商売繁盛メール100:1から始める広告広報【繰り返しの効果】

meki 2015年1月26日 月曜日 by meki

127702

【繰り返しの効果】 

 普通の感覚だと
 一度、発信した情報は
 「使ってしまった古いネタ」だと
 考えがちです。

 しかし、ターゲットとするお客様に
 その伝えようとした情報は意図通り
 ちゃんと、伝わっているのでしょうか?

 テレビコマーシャルは
 商品名やキャンペーンを覚えて
 もらえるまで
 何度も同じコマーシャルが流れます

 この繰り返しの感覚が
 広告や広報では必要です

 例えばチラシはどうでしょう?
 あなたは今朝、新聞折込や
 電車の中吊りで見られた広告内容を
 覚えておられますか?

 おそらく、いくつかのキーワードは
 記憶に残っても、ほとんど覚えて
 おられないと思います。

 どのようなメディアでも
 商品名やセールを覚えていただくには
 繰り返してお伝えしなければ
 浸透しません

 広報や広告を行う時に、
 「ちょっとしつこいかな」と
 思うぐらいに情報発信なさって下さい。

 同じネタだけど、
 「何回も同じ広告している」って
 指摘されないか?などと
 引っ込み思案にならないで、

 「もう知ってるよ」と言われるぐらいまで
 出し続けて、ちょうどいい感じです

 また同じ情報をメディアを変えて
 流す事をメディアミックスと言います

 例えばチラシにしたものをポスターにする
 折込チラシをする前にラジオやテレビで
 「明日の朝刊チラシをご覧ください」と
 やっておけば興味のある人は
 注目してくれます

 メディアミックスも繰り返しの一種です

 知って欲しい情報を繰り返し発信し続け、
 お客様にアピールしていきましょう

コメントは受け付けていません。