田阪急ビルオフィスタワー

 

      第34回 商売繁盛倶楽部

  お客様からの「NO」への対応、ハートを掴む信頼関係づくり。成功事例ディスカッション会

  詳しくは http://shobai-hanjo.com/news/660

  Facebook http://www.facebook.com/events/346250638819609/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

———————————————————————-

◆ 商売繁盛を支えるITカンパニー

◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社

◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-6

◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682

◆ http://anchor-company.asia

———————————————————————-

第34回 商売繁盛倶楽部 営業マン集まれ!“商売繁盛”集いの場

meki 2013年3月17日 日曜日 by meki

今回の企画は、営業マン集まれ!“商売繁盛”集いの場です。

営業マン・ネットワークで商売繁盛!

 

【テーマ・・・新しいお客様づくり】

お客様からの「NO」への対応、ハートを掴む信頼関係づくり。成功事例ディスカッション会

 

【企画内容】

新規営業時にお客様から「必要ありません」「お金がないです」「一人では決めれません」等々、

営業の方は、商談でほぼ間違いなく、一回は「NO」と云われているかと考えます。 

ただ、正直なところ、なかなか否定的な言葉に対し、切り返しが上手にいかないものです。

 

そこで、第34回 商売繁盛倶楽部は、お客様からの「NO」への対応、お客様のハートを掴む信頼関係づくり。

成功事例ディスカッション会をお届けします。

 

「NO」と云われながらも、どのようにしてお客様の心を掴んでいくか。

異業種のメンバーでディスカッションし今後の商売に活かしていきましょう! 

成功・失敗事例を含め、皆さんで語り合いたいと考えています。

 

営業マンの皆様、ぜひお集まり頂き、有意義な情報交換の場としましょう。

ぜひぜひよろしくお願い致します。

 

【開催概要】

 開催日時:4月17日(水) 18:30~19:45

 場  所:大阪市北区角田町8-1  梅田阪急ビルオフィスタワー26階(阪急百貨店上)

 費  用:2000円

 定  員:18名

 対  象:営業マン、経営者

申込方法:こちらよりエントリーください。

Facebookから申込:こちらからエントリーください。

ホームページ運営更新日記:大阪市の企画制作会社 A様 他社比較ページ追加

meki 2013年3月15日 金曜日 by meki

大阪市を中心に中小企業のホームページをパワーアップ!

ホームページ運営更新日記

 

本日は、大阪市の企画制作会社 A様のホームページ運営更新を行いました。 

強みページの追加、他社との比較ページを追加しました。

ホームページで自社の特徴や強みを分かりやすく表現することは差別化になります。

 

 

大阪市の中小企業のホームページをパワーアップ、なんでも運営更新Uppleサービス

 

ホームページ運営更新日記:神戸市の福祉事業様の新着記事

meki 2013年3月14日 木曜日 by meki
大阪市を中心に中小企業のホームページをパワーアップ!
 
ホームページ運営更新日記
 
 
本日は、神戸市の福祉事業のK様の新着記事の更新を行ないました。
 
施設が新聞に取り上げられたようで、新着記事にPDFで新聞画像を組み込みました。
 
(クリックで拡大して表示)
 
この福祉施設のWEB戦略は、ホームページで会社のしっかりとしている部分を
 
伝えていくです。
 
私たちもお役に立てるよう頑張ります。
 

 

 

大阪市の中小企業のホームページをパワーアップ、なんでも運営更新Uppleサービス

 

 

 
 

ホームページ運営更新日記:大阪市の司法書士法人R様の事例追加

meki 2013年3月13日 水曜日 by meki

ホームページ運営更新日記

 

本日は、大阪市の司法書士のRさまのホームページを更新しました。

離婚事例を5つご紹介するページを作成しました。

サイドメニューにもNEWのアイコンをつけ目立つように。

事例はホームページに必須のコンテンツです。

 

大阪市の中小企業のホームページをパワーアップ、なんでも運営更新Uppleサービス

アンカーの商売繁盛メール009:自社ブランドづくり 会社ブランド商品ブランド

meki 2013年3月11日 月曜日 by meki

~ ふたつのブランド ~

 

ブランド構築には「会社」と「商品(または商品群)」の2つがあります。

 

商品が一つの場合は会社ブランド=商品ブランドの場合もあります。

例えば、今の「マンダム」は昔「丹頂株式会社」で丹頂チックという男性整髪

料が看板商品でした。所が1970年に販売した「マンダム」が大ヒットした

ために、翌年の1971年に社名をマンダムに変えたという例もあります。

 

商品販売を強力に推し進めるなら「商品」のブランディングを行うべきですが、

一般的に小さな会社の場合は「会社」でブランディングします。

 

ではブランディングの構成要素をみてみましょう。

 

●ブランディングの構成要素

【ブランドネーム】

商品のブランディングをする場合、ネーミングはとても重要です。

会社でブランディングするときは社名は変えられませんので後で述べる

キャッチコピーなどで性格付けを行ったりします。

ブランドネームは「①覚えてもらいやすい ②サービスを連想できる ③ブラン

ド・アイデンティティを反映している」などが考えるポイントになりますが、

ブランドをイメージできる「(お客様が)言いやすい・呼びやすい」名前を考えましょう。

 

【ロゴ】

ネーミングが文字のデザインやマークになったものです。

言葉だけでなく、視覚でブランドを表現します。会社や商品の象徴ともなりま

すので飽きの来ないロゴ開発をデザイナーさんにお願いしましょう。

 

【キャラクター】

ブランドを普及させるうえでキャラクターはチカラを発揮してくれます。

地方自治体を始めとして「ゆるキャラ」は特産品など地名を覚えてもらうのに

とても役立っています。

同じように会社名や商品名を覚えてもらうのに誰からも愛されるキャラクター

はブランディングに役立ってくれます。

小売店・飲食店では「店主(社長)」のキャラクター化もお勧めです。

 

