商売繁盛メール127:販促アイデア【販促連動(WEBと紙媒体) 】

meki 2015年9月7日 月曜日 by meki
eecc26b8a52780bc991bbce22c17a3b1_s
 
【 販促連動(WEBと紙媒体) 】
 
 WEBは24時間365日どこからでも
 見ることができますが、
 宣伝をするか、検索されない限り
 なかなか眼に止りません
 
 紙媒体は宣伝です
 媒体から情報を受け取る人に
 情報提供が可能ですが
 配布枚数が限定的であまり多くの人に
 知らせられません
 
 販促としては
 この両者を組み合わせを考えましょう

 
 [ Step 1 ]
 ★チラシを撒いて、WEBサイトに誘導する★
 ==========================================
 ターゲットをしっかりと定めて
 広告・印刷物(チラシ)を作成します
 
 チラシで重要なのはデザイン的な
 インパクトです
 
 ちゃんと手に取ってもらえるデザイン
 そうでなければ、どれだけの量を撒こうと
 十分なレスポンスは得られません
 
 サイトとの連携ではWEBサイトの
 検索キーワードをチラシの中に印刷し、
 グーグルなどで検索してもらえるように
 仕込んでおきます
 
 出来れば社名検索で10位以内に表示されるよう
 SEO対策をしましょう
 
 
 [ Step 2 ]
 ★サイトの中で情報提供★
 ========================
 サイトの中でターゲットの人に
 「そうなのか」と納得してもらえる
 情報提供をしましょう
 
 万人に向けでなくとも
 ターゲットの人が「そうなのか」と
 納得できるようになっていればOKです
 
 そしてレスポンスを発生させます
 
 フォームからメールしてもらうのか、
 電話を掛けてもらうのか
 自分たちのビジネスで情報を受け取りやすい
 方法をレスポンスの手段に選びましょう
 
 因みに、メールは便利そうで
 問い合わせにはあまり向いていません
 
 自分の困っていることを考えて、
 人にわかるように話を組み立て、
 それを質問として文章として書くには
 かなりの才能がいります
 
 電話で、できるだけ気軽に
 問い合わせてもらう方が
 お客様にとって楽なようです
 
 
 [Step 3 ]
 ★ 打ち合せ ★
 ================
 レスポンスが得られたら、アポを取ります
 面談することによって初めてビジネスの
 スタートラインに立てます
 
 お客様のご要望をお聞きしたり
 こちらの商品やサービスについての
 理解が深まります
 
 何よりも実際に会うことでお客様が
 安心して下さいます
 
 
 仕事になってからもお客様は
 聞き漏らしたことや周辺情報を求めて
 会社のサイトにアクセスされます
 
 受注する前よりも深くご覧になられる
 ケースが多いと思います
 
 そうした情報をしっかりとサイトに
 用意しておくことで
 お客さまの信頼度はさらに高まって
 いきます
 
 
 チラシからWEBへ
 その流れをしっかり計画して
 作っていきましょう
 
———————————————-
※ワンポイントアドバイス
 
 小さな会社にとってWEBサイトは
 アクセス量よりも1アクセスの内容が重要
 チラシと連動し価値あるお客様を
 獲得しましょう
 
 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。