商売繁盛メール138:小さな会社のビジネスモデル【 市場を絞り込む 】

meki 2015年12月21日 月曜日 by meki
cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s
 
 
◆ 小さな会社のビジネスモデル ◆
【 市場を絞り込む 】
 
 例えば「地域」で市場を絞り込めば
 移動距離が縮まり時間が有効に使えます
 
 サービスの提供範囲を近隣、片道15分以内
 にしておけば打ち合せにしろ配達にしろ、
 どれだけ長くても往復30分以内に留められます。
 
 もし仮に片道45分だと
 往復で1時間半になります。
 先方で30分の商談をするなら
 1日なら3件訪問が限界でしょう。
 

 15分圏内なら移動をあわせても
 1件1時間で済み、5件は余裕で回れます。
 
 訪問が3件なら、客先での雑談や
 帰社後の作業にたっぷりと時間がれます
 
 需要のある地域をしっかりと見極めて
 市場を絞り込んでみましょう。
 きっと効率化が図れるはずです。
 
 
 個人事業などは「専門化」によって
 取り組む市場(業務)を絞り込むという
 方法もあります。
 
 例えば「名刺」の仕事をしていたなら、
 ある程度の規模になるまでは
 名刺だけに絞り込んで仕事をした方が
 効率が良くなります。
 
 儲かるからと誘われて
 売るべき商品をいろいろ抱え込むと
 思わぬトラブルに巻き込まれたり
 お客様から見て何屋さんかわからなくなり
 信用が薄まります
 
 名刺(本来の仕事)でしっかりと実績を作り、
 信頼が得られたら次の展開を考えましょう。
 
 市場を絞るのは勇気がいりますが
 とても効果の高いビジネスモデルです
 
 このビジネスモデルに
 実際に取り組みたい場合は
 ご相談にのります。
 お気軽にお問合せ下さい
 
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 展開する市場を考えよう
 地域や事業内容で絞れば
 ビジネスの効率は
 格段にアップします
 
 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。