商売繁盛メール092:ホームページで儲ける方法【お客様の導線 2】 

meki 2014年11月17日 月曜日 by meki

【お客様の導線 2】 

 ホームページに来訪して下さった
 お客様にアクションを起こしてもらう
 導線づくりの続きです。

 トップページで強めの言葉を使って
 お客様の心を掴みます。

 例えば「対応が迅速」だと評価されている
 架空のリフォーム会社でトップページに掲載した
 「速さ品質No1宣言!」というリンクから
 引き継いだコンテンツページを
 考えてみましょう

(前回メルマガ お客様の導線1 https://anchor-company.asia/news/1569


■手短に内容を説明し、事例集へ誘導!

 クリックしてもらった言葉「速さ品質No1宣言」
 についての意味を説明します。

 クリックしたバナーやテキスト内容と
 クリック後に表示されるコンテンツが違うと
 不信感につながります。

 作り手側では同じように思えても、
 来訪者側は「言葉の違い」や内容のブレに
 とても敏感ですので注意しましょう。

 速さの対応で今まで高い評価を受けていることや
 迅速な対応ができている理由を簡潔に説明し、
 さらに品質へのこだわりへとつなげます

 この記事の中で事例に誘導します

 例えば「プロの眼!ムダなしリフォーム」といった
 表記です。

 対応の速さだけでなく、お客様のことを考えて
 「最適組み合わせ」の提示でも評価を頂いている。
 ムダのない提案をする営業姿勢を説明します。

 その営業結果として存在する「事例」へと誘導します


■納得の事例集

 事例集ではビフォア・アフターの写真を
 入れてどのようなリフォームであったのかを説明します。

 単に事例をメニューからのリンクで見てもらうのと、
 「前説明」を読んでから見てもらうのでは、好意度が
 変わります。

 前説明があると好意的な視点で見て貰えます。


■ご相談フォームページへの誘導

 各々の事例ごとに相談フォームへのリンクを張ります。

 「このリフォームが気になったらこちらでご相談」などで
 問合せフォームへ誘導します。

 ご相談フォームには自由記入だけでなく、
 良く聴かれる項目化しておき、
 チェックマークをつけるだけにします。

 例えば「気になった事例」の番号が選べたり、
 「詳しい話が聞きたいので連絡が欲しい」
 という項目にチェックをして送信できるようにしておくと
 連絡されるお客様には親切です。


 このような導線を作っておくと、実際に訪問になり
 営業に入ってからも楽に話ができます。

 ニーズはたくさんありますから導線は1本だけでは
 ありません。
 まだ気づいていない自社の強みから全く違う導線も
 考えられます。

 いろいろな実証実験を繰り返しながら、
 ホームページは徐々に売れるページに
 なっていくのです。

コメントは受け付けていません。