商売繁盛メール134:小さな会社のビジネスモデル【 機能をばらして売る 】

meki 2015年11月24日 火曜日 by meki

ba1d634393fb9bd27c921a2e801ffc8c_s

 

◆ 小さな会社のビジネスモデル ◆
【 機能をばらして売る 】

 いままで一緒に売ってきた物を
 ばらばらにして提供するモデルです

 イメージ的には「定食」メニューを
 「おかず、味噌汁、ご飯、お漬物」と
 バラバラにして売るようなものです。

 当然「定食」よりもバラバラの
 「おかず、味噌汁、ご飯、お漬物」は
 若干、割高な単品価格で提供します。

 お客様は不要な部分を買わなくても済み、
 欲しい部分だけを買えるので
 コスト的には安い価格で購入でき、
 選びやすくなります。

 「ご飯」は家から持ってくるので
 「おかずと味噌汁」だけあればいいという具合です。

 このモデルは買いやすくなる反面、
 既存顧客の売上減少につながる
 リスクを持っています。

 今までの「定食」だったけど、
 これからは「おかず」だけでいいと言う
 客が増えれば当然、売上は減ります。

 でも安心して下さい。
 「定食」が必要なお客様は「定食」を
 注文されます。

 バラバラにした部分「おかず」だけの
 新規客を増やすプロモーションを掛けて
 いきましょう。

 最初は「おかず」だけのお客様に
 購入後、「定食」を食べていただけるように
 営業していきます

 優れた商品・サービスであれば
 「定食」をご採用いただけるチャンスは
 無限に広がっていきます。

 このビジネスモデルに
 実際に取り組みたい場合は
 ご相談にのります。
 お気軽にお問合せ下さい

———————————————-
※ワンポイントアドバイス

 ばらした機能で新規客を狙おう
 導入しやすい価格なら
 お客様は買いやすい
 後からじっくり他の要素を案内しよう

 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。