商売繁盛メール069:ホームページで儲ける方法【検索で見つけてもらおう】 

meki 2014年6月2日 月曜日 by meki
254495
 
検索で見つけてもらおう ~ SEO対策をしよう ~ 
 
 新規の見込客をホームページで作りたいときには
 既存のお客さまだけでなく
 
 できるだけ多くの人に
 検索サイトでホームページを
 見つけてもらえるようにしましょう。
 
 例えばリフォーム屋さんであれば「増改築」という
 言葉(キーワード)で検索された時に、
 
 検索結果で上位に表示されるようにしておくと、
 
 会社の内容がわからなくても、
 ホームページを「見てもらえる」確率は
 とても高くなります。
 
 逆に30位以下(検索結果の4ページ目以降)になると
 検索結果として掲載されていても
 
 よほどのことがない限り、クリックしてもらえません。
 
 検索結果で上位に表示されるためには、
 
 グーグルやヤフーに
 「検索された言葉:キーワード」に対して
 
 このホームページには「価値ある情報がある」と
 認めてもらう必要があります。
 
 ページの情報価値がわかるように、
 ホームページの内容を整えるのが、SEO対策です。
 
 設置しているホームページは
 特定のキーワードで検索された時に
 上位30位以内を目標にしましょう。
 
 人気のあるキーワード(例えば「保険 見直し」など)は
 ビッグキーワードと呼ばれています。
 
 競合が激しいビッグキーワードでは
 大手企業が費用を掛け、あらゆる手を使って
 SEO対策をしています。
 
 そのビッグキーワードで、
 ホームページの歴史が浅く、コンテンツの量も
 それほど多くない会社が上位表示を勝ち取るのは
 とても難しいことです。
 
 小さな会社がSEO対策で成功するには、
 まずリアルな「自社のお客様」に目を向けることです。
 
 今のお客様は自分たちが扱っている商品・サービスを
 どのような言葉で検索しているのかを
 解析ツールで調べてみましょう。
 
 そこから、
 これからの見込客が「検索に使いそうな言葉」
 キーワードを探して、仮説を立てます
 
 そのキーワードでホームページの
 SEO対策を行うのです。
 
 ビッグキーワードほどではないけれど、
 自社の商品を探す時には良く使われている
 「キーワード」を見つける
 
 これが新規の見込客を
 ホームページに誘導するSEOの極意です。
 
 弊社ではSEO対策に成功した多くの事例があります。
 
 自社のお客様はどのような言葉で検索されて
 ホームページをご覧になっているのか
 
 世間一般的にはどのようなキーワードが
 使われているのか
 
 よくわからない時はお気軽にお問い合わせください
 
 解析ツールの見方や、グーグルで「どのようなキーワードが
 利用されているのか」といった実態のアドバイスや、
 貴社にふさわしいキーワードのご提案も可能です。
 

コメントは受け付けていません。