商売繁盛メール097:1から始める広告広報【購買行動につなげる】

meki 2015年1月5日 月曜日 by meki

新年あけましておめでとうございます。

今年はとても寒いお正月になりましたが、
皆様は如何お過ごしでしたでしょうか。

さて、今日は1月5日。
お正月休みも終わり、
今日から仕事始めという方も多いと思います。

『商売繁盛メルマガ』も
今日から再開させていただきます。

アンカー・アンド・カンパニー社の商売繁盛メルマガでは、
商売繁盛に不可欠な4つの情報をお届けしています。

 ①一から始める広告広報、
 ②ホームページで儲ける方法、
 ③通るプレゼンづくり、
 ④ビジネスフロンティア

 「もう知っていること」、「すでに取り組んでおられること」
 かも知れませんが、ご存知のない方にとっては、
 きっと商売のヒントにしてもらえる情報だと思います。

 本日は、一から始める広告広報 をお届けします。

【購買行動につなげる】 

 広告や広報の最終目的は、
 自社商品やサービスを
 買ってもらうことです。

 しかしあるタイミングで
 「買ってください」というメッセージを
 強調した瞬間、
 もっと言うとお客様がメッセージの中に
 商品やサービスの情報提供ではなく、
 商売のニオイを強く感じ取った時、
 
 まだ買う気が十分でないお客様は
 売りつけられる事を嫌い、
 商品やサービスへの興味を失います。

 この「まだ買う気のないお客様たち」に
 『買う気』になってもらうには
 新たな『刺激』が必要です。

 『おっ』と思わせる新たな刺激。
 斬新な言葉やビジュアル(見せ方)で
 まずは注目してもらいます。

 この『刺激』があれば、
 商品スペックやサービス内容へと
 お客様は読み進んでくれます。
 「おぉ、これは新しい」
 「いいねぇ」と感じてもらうような
 言葉やビジュアルを考えましょう。

 そして、お客様を購買に向かわせるには
 お得感で納得してもらうことです。

 お得感を演出するのに
 価格を下げる手もありますが、
 値引きは競合もすぐに真似るので
 あまり良い方法とは言えません。

 価格以外の商品価値をアピールして
 納得してもらうべきです。
 「なるほど、それなら買って損はない」と
 お客様に感じてもらうことです。

 この納得が「売り付けられる」という
 悪いイメージを完全に消し去ります。

 この価値づくりで、今の流行は
 「限定」と「コラボ」です。
 限定はそれだけで希少価値が出て
 相対的に価値が高まります。

 コラボは相手ブランドのチカラを
 借りることができます。

 本来は商品の持っている
 良さ(価値)を伝えて、
 認めてもらうべきですが

 限定・コラボも価値を作り、
 お客様に認めてもらうには
 効果のある手法です。
 
 ターゲットとするお客様に
 「刺激とお得感の演出」で惹きつけ、
 購買行動につなげていきましょう。

 
 今年もお役にたつ情報を
 このメルマガを通して
 お伝えできるよう頑張ります。

 引き続き『商売繁盛メルマガ』を
 ご愛読下さいますよう、
 よろしくお願い申し上げます

 マーケティング部門 加藤

コメントは受け付けていません。