【ジングル(音)】

ジングルは短い音楽です。

ラジオなどで使われることが多く放送局によってはサウンドステッカー、アタ

ックなどとも呼ばれます。テレビCMでも「インテル」や「マクドナルド」が

よく使っています。ジングルを聞いてブランドを想起させる効果があります。

 

【パッケージ】

商品を包むパッケージはブランド表現の一つです。

表面に印刷されるデザインはもちろんのこと、形状や素材などでもブランドの

こだわりを表現することができます。

商品の中身の差別化が難しい場合、パッケージにこだわるのもよい方向性です。

 

【キャッチコピー(キャッチフレイズ)】

ブランドネームに添えられる短い文章です。

テレビCMでも一緒に流されます。「It’s a SONY」「ヒューマン・

ヘルスケア エイザイ」「スカッとさわやかコカ・コーラ」などが有名です。

 

【色】

色でブランドを表現する場合もあります。

例えばティファニーの「優しく上品な」ブルーの箱などが好例です。コーポ

レートカラーを決めて統一感を持たせると言った使い方ができます。

 

【ドメイン名】

ここで言うドメイン名とはホームページの住所となるネット上のネーミングです。

ドメイン名も「わかりやすさ」「覚えやすさ」「伝わりやすさ」を考えます。

長すぎない、綴り字がイメージしやすく打ちやすいなどがポイントとなるでしょう。

 

ブランディングを行うのに上にあげた構成要素、全てを用意する必要はありません。

 

ネーミングとロゴは必須ですがそれ以外の項目はブランディング表現アイテム

として必要に応じて開発して頂ければと思います。

こうした要素を 名刺・パンフレット・ホームページ・イベント・各種のメディア広告・

店頭で展開することでお客様に覚えてもらい浸透させていきます。

 

 

弊社ではネーミング・デザインなどブランディングのご支援も行っています。

 

もしブランドづくりにお悩みならご相談に応じております。お気軽にお声掛け

下さい。お客様の商売繁盛につながるようアイデアを提供させて頂きます。

 

 

※次回「010号」は、営業マン強化 「マニュアル化のススメ」をお届けします。

 

 

———————————————————————-

◆ 商売繁盛を支えるITカンパニー

◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社

◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-6

◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682

◆ http://anchor-company.asia

———————————————————————-

ホームページ運営更新日記:大阪市メーカーT様、英語サイトコンテンツ修正

meki 2013年3月10日 日曜日 by meki

 

ホームページ運営更新日記

 

本日は、大阪市のメーカー T様の

英語サイトのコンテンツ修正作業を行いました。

最近、海外戦略を行なっている企業様より

多言語(英語、中国語、ベトナム語)での発注が増えております。

 

 

大阪市の中小企業のホームページをパワーアップ、なんでも運営更新Uppleサービス

 

 

 

アンカーの商売繁盛メール:008 新しいお客様づくり 【提案し続けよう】

meki 2013年3月4日 月曜日 by meki

~ 情報の発信源となる ~

営業活動の結果、見込客が見つかったら情報を発信し続けます。
あまりしつこいと嫌われるのでは?という心配をされるかも知れませんが月に
一度程度のご挨拶やご案内であれば、しつこいと思われることはありません。

しかし、毎回同じネタ(同じ商品案内)ばかりでは芸もないし、お客様側も
飽きてきます。

だから『提案』が必要になります。

提案とは「案を差し出すこと」です。
『こうしてはどうでしょうか?こうすれば良くなると思います』という考えを
お客様に見て頂きます。
単に買って下さいではなく、お客様を想って『このように利用していただく事
もできます』『もっとよい結果を得るためにはこのように使ってください』
『このような事にお困りならこんな解決方法があります』とお知らせするのが
提案です。

お客様は自分の事を想って提案してくれる内容なので、悪い気はしません。

今はとても便利な時代です。
「不便に感じること」「困っていること」「時代を変えていくような新しい物」
がかなり減っています。
そういう時代だからこそ「提案」が大切になってきます。

提案によって「お金や時間の節約につながる」「きれいになる」「楽になる」
などのメリットがあれば積極的にお知らせしましょう。

今までその商品を使ったことがない新規客獲得にも「使い方」に気づいて頂く
提案が効きます。
固定的な使い方をしている既存のお客様にも提案しましょう。
他にも使い道があることをお知らせすれば利用頻度を高めてもらえ、より一層
のファンになってもらえます。

提案は単に見込客に購入を促すだけでなく、新規客へのアプローチや既存の
お客さま維持にも使えるのです。

商品提案・使い方提案は時代と共に変わっていきます。常に時代に合った使い
方を考えてお客様にご提示する姿勢を持ち続けましょう。
「よくそこまで考えたなぁ」と感心してもらえるようになれば、ご購入へと
また一歩近づきます。

商品提案や表現の仕方についてお悩みのお客様がいらっしゃいましたら弊社が
ご支援します。
商品・サービス特性から「提案」を一緒に作って参りましょう。
お気軽にお問い合わせください。

※次回「009号」は、自社ブランドづくり 「会社ブランド・商品ブランド」をお届けします。

━━ 商売繁盛倶楽部イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 3月 8日(金) 18時30分~19時45分
  場所:梅田阪急ビルオフィスタワー

  WEBで進める営業拡大策 ~ ネットで選ばれる会社になるために ~

  詳しくは http://anchor-company.asia/news/623

  Facebook http://www.facebook.com/events/140146332815660

———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-6
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ http://anchor-company.asia
———————————————————————-