コラム.188:2017年の動向  ビジネスのどこで商機を見出すべきか!

meki 2017年1月16日 月曜日 by meki
おはようございます、
アンカー目木でございます。
 
「アンカー商売繁盛メールマガジン」をお届けいたします。
 
2017年も15日が過ぎました。
私は、今宮戎で商売繁盛祈願、故郷の播州赤穂の
とんど祭りで無病息災をお祈リ致しました。
 
とにかく1年間、皆さまの商売繁盛のために
走り抜ける所存でございます。
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
さて、本年のアンカーメルマガは、
皆さまからの相談の多い、
最近のSEOやスマホ、WEBでの集客など
日頃のサポート活動の中で実施した手法や
最新情報を私目木よりお伝えしていきます。
 
マーケティングチームの加藤は、従来どおり
商売繁盛に繋がるコラムを担当させて頂きます。
 
それぞれの専門分野で書いていきますので、
本年もアンカーメルマガを宜しくお願い致します。
 
今回は新年特別号ということで
2017年、ビジネスのどこで商機を見出すべきか
マーケティングの加藤が記載しました。
 
下記どうぞお読みください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
「2017年の動向
 ビジネスのどこで商機を見出すべきか!」
 
 
 ビジネスに一番影響する要素は
 「トランプ大統領就任」でしょう
 
 減税と財政出動でアメリカ政府がお金を
 使ってくれそうな予想から好景気へという
 流れになって、株は上昇傾向。
 
 もし最大消費地であるアメリカが好景気
 になれば当然、日本のものも売れるので
 恩恵にあずかることができます。
 
 でも期待したほどではなかったときに
 損失につながるかもしれません。
 
 では、国内のアベノミクスはどうでしょう
 確かに民主党政権時から比べると
 良くはなってますが劇的には
 変わってないですよね。
 
 この状況は仕方ないと思います。
 
 劇的に物を買う=消費する人々が
 いないのですから
 どれだけ店を作ろうと、
 セールを仕掛けようと、
 需要が増えるわけではなく
 競争に勝つためなので
 爆発的な売り上げは期待できません
 
 小さなビジネスはどこで商機を見出すかが
 まさにポイントになります。
 
 鍵は「お客様密着」にあると
 私は思っています。
 
 ネットで買うのが一般的になった今、
 ただ売るだけ・買うだけなら
 ネットには勝てません。
 「夜に注文して翌日に届く」これ以上に
 合理的な買い物はないですよね
 
 でも何を買っていいのかわからない
 選びきれない人たちはアドバイスがほしいと
 考えています。
 
 自分にはどの商品がぴったりなのか
 わからないから検索ができないのです
 そばに寄り添い、話を聞いてくれて、
 最適なものをアドバイスしてくれる
 そういう専門家になれば
 ビジネスはまだまだ伸ばせると思います。
 
 2017年
 みなさまの商売がますますご繁盛しますよう
 こころよりお祈り申し上げます
 
 そしてアンカー&カンパニーに
 お手伝いをさせていただければと思います
 どうぞ、宜しくお願い申し上げます。
 
マーケティングチーム・加藤
 
 
【過去のメルマガ一覧はこちら】
「もう知っていること」
「すでに取り組んでおられること」かも知れませんが、
 ご存知のない方にとっては、
 きっと商売のヒントにしてもらえる情報だと考えます。
 https://anchor-company.asia/mail.html

コメントは受け付けていません。