アンカーの商売繁盛メール052:営業マン強化【専門分野を持つ】 

meki 2014年1月14日 火曜日 by meki
~ ゼネラリストにつながるスペシャリスト ~
 
営業マンはどちらかと言えば「ゼネラリスト」的な能力が求められがちです。
いろいろな知識を駆使してお客様ニーズに応える。引き出しが多ければ多いほ
ど答は早く、深いところまで見つけ出せます。
 
なので、私も営業マンならゼネラリストの方が良いと思います。
 
ただ、真のゼネラリストになるには時間が掛かります。人脈づくりもそうで
すし、業務経験が何より大切です。「できる」という能力よりも「実践経験が
ある」という失敗も含めた経験値がモノを言いいます。
 
 もし、自分にゼネラリストとしての能力がまだまだだなと思われたら試し
見て頂き事があります。それが「専門分野を持つ」ということです。
 
 業務に関するどのような事でも構いません。狭い範囲で構わないので「専門
的」に学んでみましょう。学んで、知識を得たらその知識を実践に活かして経
験値を深めて下さい。
 例えばコンピューターの最新情報だけでを学んでみても構いません。わから
ない事はウィキを使って調べたり、ネットで歴史を遡ってみたりします。大切
なのは「専門的に学んでいること」を周囲の人に知ってもらうことです。
 
 やがて周囲があなたの知識や技術の深さを認めてくれるようになるとコンピ
ューターに関することはあなたに質問したり、アドバイスを求めて来るように
なります。
 自分自身としてはそれほど知識を積んだつもりはなくても、周囲の人からは
自分が知らない事を知っているあなたはスペシャリストに見えるものです。
 
 スペシャリストになると情報が集まります。アドバイスをしてくれる人との
付き合い方は単なる友達とは違って、業務に関して深い話ができるようになり
ます。
 それに得意分野についてあなたがもっと深く勉強するようになれば、周囲の
あなたを見る目は「好奇心」から「尊敬」に変わっていきます。
 
 そうするうちに身の回りにアドバイスした人がいっぱいになります
 今度はあなたがアドバイスをした人たちに色々な事を聞くことができます。
彼らはいつか恩返しがしたいと思っているので、きっと喜んであなたに情報を
提供してくれる事でしょう。
 
 あなたはそうやって提供してもらった情報に対して心から「ありがとう」と
感謝の気持ちを示してください。相手は嬉しくなり、あなたを見る目がますま
す高まっていきます。こうしてアドバイスし合える関係、仲間になれます。
 
 これが真の人脈です。
 
 何年か経って気が付くと人の輪が広がり、色々な人と交流が出来てきていま
す。ゼネラリストはこうして誕生していくのです。地道な努力は必ず実を結び
ます。その日のためにまずは小さな範囲で構いません。専門分野を持つ所から、
スタートしていきましょう。
 
マーケティング部門 加藤
 
 
———————————————————————-
◆  商売繁盛を支えるITカンパニー
◆ アンカー・アンド・カンパニー株式会社
◆ 大阪市天王寺区舟橋町2-26
◆ TEL: 06-6766-3681 / FAX:06-6766-3682
◆ http://anchor-company.asia
———————————————————————-

コメントは受け付けていません。