アンカーの商売繁盛メール014:知名度アップ【インパクトを考える】

meki 2013年4月15日 月曜日 by meki

~ 深い印象 ~

 

006で「記憶に残るために」覚えておいてもらうための仕掛けとして「予感を

感じさせる」ことと「行動すること」について述べました。

 

バックナンバー006:https://anchor-company.asia/news/648

 

「予感を感じさせる」ときに、より「深い印象」を与えると、鮮烈な記憶として

残ります。良く言う「電気が全身に走った様な・頭を殴られた様な」感じが与

えられれば大成功です。

 

こうしたインパクトを感じてもらえれば知名度は一気に上がります。

 

自社にふさわしいインパクトが何か?は難しい問題ですが、そのヒントとして、

まず「あなたご自身が他の会社について印象に残っている事」を思い出してみましょう。

 

「よい印象を受けた会社が何をしていたか」その記憶を辿れば、あなたが受け

たインパクトが何によってもたらされるたかが分かり、自分の好みがはっきり

してきます。その好みを基点にしてどのようなインパクトを与えるべきかを考

えていくわけです。

 

●訪問した時に社員の誰もが、気持ちよく挨拶してくれた

●面白い活動や社会貢献をしておられる

●営業マン個人がユニークで興味を持った

●社長がアイデアマンで面白い人だと思った

●会社案内や名刺などがとても印象深かった

 

こうした要素の中から自社にフィットしたインパクトの与え方を見つけ出しましょう。

 

簡単な取組事例で言えば「ホームページ・名刺・パンフレットのデザイン統一」

です。このツールのイメージ統一によって会社の一体感が出てくるだけでも、

かなりのインパクトがあります。

 

さらに「おっ!すごいね」とお客様を唸らせるビジュアル・コピー・キャラク

ターなどの表現があればインパクトはさらに高まりますがこれは素人が簡単に

捻り出せるものではありません。

センスの良いクリエイターにお願いして作ってもらいましょう。

 

そして大阪的な発想であれば「意外性」でウケを狙う手もあります。意外性で

びっくりさせる表現は広告などで良く使われています。

 

とは言っても会社の知名度を挙げていくには結局は本業での「地道な努力」が

不可欠です。インパクトを与えるのはその地道な努力に目を向けてもらう「き

っかけ」だと考えて下さい。

 

インパクトのある表現をお望みであれば弊社にお問合せ下さい。良いアイデア

をご提供して参ります。

 

 

※次回「015号」は、自社ブランドづくり「コンセプトを大切にする」をお届けします。

 

 

━━ 商売繁盛倶楽部イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 4月17日(水) 18時30分~19時45分 ※残りわずか

  お客様からの「NO」への対応、ハートを掴む信頼関係づくり。

  成功事例ディスカッション会

  場所:梅田阪急ビルオフィスタワー

  詳しくは http://shobai-hanjo.com/news/660

  Facebook http://www.facebook.com/events/346250638819609/

 

 

■ 4月26日(金) 19時00分~22時00分

  商売繁盛会食ツアー in 大阪駅前ビル地下

  ルールは、5000円で何軒のお店を回れるか!

  摩訶不思議なダンジョン 大阪駅ビル地下にて開催します

  詳しくは http://shobai-hanjo.com/news/673

  Facebook http://www.facebook.com/events/104749776388776/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

商売繁盛に役立つメールマガジン:商売繁盛倶楽部メール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アンカー社では、商売繁盛に不可欠な4つの情報をお届けしています。

① 自社ブランドづくり ② 知名度アップ ③ 営業マン強化 ④ 新しいお客様づくり

 

「もう知っていること」「すでに取り組んでおられること」かも知れませんが、

ご存知のない方にとってはきっと商売のヒントにしてもらえる情報だと考えます。

是非ご購読ください。

 

バックナンバー:https://anchor-company.asia/news/anchor-meki

 

———————————————————————-

◆ 商売繁盛を支えるITカンパニー

◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社

◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-6

◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682

◆ http://anchor-company.asia

———————————————————————-

コメントは受け付けていません。