商売繁盛メール128:集客しよう 【 チラシを撒く 】

meki 2015年9月14日 月曜日 by meki

1e4cf6c1a971f3e5fad18faa452d3b39_s

◆ 集客しよう ◆
【 チラシを撒く 】

 チラシを撒いたんだけど効果がない
 と言う話をよくお聞きします

 2000枚も撒いたのにお客様は2人しか
 来なかった。という感じです

 実際にチラシの仕事をさせて頂いてますと
 その数は決して少なすぎる(失敗)という
 数字ではありません。

 そもそも、広告というのは
 それほど効率の良いモノではありません。

 営業で10人回れば1人、
 100人に説明できれば5~6個は売れる
 としても、チラシは不特定多数の人に
 僅か紙切れ一枚の情報だけで勝負するのです

 肉声もなければ、臨機応変のトーク術も
 ありません。得られるレスポンス率が
 1%に届かないのは実は当然のことなのです

 チラシを受け取る側になって
 考えてみましょう

 例えば太っていること(困っていること)を
 気にしている人が
 ダイエットの(困りごとを解決する)
 サプリメント広告を見たとしましょう。

 切羽詰まっている人はすぐに反応しますが、
 しかし、多くの人はコストや手間がかかるため
 「いま急に必要ない」
 「次にしよう」と考えがちです

 チラシを受け取ったお客様の中で
 ニーズが出そうな時まで
 (やってみようと思う時まで)
 大切に保管して下さる方は、ほぼ皆無です
 
 だから複数回、反復して広告する必要が
 あるのです

 何度も見ているうちに、
 徐々に記憶に残り、申し込みやすい環境が
 生まれ、ニーズが生まれた瞬間、
 購入に結び付くのです

 つまり、チラシに限らず広告は常に
 やり続けることで効果が高まります
 大企業がテレビCMをやり続けるのは
 そうした理由によります

 もちろん、費用が掛かりますから
 広告は売上対比で予算を組み、
 計画的に行うべきです

 ほんのわずかでも反響が改善するように
 表現やデザインには手を加えていきます

 小さなビジネスでは
 狙ったエリアに、集中して投下しましょう
 月額3万なら、3万円使って広告をやり続ける
 それが認知獲得につながります

 毎月は無理でも四半期に一度は
 必ずチラシを撒いてみてください。
 内容は同じ情報でも全く構いません

 広告をし続けることで認知は確実に広がります

 「継続はチカラ」であることを信じ、
 一回の成果に一喜一憂せず
 一人でも多くの人の認知を広げる努力を
 続けることが大切なのです
 

———————————————-
※ワンポイントアドバイス

 チラシ広告は継続すればするほど
 認知が高まります
 成果は1回だけでなく複数回繰り返し
 その中で見ていきましょう

 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。