商売繁盛メール135:販促アイデア 【 チラシで目立とう 】

meki 2015年11月30日 月曜日 by meki

49ef1ea4a79d10c72a3a1371117e6084_s

◆ 販促アイデア ◆
【 チラシで目立とう 】

 チラシは撒いても客は来ない
 「チラシは効果が薄い」というのが
 定説になりつつあります。

 「チラシをしても反響がない」というのが
 主な理由ようですが、もしそうなら
 チラシの存在が否定するのではなく
 チラシの中味を疑うべきです。

 お客様の「共感」が得られれば、
 チラシは今でも十分に効果のある媒体です。

 B to Bの例ですが2100部発行の広報誌に
 入れたチラシから7件(反響率0.3%)、
 平均単価3万円の受注があった例もあります。

 新規取引先が7件はこれから営業を行えば
 受注を伸ばせる可能性はとても高く、
 効果は単にチラシだけの売上では
 測れません。

 チラシでどう目立つべきなのでしょうか
 成功例で見ていきましょう

 1)ターゲットを絞り込んでいく
   成功例では経営者に特化しています

 2)インパクトを持たせる
   まず目を引くことが重要で、
   「低価格」で依頼できる点を
   強調しています

 3)説得する
   特にB to Bの場合は価格だけでなく
   ターゲットが納得する情報提供が
   不可欠です

 もちろん、チラシだけで売れるとは
 限りません。
 後からの営業フォローが大切です。

 他社がチラシを打たないうちに
 自社のアピールをし、需要を持つ
 お客様を先にゲットしましょう
 いまがチャンスだと私は思います。

 販促のご支援が必要なら
 いつでもアンカーにお声掛けください

———————————————-
※ワンポイントアドバイス

 イメージだけで「チラシは効果が薄い」と
 と判断せずに
 共感の得られるコンテンツで
 チラシに取り組み受注へつなげましょう

 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。