商売繁盛メール143:販促アイデア 【いつでもお客様目線】

meki 2016年1月25日 月曜日 by meki
282249
 
【 いつでもお客様目線 】
 
 販促のチェックポイントは
 お客様目線で考えられているかです
 
 値引きさえしていればいいだろう
 と言う発想はNGです
 
 値引きは確かに買いたい気持ちの
 背中を押す最高のオファーですが
 それだけで今のお客様は動きません
 
 販売促進としては
 商品の価値を「なるほど」とお客様に
 気づいてもらうことが大切です
 
 この商品を使えば、こんな風に変われる
 こういうライフスタイルが実現する
 という発想を販促でもすべきです
 
 例えばホームページ制作で
 「0円でホームページ作ります」
 といったところで料金表を見れば
 運用費用が割高になり
 そこにに制作費が含まれるロジックは
 誰にでもわかってしまいます
 
 そうではなくて
 「小売業者のための年間販促プラン付
 ホームページ作成キャンペーン!」
 
 といった小売事業者の視線に立った
 販促ならば本当にやりたい人は
 必ずついてきます
 
 婚活でも
 「良いお相手を紹介」キャンペーンは
 お客様ニーズにマッチした内容ですが
 自分たちの事業内容をそのままです
 
 例えば「音楽好きな人はやはり音楽好きの
 人を探している」というニーズが判ったら
 
 「カップルでセッションできる
 音楽好きのお相手探しマッチング」などの
 販促策が組めます。
 
 このようなお客様の目線で販促を考えれば
 価格だけでない心に刺さるキャンペーンが
 十分に作りあげられます
 
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 常にお客様のニーズを
 お客様視線で考えましょう
 自分がお客様だったら
 その発想が何より大切です
 
 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。